拉麺へんてこ コスパ良しのへんてこ しょうゆ

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

拉麺へんてこ

 

「 拉麺へんてこ 」

菖蒲の節句発祥の地で、 勝運の神様「 藤森神社 」。 京都市内の紫陽花の名所としても知られています。

その「 藤森神社 」のすぐ近くにあるのが、「拉麺へんてこ」。

へんてこ しょうゆ ( 700円 )

メニュー / 京都 ブログ ガイド

色々へんてこ ? ! なラーメンもあるけど、基本の「 へんてこ しょうゆ 」を注文。

見た目は、 めっちゃ旨そう !

スープ

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

長時間鶏ガラを煮込んだ白湯に、 醤油を合わせたトロみがかったスープ。

旨い ! !

少しコッテリ感ありで、 鶏の旨味だけではなく、コク ・ 深みも感じられます。

まったりとした鶏の味わいと、 醤油の風味が口の中に拡散。

味は、「 慈永 」のスープに似ています。 「 へんてこ しょうゆ 」の方が、 少しコッテリしていて、 トロみがかっています。

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

中細麺で、 小麦の味わいがダイレクトに感じられるシンプルでオーソドックスな麺。 少し固めで、 私は好きです、 この麺。

トッピング

チャーシュー

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

大きめのチャーシューが、 3枚も入って嬉しいかぎり。

見た目は「 ベーコン 」のようで、 思っていたより厚くて、 想像より噛み応えがあり。

これも、旨い ! !

しゃぶしゃぶで、 余分な脂を削ぎ落としたようなチャーシュー。 無駄な脂分がないので、 脂身も美味しくいただけます。

メンマ

これも美味しかった ! !

大振りで、 風味も十分に味わえる満足のメンマ。

ネギ

薬味

薬味 / 京都 ブログ ガイド

今回はどちらも入れませんでした。

一味

からしにんにく

拉麺へんてこ 店内

カウンター8席のみのラーメン屋。 狭い店内だけど、 落ち着きます (^^)

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

店がある建屋が少し古く、 店の入口が前の道に面してなくて、 横の細い道を入ると暖簾があります。

拉麺へんてこ / 京都 ブログ ガイド

なので、 女性一人だけだと少し入りずらいと思いますが、 店に入ると30~40代の笑顔で礼儀正しい大将が迎えてくれるので安心できます。

拉麺へんてこ アクセス

京阪「 墨染駅 」から 徒歩約3分。 京阪「 藤森駅 」から 徒歩約6分。

ちょっと、 寄り道。

藤森神社

平安京遷都以前の約1800年前に建立された社が、「 藤森神社 」。

「 菖蒲の節句 」発祥の神社として知られ、 菖蒲が ” 勝負 ” と発音が一緒の為、「 勝運 」の神社として有名。

また、 毎年5月5日に行われる「 駈馬神事 」から馬の神社としても信仰されています。 競馬関係者や一攫千金を願う参拝者も多く訪れています。

近くのグルメ

フカクサ製麺食堂 白濁の泡の下には・・・・、

頑固麺 価値ある一杯「鶏豚骨」ラーメン

大黒ラーメン マイルドな美味しい豚骨醤油

中国料理くれたけ 美味しい麻婆豆腐と抜群の薬味

拉麺へんてこ まとめ

鶏の旨味や深いコクが味わえる美味しいラーメン。

口の中が、 まったりとした鶏の味わいで満たされます。 チャーシューも3枚入っていて満足度 ” 高 ” 。

これで ” 700円 ” は、 コスパが良いです。

基本の「 へんてこ しょうゆ 」や「 へんてこ 塩 」だけではなく、 期間限定のラーメンもあり。

藤森神社で ” 勝ち運 ” を授かった後に、 食べてみては ?

笑顔で腰の低い礼儀正しい大将の人間性を表しているような美味しいラーメンです。

へんてこ (@henteko0305) · Twitter

所在地 : 京都府 京都市 伏見区 深草北新町 648

営業時間 : 1 1 : 0 0 〜 1 5 : 0 0、 1 8 : 0 0 ~ 2 2 : 0 0 ( L O 2 1 : 3 0 )

定休日 : 不定休

上ル 下ル 西入 東入 について

※ 営業時間 ・ 定休日 ・ 料金等は変更されることがありますので、 店にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA