ラーメン藤 五条店 京都を代表する懐かしの味

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

ラーメン藤 五条店

 

「 ラーメン藤 五条店 」

久世橋にある「ラーメン藤 京都本店」は, 創業45年以上。 ラーメン屋では老舗といってもいいくらい。

本店までは中心部から少し離れているけど, 「ラーメン藤 五条店」は, 京阪「清水五条駅」下車, 徒歩約2分の便利さ。 五条通大和大路西入ルにあります。

ラーメン藤 昔懐かしの味

スープ

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

スープは, 豚の旨みが効いている少し脂っこさを感じる薄い醤油味。 クセになる味 ! !

半世紀近く続いているのにはワケがありますね。

最初は, 脂っこいと感じるかもしれないけど, 何度か食べると病み付きになってきます。

私も昔はよく食べました。 初めて食べたのは, 滋賀県のラーメン藤で, 何十年も前。 「ラーメン藤 五条店」もかなり昔から営業しています。

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

麺は, やや細めのストレート麺。

ラーメン藤 トッピング

チャーシュー

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

チャーシューは, 豚ロースの薄切り。

ネギ多めで注文したので, 最初はチャーシューが見えない (^^)

ネギ

写真のように, もやしの上に, ネギがいっぱい乗って出てきます。

オッチャンか,  店員さんに「  ネギと, もやしを多めにしてください。 」と頼めば, 普通より多めにしてくれます(^^)

もやし

同じくネギで見えない。

薬味

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

薬味は, コショウとヤンニンと唐辛子の2つ。

昔は, すりおろしニンニクもあったような気がするけど。

唐辛子

もし辛いのがOKであれば, 唐辛子を入れると, 辛さと脂っこさが合わさって, 脂っこさが少し抑えられ, 「 辛コク旨っ 」 ていう感じの奥深い味わいのスープになります。

私は, 辛いのが大好きなので, 2杯, 3杯と唐辛子を入れてしまいます( 笑 )

ヤンニン

食後, 人に会う予定がなければ, ヤンニンを入れるとよいかも。

ニンニクの旨みが, スープに加わり, さらに美味しくなります。

店内

店内 / 京都 ブログガイド 店内/京都 ブログガイド

座席はカウンターのみ。 水はセルフサービスで, 典型的なラーメン屋。

” ラーメン藤一筋 ” っていう感じのオッチャンがラーメン作ってます (^^)

ラーメン藤 アクセス

京阪「 清水五条駅 」下車, 徒歩約2分。 五条通大和大路西入ルにあります。

ちょっと, 寄り道。

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺3 / 京都 ブログ ガイド

全盛期は寺域も広く, 平家の邸宅や鎌倉幕府の探題が置かれるなど, 源平史跡の中心でもありました。

六波羅蜜寺 ( ラーメン藤から徒歩約5分 )

六道珍皇寺

迎鐘 / 京都 ブログ ガイド

お盆前の8月7日 ~ 10日, ご先祖様をお迎えする「 六道まいり 」をするため, 六道珍皇寺へ多くの京都人が訪れます。

お盆前に, ご先祖様の霊を迎える京都ならではの習慣を見ることができます。

六道まいり 六道珍皇寺 ( ラーメン藤から徒歩約8分 )

轆轤町 ( ろくろちょう )

轆轤町 (ろくろちょう)2/京都ブログガイド

ラーメン藤から徒歩約5分。 六波羅蜜寺のすぐ東にあるのが, 「 轆轤町 」。

「 轆轤 」とは, 焼物を作るときに陶器を回す器具ですよね。 京都は清水焼があるから, 焼物関係の歴史がある町なんでは ? と思いますが, 実は全く違います。

轆轤町 (ろくろちょう) あまりに不吉な前の町名は ?

あじき路地

あじき路地1/京都 ブログガイド

築100年以上の京町屋を大家の「 安食 弘子(あじき ひろこ) 」さんが再生し, 現在はクリエーターやお店が軒を連ねます。 京都らしい雰囲気を感じながら, お店めぐりもすることができます。

あじき路地 ( ラーメン藤から徒歩約3分 )

近くのグルメ

みなとや幽霊子育飴本舗

幽霊子育飴1 /京都ブログガイド

六道の辻の碑の前にあるのが,「 みなとや幽霊子育飴本舗 」

” 幽霊子育飴 ” を販売しています。 何とも恐ろしい名前の飴(笑)

みなとや幽霊子育飴本舗 ( ラーメン藤から徒歩約6分 )

近くのラーメン屋

ラーメン ポパイ

ラーメン ポパイ / 京都 ブログ ガイド

京町家が軒を連ねる京都らしい雰囲気を感じられるのが「 宮川町 」。 そこから, 少し東へ行くと「 ラーメンポパイ 」があります。

醤油のやわらかい味わいと, 豚のまろやかなコクが楽しめます。 後味に, ほんのり魚粉のような味が口の中に残ります。 そして, ラーメン以外にも美味しいものが。

ラーメン ポパイ ( ラーメン藤から徒歩約6分 )

ラーメン藤 まとめ

ラーメン藤 / 京都 ブログガイド

「ラーメン藤」の味は, 「 中華そば ますたに 」に代表される背脂チャッチャの ” 京都ラーメン ” とは全く別の, 京都で脈々と続く一つのラーメンの系統。

「 京都醤油 」といってもいいんでは。 私の勝手な命名だけど (笑)

味やスープの濃さなどの違いはあるけど, 豚の旨味 ” と ” 醤油の味わい ” が楽しめて, チャーシューは薄切りの豚ロースがだいたいの定番。

京都のいろんなところに「 京都醤油 」のお店があります。

ラーメン藤は, 店によって味が違い, がっかりすることがあるけど, ラーメン藤 五条店は, 久世橋にあるラーメン藤 京都本店と同じ味を楽しめます。

ちなみに, 久世橋の「ラーメン藤 京都本店」ができて,45年以上。 ラーメン屋で50年に近いのはすごいですね。

ラーメン藤ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 東山区 五条大橋東2丁目 15-1
京阪本線「 清水五条駅 」下車徒歩約2分

電話 : 0 7 5 – 5 6 1 – 5 9 5 6

営業時間 : 1 1 : 0 0 ~ 2 : 0 0

年中無休

上ル下ル西入東入について

※ 営業時間 ・ 定休日 ・料金等は変更されることがありますので, 店にご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。


オススメの関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA