2019 ご挨拶 今年もよろしくお願いします。

2019 ご挨拶 / 京都 ブログ ガイド

2019 ご挨拶

 

昨年は、

「京都ブログガイド」に訪問してもらい

ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

 

2018年は、

 

宿泊施設と取引があるので、

仕事がら気になったのが、

10月1日から導入された宿泊税

 

全ての宿泊施設(民泊も)の利用者に

宿泊料金( 1泊当たり )、

 

2万円未満は200円、

2万円以上5万円未満は500円、

5万円以上で1000円

 

となっています。

※ 修学旅行生や引率者は免除。

京都市 宿泊税について

 

ゲストハウス等の宿泊料金の安い施設は

影響が大きかったようですが、

その他はそれほど影響がなかったよう。

 

宿バブルの曲がり角

 

今まで

インバウンドの増加によって、

京都市内の宿泊料金は年々上昇。

 

またインバウンドの需要を見込んで

現在進行中で次々と新しい宿泊施設が

オープンしています。

 

そのため、

部屋(ベット)の供給が増え競争が激化。

 

9月の台風21号の影響もありますが、

 

1.  宿泊料金の高騰

2.  供給過剰

 

の理由で11月予約の入りが悪化。

 

そのため、

売れない部屋をかなり値引きして

販売していました。

 

ゲストハウスの悲鳴

 

2018年度のゲストハウス等の

簡易宿泊所の廃業が増加。

その数は100件に迫ります。

 

宿泊料金の安いゲストハウスですが、

供給過剰による競争や、

去年10月に導入された宿泊税が

大きく響いたようです。

 

アクセスの悪い地域や

特色の無いゲストハウスは

今後も淘汰されていくでしょう。

 

今年は

10月に消費税のアップがあるので、

さらに厳しい年となります。

 

宿泊料金は下落傾向

 

ホテルも同様です。

京都中心部ではホテルが林立。

 

これから益々競争が激しくなり、

宿泊料金は安くなるでしょう。

 

京都に来る人にはありがたいこと。

選択肢が広がります。

 

今年の注目

10月 消費税アップ

 

去年の11月の予約が悪かったので、

宿泊施設は難しい対応を迫られます。

 

前回の消費税アップ時に、

便乗値上げした施設もありましたが、

今回は難しいでしょう。

 

あまり宿泊料金が高くなると

売れなくなります。

 

便乗値上げはできず、

値上げは消費税up分のみでは。

 

JR新駅オープン

梅小路京都西駅 / 京都 ブログ ガイド

建設中の梅小路京都西駅 2018年11月撮影

 

今年の春に

JR嵯峨野線の京都駅と丹波口駅の間に

梅小路京都西駅が新設。

 

周辺には、

幕末に新撰組や志士が通った「島原」や

「 京都鉄道博物館 」「 梅小路公園 」

「 京都中央卸売市場 」「 京都水族館 」

 

今まで少し不便だったけど、

上記施設へのアクセス向上と、

周辺の開発が進みます。

 

既にホテル開発や

京都中央卸売市場の再整備が進行中。

 

新しい観光エリアになるでしょう。




2 件のコメント

  • 新しい駅が出来るんですね!
    僕は梅小路公園辺りに行く時は京都駅から歩いて行ってました。。

    僕はあのエリアが凄く好きで、壬生・島原はじっくり探索しようと思っています。

    • 岡田 様

      閲覧・コメント、ありがとうございます。

      私も島原辺りは好きです。
      道も石畳に整備されて雰囲気が良いですね。

      梅小路京都西駅ができたら周囲はかなり変わると思います。
      今後注目のエリアです。

      これからも宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA