京都 大丸ビアガーデン 2017

京都大丸ビアガーデン11/京都 ブログガイド

京都 大丸ビアガーデン

 

「京都 大丸ビアガーデン」

今年で大丸創業300周年らしく、ショーウインドウにオリーブの大樹が展示されています。

京都 大丸ビアガーデン 大丸ショーウインドウ1/京都 ブログガイド

京都 大丸ビアガーデン 2017

5:30 に予約して、ビアガーデン会場がある8階へ。エレベーターを降りるとすぐ屋上に出られます。

入口の料金精算所で先に会計。4200円の通常プランもありますが、300円プラスで、地ビールが飲めるので、4500円( 税込 )のクラフトビールプランを申し込みました。

京都 大丸ビアガーデン 1/京都 ブログガイド

バーベキューが、売りのようです。

京都 大丸ビアガーデン 2/京都 ブログガイド

8月の暑い時は、こちら側も使っていたんでしょう。9月も20日 過ぎなので、テーブルはかなり余っています。

ドリンク

通常のドリンクコーナー

京都 大丸ビアガーデン 8/京都 ブログガイド

通常のドリンクコーナーです。アサヒのスーパードライ、ドライブラック、カクテル、ワイン、日本酒、麦焼酎などが飲み放題です。

地ビールのドリンクコーナー

京都 大丸ビアガーデン 10/京都 ブログガイド

日替わりの地ビールやアサヒのプレミアムビールが飲めます。

アサヒプレミアムビールの「 琥珀の時間 」が一番おいしかったです。

他には、伏見 名酒めぐりのキザクラカッパカントリーでも書きましたが、黄桜の地ビールも飲めます。やはり、「 京都麦酒 」がうまかったです。

京都 大丸ビアガーデン 12/京都 ブログガイド

残念なことは、ビアガーデンなのに、ジョッキで飲めないことです。ビールはやっぱりジョッキでしょ!!

食事

フードコーナー

京都 大丸ビアガーデン 9/京都 ブログガイド

料理の種類が少なめ。

定番のカラアゲ、ポテトフライなどの揚げ物や、向かって右側に枝豆やサラダなどがあります。メインは、バーベキューということなんでしょうね。

バーベキュー

京都 大丸ビアガーデン 3/京都 ブログガイド

メインのバーベキューです。

京都 大丸ビアガーデン 4/京都 ブログガイド

写真は、2人前。

牛肉、京の都もち豚、鶏もも肉、ソーセージ、野菜の盛り合わせ、チーズフォンデュ。

肉は、まあまあ美味しかったです。ただ、写真の倍は欲しいところ。

京都 大丸ビアガーデン 5/京都 ブログガイド

煙が上がった時が困りもの。

風向きが悪ければ、まともにくらってしまいます(笑)

BBQで良かったことは、肉、野菜以外も焼けることです。

フードメニューの揚げ物は大概冷たいですから、網の上で焼いてやるとさらに美味しくなります。

京都 大丸ビアガーデン 6/京都 ブログガイド

鶏皮ギョーザが一番おいしかったー。

これも、網焼きにして食べました。

京都 大丸ビアガーデン 7/京都 ブログガイド

定番のメニュー。味は、普通でした。

京都 大丸ビアガーデン まとめ

京都 大丸ビアガーデン 11/京都 ブログガイド

「 大丸創業300周年プロジェクト 」のひとつとして30年以上振りに、2017年にビアガーデンが復活したようなので、まだまだ、改善の余地があると思います。

アサヒのプレミアムビールと黄桜の地ビールが飲めるのは良かったです。

食事メニューは、不満が残ります。バーベキューの食材も少ないし、フードメニューも少なすぎ。食事に関しては、中途半端だと感じました。

去年同じ時期に、高島屋のビアガーデンへ行ったんですが、9/20以降だったので3000円でした。満足度も高かったです。

4000円以上取るんだったら、もう少し、食事メニューを充実させて、せめて、ビールはジョッキで飲めるようにしてほしいです。

プラスチックのコップで飲んでいると、ビアガーデンの雰囲気ではなく、まるで、友達同士でやるBBQ。興ざめしてしまいました。

ただ、30年以上ぶりの開催なので、来年以降に期待します。

京都 大丸ホームページ


オススメの関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA