意外と気にしてない。懐石料理と会席料理の違い/京都 ブログガイド

懐石料理1/京都 ブログガイド

懐石料理と会席料理の違いの前に

 

本膳料理

 

本膳料理は、正式な日本料理の膳立てで、

室町時代に武家の礼法をもとに確立し、

江戸時代に発展しましたが、

明治時代以降に廃れていきました。

 

成り立ちも目的も違う懐石料理と会席料理ですが、

両者のルーツは本膳料理です。

 

懐石料理

 

懐石料理2/京都 ブログガイド

 

懐石料理とは、お茶を楽しみための料理です。

日本古来の※一汁三菜という食法を基本にした料理で、

本来は茶席でお茶をいただく前に出されるものです。

茶会の席上で空腹のまま刺激の強い茶を飲むことを避け、

茶をおいしく味わう上で差し支えのない程度のコース料理を指しています。

 

現在では、

日本食を扱う料理店で懐石料理を提供するところが増え、

茶事における懐石を特に茶懐石と表わして区別することもあります。

 

懐石料理には、

「旬の食材を使う」「素材の持ち味を活かす」「親切心や心配りをもって調理する」

という三つの大原則があります。

この原則にも茶道の侘びの思想が色濃く反映しています。

また、豆腐や旬の野菜、魚などを中心とした料理のため、

カロリーが低く、体に優しいヘルシーな料理として認知されています。

 

懐石料理の“懐石”とは、

禅僧が修行中に温石(おんじゃく)(あたためた石)を

懐の中に入れて空腹をしのいだことに由来します。

 

※一汁三菜・・・ご飯、お吸い物(一汁)、菜三品、香の物(漬物)を基本とした献立の事です。

汁菜三品とは膾〔なます〕(生魚を切り刻み酢で味付けしたもの)・煮物・焼き物の三種を指します。

 

会席料理

 

会席料理1/京都 ブログガイド

 

会席料理はお酒を楽しむための料理です。

会席料理は、

俳人たちが句会を催した後で楽しむ料理として始まりました。

本膳(ほんぜん)料理を簡略にしたもので、

前菜、吸い物、刺し身、焼き物、煮物、蒸し物、酢の物などを含む

一汁三菜を基本に、

お通し、揚げ物、蒸し物、和え物、酢の物などの肴(さかな)が加わり、

最後にご飯とみそ汁、香の物、水菓子が出されます。

 

じゃあ、懐石料理と京懐石料理の違いは?

 

懐石料理3/京都 ブログガイド

 

簡単に言えば、

懐石料理を京都で提供していれば、

京懐石料理ということです。

 

特別感を演出して、

ブランドイメージを高めているのではないでしょうか?

 

ズワイガニでも、

山陰地方で水揚げされれば「松葉ガニ」、

福井県で水揚げされれば「越前ガニ」、

地域を限定することで、

ブランドイメージを高めていますよね。

 


 

個人的には、

懐石料理の方が、会席料理より

高級感があるような気がしています。

※例外もあります。

 

懐石料理は、

少しかしこまったイメージで、

料理が繊細で、量も少ないです。

 

会席料理は、

宴会などで

気軽にお酒を飲みながら食べる料理

という感じがしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA