京都 紅葉 おすすめ スポット5選

京都11月イメージ/京都 ブログガイド

京都 紅葉 おすすめ

 

「 京都 紅葉 おすすめ 」

京都の紅葉は魅力的。 私もその美しさに取りつかれた一人。

ただそこに紅葉があるだけでなく、 苔の緑、 銀杏の黄色、 青い空、そして神社仏閣などの歴史的建造物とのコラボレーションも惹きつけられる魅力です。

数ある紅葉スポットから、京都 紅葉 おすすめスポット5選をお届けします。



京都御所 母子の森

京都御所母子の森1/京都 紅葉 おすすめ

京都 旅館 ホテルの集客でも書きましたが、 京都はインバウンド( 外国からの宿泊 )が好調でたくさんの観光客が京都を訪れています。 その反面で最近の京都は、 どこへ行っても人だらけ。

京都の紅葉は見たいけど、「 人が多いところはイヤだな。 」という方にオススメなのが、京都御所にある「 母子の森 」

毎年必ず、 京都 紅葉の時期には行っていますが、 ほとんど観光客はいません。

おすすめの京都 紅葉 スポット。

京都御所の中にあるので、 京都市内中心部からでも徒歩でアクセス可能。 そして京都御所は、 かなり広いので、「 母子の森 」以外の場所でも紅葉を楽しむことができます。

ここには、 大銀杏があり、 写真のようにその大銀杏のまわりは、 落ち葉で覆われ、 まさに黄色の絨毯。 落ち葉の黄色と、 紅葉の赤色とのコラボレーションがとても美しい場所です。

晩秋の黄昏時に訪れると、 人が少ない分物悲しい雰囲気があります。

京都御所母子の森2/京都 紅葉 おすすめ

そして、 大銀杏以外の場所にもカエデがあり、 綺麗な紅葉を見ることができます。

京都市街の喧騒を離れて、 静かで落ち着いた雰囲気の中で京都 紅葉を楽しむなら、 ここです。

北野天満宮 御土居

北野天満宮 御土居/京都 紅葉 おすすめ

御土居のもみじ苑公開 | 北野天満宮

入苑料( お茶菓子付 ) 大人800円、子供350円 ※入苑料は2018年現在

御土居とは、 豊臣秀吉が、 天下統一の後、 戦で荒れた京都の整備の一環として、 外敵に備えるために築いた土塁。 それ以降、 御土居の内側を洛中、 外側を洛外と呼ぶようになりました。

北野天満宮の西側に御土居が築かれていました。 御土居の高さは、 十数メートルあります。

北野天満宮の御土居の紅葉の見どころは、 2つ。

御土居の上に設置された舞台からみる紅葉と、 御土居の下を流れる紙屋川沿いにあふれる紅葉。

舞台からみる紅葉

動画で見てもわかるように、 とても美しく、 高いところから見られるので、 紙屋川沿いの紅葉も眺められて、 しばし見とれてしまいます。

鳥のさえずりを聞きながら、 さわやかな気持ちで、 紅葉を楽しめます。

紙屋川沿いにあふれる紅葉

紙屋川沿いに紅葉が楽しめます。

また、 紙屋川は御土居の下側にあり、 下から上を眺めるかたちで、 上にある舞台の辺りの紅葉がとても美しく眺めることができます。

紙屋川に架かる「 鶯橋 」から眺める紅葉もオススメ。

川面に、 散ったカエデと川の両側にある紅葉とが、 大変綺麗です。

実相院

実相院1/京都 紅葉 おすすめ

京都 岩倉実相院

拝観料 大人500円、 小中学生250円、 拝観時間 9:00 ~ 17:00

実相院は、 なんといっても「 床もみじ 」が有名。

黒光りした床に外の紅葉が映り、 大変美しいです。 床に正座をして、 ずーっと眺めている人もいます。 建物の中は撮影禁止なので、 ホームページで見てください。

「床もみじ」の画像

※ 建物の外は撮影可能。

実相院には、 庭が2つあって、 2つとも違った趣があります。

こころのお庭 ~比叡山を借景とした石庭~

実相院1/京都 紅葉 おすすめ

広大な枯山水の石庭で、 写真には写っていませんが、 春には、 カエデの前にある枝垂れ桜が、 美しく咲きほこります。

この庭のカエデは、 かなり大きく、 それぞれのカエデの色つき具合が違うので、 紅葉のグラデーションが楽しめます。

かなり綺麗です。

山水庭園

実相院 2018 / 京都ブログガイド

池に映り込む紅葉や表面に浮かぶ赤いカエデの落ち葉、 緑の苔、 紅葉の赤、 京都 紅葉で見たいもののほとんどがこの庭に凝縮されています。

石庭のような華やかさはありませんが、 趣のある落ち着いた美しさが、 ここにはあります。 しばし縁側に座って、 山水庭園を眺めていると、「 あー、京都に来てよかった。 」と思えるひとときに巡り合えます。

実相院2/京都 紅葉 おすすめ

また、 建物のまわりにある廊下からも庭にあるカエデの綺麗な紅葉を見ることができます。

実相院は、 そんなに広くありませんが、 コンパクトに、 そして、 内容の濃い紅葉を楽しむことができます。




真如堂

拝観料も必要なしで、 お手軽に、 美しい紅葉を見ることができます。

※ 庭園 ・ 書院の見学には拝観料が要ります。

三重塔、 西側の正門と本堂のまわりの紅葉がおすすめ。

三重塔

真如堂2/京都 紅葉 おすすめ

三重塔のまわりの紅葉は、 特に綺麗で、 絵になります。

青空のもとで、 銀杏も加わり、 赤、 青、 黄、 緑、 そして黒。 5つの色の競演が人を惹きつけます。

まさに、 紅葉と歴史建造物のコラボレーション。

正門

真如堂1/京都 紅葉 おすすめ

真如堂へは、 西にある正門と、 白川通から登ってくる裏門とがありますが、 是非、 正門から来てみてください。 上の写真のようなめちゃめちゃ綺麗な紅葉があなたを出迎えてくれます。

本堂のまわり

真如堂20 / 京都 ブログ ガイド

本堂裏では、 杉木立の中に紅葉がちりばめられ、 静かで落ち着いた雰囲気を感じられます。

ここでは、 苔の緑に舞い落ちた「 敷き紅葉 」を楽しむこともできます。

真如堂19 / 京都 ブログ ガイド

あと、 真如堂の穴場として鐘楼辺りもオススメ。 まわりにカエデが多く、 鐘楼の木の枠と鐘を構図に入れると「 額縁の中の紅葉 」のような綺麗な写真が撮れます。

常寂光寺

常寂光寺1/京都 紅葉 おすすめ

常寂光寺

拝観料 大人500円 拝観時間 9:0 0~ 17:00 ( PM 4:30受付終了 )

常寂光寺は、 なんといっても仁王門まわりの紅葉がめちゃめちゃ綺麗。 趣のある門をくぐり受付からすぐのところにあります。

仁王門

常寂光寺/京都 紅葉 おすすめ

仁王門をくぐり、 本堂へ続く階段を登って振り返ると、 仁王門のまわりにある美しい紅葉を見ることができます。

多宝塔

常寂光寺2/京都 紅葉 おすすめ

多宝塔辺りの紅葉もオススメ。

紅葉と多宝塔の美しいコラボ写真を撮影できます。

本堂の横を抜けて、 多宝塔へ向かう途中では竹林があり、 竹林の緑と、 紅葉の赤とのコントラストが非常に美しくオススメの場所。

常寂光寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

常寂光寺は、 境内のいたるところに紅葉があり、 常寂光寺を見た後では、「 いっぱい紅葉をみたから、 もう紅葉見なくていい。 」位な気持ちになってしまいます(笑)

ここは、 オススメです。

まとめ

今回、 永観堂や東福寺通天橋は、 外します。

永観堂や東福寺通天橋は、 もちろん素晴らしいんですが、 恐ろしく人が多いんです。

特に、 覚悟の上で行く必要があります。

去年、 平日の月曜日に永観堂へ行ったんですが、 数年前の土日に匹敵するほどの混み具合でした。

東福寺通天橋も同様に混んでいます。 もし行くとすれば、 拝観開始と同時に行くべき。 但し、 それでも、 並ばなければなりません。 紅葉の時期は、 通天橋の拝観券の販売窓口をいくつも作っていますが、 それでもだいぶ並びました。