麺心よし田 やみつきになりそうな味。

麺心よし田 / 京都 ブログ ガイド

麺心よし田

 

「 麺心よし田 」

京阪「 伏見桃山 」駅を降りて、 伏見大手筋商店街を西へ向かいます。 商店街を通り抜け、 竹田街道の大手筋交差点を南に下がったところにあります。




特選鶏の京ラーメン ( 700円 )

麺心よし田メニュー / 京都 ブログ ガイド

つけ麺が有名みたいですが、 私はラーメンが好きなので、 メニューの一番最初にある「 特選鶏の京ラーメン 」を注文。

大も並と同料金ということなので、 もちろん大を頼みました。 並が麺 120g、大が180g です。

スープ

麺心よし田 / 京都 ブログ ガイド

見た目から、 こってりしているのが判ります (笑)

というより 「 超濃厚 」。

これでもか ! っていうくらいに、 鶏の ” 旨味 ” と ” 深いコク ” を味わえます。

骨までとろけるくらい煮たような「 トロトロ 」なスープ。

最初は少し濃厚しすぎて、 なんか違和感があったんですが、 食べ進むうちに味に馴れてきたのか、 ” クセ ” になりそうになってきました。

麺を食べ終わってスープだけになると、 麺屋七福神 の「 七福神ラーメン 」や 彦さく の「 鶏骨ラーメン 」のように「 トッロトッロ 」。

天一のこってりよりも「 どろっ 」としています (^^)

麺心よし田 / 京都 ブログ ガイド

中太の縮れ麺。

自家製で、 美味しいです。

透明感があって、 つるつるシコシコしています。

縮れた麺にこってりスープがよく絡んで、 美味しく頂けます。

トッピング

鶏肉をほぐしたようなものが、 のせてあります。

チャーシューではないけど、 これはこれでOKですね。 後は、 ネギとメンマです。

薬味

薬味 / 京都 ブログ ガイド

ラーメンの種類が多いので、 薬味もたくさんあります。

特選鶏の京ラーメンのは、 最初から黒胡椒が掛かっていますが、 この ” 黒胡椒 ” をかけるとスープが、 めちゃくちゃ美味しくなります。

こってりはしていますが、 鶏の正直な味わいなので、 黒胡椒を入れることによって、 パンチの効いた切れのある味わいに変化。

このスープには黒胡椒が、 本当によく合います。

これを入れることで、 やみつきになりそうな味になっていきました。

店内

店内 / 京都 ブログ ガイド

入口辺りの厨房回りにカウンター席で、 奥にテーブル席が2つあります。

店内 / 京都 ブログ ガイド

トイレに行くとき奥は少し暗く感じましたが、 外から中が見えやすく、 入りやすいお店。

アクセス

京阪「 伏見桃山駅 」下車徒歩約5分、 近鉄「 桃山御陵駅 」から徒歩約6分。

伏見大手筋商店街を通り抜け、 竹田街道の大手筋交差点を南に下がったところにあります。

ちょっと、 寄り道。

伏見 名水めぐり

京都 伏見は酒どころ。 お酒造りで有名です。 そのわけは、” 地下水 ” 。

豊富に湧き出る美味しい地下水が、 酒造りを盛んにしています。

伏見には、 地元に密着した美味しい ” 名水 ” がたくさんあります。

「 金運清水 ( きんうんしみず )  」といういかにも ” 効き目 ” がありそうな名水もあります (^^)

伏見 名酒めぐり

” 伏見の名水 ” だけでは満足できない人は、 ” 名酒めぐり ” をどうぞ (^^)

伏見にはたくさんの酒蔵があり、 町並みに溶け込む風景は伏見ならでは。

実際に、 お酒の飲める酒蔵もあります。

伏見 幕末史跡 めぐり

伏見は、 ” 名水 “、 ” 名酒 ” だけではありません。

「 幕末関係の史跡 」もたくさんあります。 坂本龍馬襲撃事件 ( Wikipediaへ ) の寺田屋や、 鳥羽伏見の戦いのときの、 本物の ” 弾痕跡 ” が、 今でも残っているお店もあります。

近くのグルメ

大黒ラーメン マイルドな美味しい豚骨醤油

まとめ

つけ麺がメインみたいですが、「 特選鶏の京ラーメン 」も旨いです。

かなりのコッテリで、 鶏の旨味 ・ コクをを堪能できます。 コッテリ好きの人にはオススメ。

私が入ったのが、 3時前だったので空いていましたが、 美味しいので、 昼時は混んでいると思います。

混雑を避けたいなら、 少し遅めに行ったほうがいいですね。



所在地 : 京都府 京都市 伏見区 西大手町 313-1

電話 : 075 - 888 - 5157

営業時間 : 11:30 ~ 22:30

定休日:無休( 年末年始を除く )

上ル下ル西入東入について

※ 営業時間 ・ 定休日 ・ 料金等は変更されることがありますので、 店にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA