京都 旅館・ホテルの集客/京都 ブログガイド

五重塔/京都 ブログガイド

京都 旅館・ホテルの景気は良いです。

 

京都の旅館・ホテルとの取引がありますので

今回は、京都の旅館・ホテルの集客についてお話しします。

 

巷では、バブル期を超えて、

戦後3番目の回復を続けている、

といわれています。

 

京都の旅館・ホテルも、

バブル超えとは言いませんが、

景気が良い方です。

特にインバウンド(外国からの宿泊客)が堅調です。

2,3年前に比べると減ってきましたが、

まだまだ、良い状況に置かれています。

 

ホテル建設中/京都 ブログガイド

 

実際、京都の旅館・ホテルは

ドンドン建設されつつあります。

 

今は、まとまった敷地があれば、

ホテルか旅館になる、という感じです。

 

私の住んでいる辺りでも、

旅館やホテルが何件も建設中ですし、

建設予定地も多々あります。

 

 

おそらく、東京オリンピックまでは

この流れが続く可能性大です。

 

旅館建設予定地/京都 ブログガイド

 

 

ところで、

 

京都 旅館・ホテルは、どのように集客している?

 

1995以前は、旅行会社がメインでした。

1995年辺りからインターネットが普及し始めて、

2000年以降は、ネット販売が主流になっています。

 

 

京都の旅館・ホテルは、願ったりかなったりでした。

 

 

というのも、

旅行会社から送客してもらうと、

だいたい15%の手数料を払わなければなりませんでした。

大人2人で3万円だと4,500円が手数料です。

それが、ネット予約サイト経由だと6~8%で済んだんです。

同条件で、1,800~2,400円です。

年間で考えると、数百万~数千万円が削減可能です。

大変、大きな違いになってきます。

 

今後、旅行会社は、対面販売がいいという人や

修学旅行手配、海外旅行に限られていくでしょう。

 

京都の旅館・ホテルとしては、手数料が減って、

良かった、良かったですが、

そうもいかない状況になりつつあります。

手数料を値上げしている国内予約サイトもありますし、

なによりインバウンドです。

 

柳小路/京都 ブログガイド

 

インバウンドが堅調

 

と書きましたが、

海外の予約サイトの手数料は、

だいたい12~15%位なんです。

「えー、じゃあ旅行会社と同じやん。」

ってことですが、

旅行会社と違うことがあります。

 

 

それは・・・・、

 

平日に泊まってくれるということと、

連泊をしてくれるということです。

 

これは、京都の旅館・ホテルにとって、

かなり、ありがたいことなんです。

 

 

日本を旅行する外国人にとっても、

平日に連泊する方がお得なんです。

 

 

通常、京都の旅館・ホテルは休前日の料金を値上げしています。

逆に、宿泊客の少ない平日は安くしています。

京都の旅館・ホテルによっては、連泊割引をしている施設もあります。

平日に連泊をした方がお得なんです。

旅行中の外国人に休前日とか関係ないですから。

 

 

日本人の予約は、今も昔も休日前に集中します。

ネット予約サイト、旅行会社、その他も同様です。

どんなに流行っている京都の旅館・ホテルでも

平日も満室にすることは難しいのが現実です。

その平日に泊まってくれて、

なおかつ連泊してくれるインバウンドは

 

京都の旅館・ホテルにとって、ありがたいんです。

 

ただ、

 

京都 旅館・ホテルの問題は・・・・、

 

インバウンドでお客さんが泊れば泊るほど、

「12~15%の手数料は痛いなあ」ってことになります。

現在の京都の旅館・ホテルはそんな悩みを持っています。

 

達磨掛け軸/京都 ブログガイド

 

一番良いのは、電話での予約ですが、

紙媒体の衰退から、

それほど多いわけではありません。

ネット普及の初期のころには、

るるぶやマップルといった

京都情報誌に広告を載せて

そこに書かれているTEL番号に電話する

ということもありましたが、

今は、ほとんどありません。

 

 

今後、京都 旅館・ホテルは?

 

 

一歩先んじている京都の旅館・ホテルは

ホームページ(以下、HP)での予約を増やすことに

これまで以上に注力しています。

 

HPで旅館・ホテルの予約を

されたことがある方はわかると思いますが、

HPで予約ボタンをクリックすると、

予約フォーム(システム)へ行きます。

その予約フォームは京都の旅館・ホテルが作っているわけではありません。

(※大手チェーンホテルでは、自前で持っている施設もあり)

 

HPは京都の旅館・ホテルが作っていますが、

24時間対応の自動予約フォームは

制作するのに何百万円もかかるので、

ほとんどの京都の旅館・ホテルは、月額1~3万円位を払って、

システム会社の提供する予約システムを使用しています。

 

ということは、月額1~3万円位の元を取れば、

それ以後の予約獲得においては、

手数料を払うこともなく、

丸々自分たちの売り上げなります。

 

 

これが、HPでの予約獲得に注力している理由です。

 

 

HP予約に注力している京都の旅館・ホテルでも

月額の予約システム利用額の元を取れば、

それ以後は、すべて売り上になりますので、

HPで予約してもらうようにしています。

 

例えば、

 

ネット予約サイトより安く販売したり、

HP予約で、特典を付けています。

HP限定プランもあります。

 

とはいえ、

 

HP予約だけで、満室にすることが理想ですが、

実際には難しいのが現実です。

旅行会社やネット予約サイト経由の予約も必要ですから、

予約経路のバランスが大事になってきます。

割合が前後する京都の旅館・ホテルもあると思いますが、

 

旅行会社の予約が全体の約2割、

ネット予約サイト経由が全体の約5割、

HP予約が全体の約2割、

電話予約とその他が全体の約1割

 

位ならバランスが取れてます。

※修学旅行を実施している京都の旅館・ホテルは、旅行会社の割合が増えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です