京都 ブログ ガイド

京都 ブログ ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< February 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
LINKS

PROFILE
SEARCH

花灯路プラン2
東山観光に便利な立地とリーズナブルな料金で、宿泊客に選ばれているのが東山ユースホステル。

最近は若い世代だけでなく、仕事を引退した人の利用も多いよう。

花灯路点灯エリアの北端の神宮道までは、徒歩1分。

ここから、

行きは 青蓮院⇒知恩院⇒円山公園⇒ねねの道⇒清水寺。

帰りは、清水寺⇒八坂の塔⇒石塀小路⇒ねねの道⇒
大谷さんの参道⇒八坂神社⇒円山公園⇒知恩院⇒青蓮院

このルートが、一番効率的で花灯路を楽しめる。

個人的には、路も広く、意外と人も少ない大谷さんの参道がオススメ。


東山ユースさんでも、ビールかソフトドリンクのサービスのあるお得な花灯路プランを実施中。

>>東山ユースホステルホームページ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 旅館 | comments(0) | - |
花灯路プラン1
花灯路めぐりをするのに便利なお宿なのが、純和風料理旅館『き乃え』さん。

祇園花見小路の石畳からすぐのところにあり、目の前の東山通を渡れば、
そこが花灯路の点灯エリア。

八坂の塔から清水寺へ行くもよし、ねねの道から円山公園へと彩りの路をそぞろ歩きするもよし。

そんな純和風料理旅館『き乃え』では、花灯路の開催期間に合わせて
高台寺の拝観券が無料で付いたお得なプランを実施中。

>>純和風料理旅館『き乃え』ホームページ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 旅館 | comments(0) | - |
京都・東山花灯路―2010
今年で、8回目の開催になるが、近畿以外ではまだまだ知らない人も多いので。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ


京都・東山花灯路―2010
3/13(土)〜3/22(月・休)
点灯 18:00〜21:30 雨天決行
>>京都・花灯路ホームページ
写真提供/京都・花灯路推進協議会

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 イベント | comments(0) | - |
祇園の3階建住宅
祇園にあるので京都らしい。
さすが、と思った。

京都 観光旅行ブログ

駐車スペースも格子戸デザイン。
京都 観光旅行ブログ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ町並 | comments(0) | - |
祇園花見小路辺り
京都に来たら外せないのが、祇園花見小路。
道もアスファルトではなく石畳なので京情緒満点。
但し、車も通り観光客も多いので、落ち着かない場合も。

そんなときは、わき道にそれてみよう。
静かで、「ふと」したところに落ち着きが感じられる。


ここは、南北に通る花見小路通の一本西の通り
京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

東へ抜ける小道から花見小路通を眺める
京都 観光旅行ブログ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ町並 | comments(0) | - |
西本願寺2
鐘楼

京都 観光旅行ブログ

極彩色が、美しい。

京都 観光旅行ブログ

バレンタインも近いので。西本願寺のハートマーク。

京都 観光旅行ブログ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
西本願寺1
御影堂の平成大修復後、初めて訪れる。

京都 観光旅行ブログ

御影堂全景
京都 観光旅行ブログ

やはり、瓦が美しくなったとわかる。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
両足院 毘沙門堂
両足院は建仁寺の塔頭で、院内に毘沙門堂がある。

勝利の神として商売繁盛、合格祈願、良縁成就、誓願成就にご利益があるとされる。

黒田長政が毘沙門天像を兜の内側に収めて関が原の合戦に参戦し、
満足のいく結果を得たことから、その像は代々黒田家で信仰されていたが、
明治10年頃両足院に寄進された。

京都 観光旅行ブログ


京都 観光旅行ブログ

この毘沙門堂は寅が守護しているとされ、狛犬ではなく、狛寅。

来たれ、阪神ファン。

京都 観光旅行ブログ

 じゃらん京都のホテル・宿泊施設

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |