らーめん壱蔵 熟成炙りチャーシュー 閉店

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

らーめん壱蔵

 

「 らーめん壱蔵 」

一乗寺のラーメン街道でラーメンを食べようと思ったけど、 お目当ての店は長蛇の列。

並んでまで食べたいと思わない人間なので(笑)、 横道を高野川の方向( 西 )へ向かいました。

ちょうど、 高野川の手前辺りに、 ラーメン屋を発見。

一乗寺のラーメン街道からは、 少し地理的に外れているので、 店は空いていました。 お腹もすいていたので、 この店へ入ってみることに。



あっさり系  炙り焼きしょうゆ

メニュー / 京都 ブログ ガイド

色々種類があるけど、「 炙り焼き しょうゆ 」を注文。

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

スープ

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

適度な醤油の切れが味わえる京都ラーメン。 鶏ガラも醤油の味をじゃますることなく、 良い脇役を務めています。

そして、 発見した、 このあっさりしょうゆの食べ方。

まずは 炙りチャーシューから遠いところのスープを飲んで、 京都ラーメンの味を、 楽しむ。

次に、 炙りチャーシューそばのスープを頂く。

すると 、 炙りチャーシューの香ばしさと醤油のコクが周りのスープに熔けだして、 炙りコクしょうゆラーメンになります。

ひとつのラーメンで 、 二つの違った味わいのスープを楽しむことが。

これぞ、 一石二鳥 !

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

細麺です。

トッピング

チャーシュー

熟成炙りチャーシュー 、 めっちゃ旨いです !

炙っているので 、 口の中で香ばしさが満開。 醤油のコクも非常に感じることができ満足の一品。

ラーメンの中に入っているのも重要だと思いますが、 毎度のことですが 、 ビールのあてに最高でしょう。

ネギ

薬味

一味

京都ラーメンには、 一味 。

すりおろしニンニク

今回は、 人に会う予定があったので入れませんでした。




こってり系 しょうゆ

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

スープ

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

鶏をコトコト煮込んでトロミを出したであろう癖のないマイルドな味と、 醤油のコクを同時に味わえる、 初めて体験するスープ。

めっちゃ気に入りました !

ここまで醤油をメインで楽しめるコッテリしたスープはありそうでなかった味わい。

美味しいです !

ただ 、 非常にマイルドで癖のないスープなので 、 それほど 、 こってり感はありません。

らーめん壱蔵 / 京都 ブログ ガイド

細麺と太麺を選択できます。

もちろん、 こってりなので、 太麺を注文しました。

とろとろスープによく絡んで食べごたえがあります。

ただ縮れているので、「 スープのはね 」には気をつけてください。

鶏白湯のようなスープの色ではなく醤油の色なので、 白系の服は特に注意が必要。

トッピング

チャーシュー

大きい薄切りのロースが2枚目入っています。

黒胡椒が香る大変上品で美味しいチャーシュー。 ローストポークのような味わい。

※ +110円で、「 熟成炙りチャーシュー 」へ変更できます。

ネギ

店内

店内 / 京都 ブログ ガイド

喫茶店のような店内。

ラーメンの熱さで、 レンズが曇ってしまったので少しわかりづらいですが、 外の光を取り込んで、 店内はめっちゃ明るいです。

外から中が良く見えるし、 喫茶店のようなので、 女性一人でも安心して入店できます。 多分、 以前喫茶店だったのをラーメン屋に改装したんじゃないでしょうか。

コーヒーを出されても全く違和感無し。

まとめ

しょうゆラーメンは、「 こってり 」、「 あっさり 」共にオススメです 。

京都ラーメンが食べたいなら「 あっさり 」、 醤油の味メインのこってりした味わいを楽しみたいなら「 こってり 」です。

塩の「 あっさり 」と「 こってり 」もお店のオススメのようなので、 次回は試してみたいですね。

ラーメン街道の本筋から外れた川端通の近くにありますが、 オススメのお店。 ぜひ一度試してみてください。




所在地 : 京都府 京都市 左京区 高野泉町 6 ー 100

電話 : 0 7 5 - 7 2 1 - 3 0 0 3

営業時間 : 1 1 : 3 0 ~ 1 4 : 0 0、1 8 : 0 0 ~ 2 3 : 0 0

定休日: 水曜日

上ル 下ル 西入 東入について

※ 営業時間 ・ 定休日等は変更されることがありますので、 店にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA