新福菜館 府立医大前店 京都の醤油ラーメン代表格

新福菜館 1/ 京都 ブログ ガイド

新福菜館

 

「 新福菜館 」

移転前の店舗は、 本当に京都府立医大前にありましたが、

現在は、 荒神口河原町東入ルにあります。




 

京都の醤油ラーメン代表格

 

京都で醤油ラーメンといえば、 やはり、「新福菜館」でしょう。

昭和38年 ( 1963 ) 創業で、 ラーメン屋では老舗といってもいいのではないでしょうか。

今はなき河原町店 ( 現在は ラーメン大中 ) でよく食べました。

タカバシの本店は人が多いので、 新福のラーメンを食べたくなったら、 府立医大前店を利用しています。

 

注文

 

新福菜館 2/ 京都 ブログ ガイド

 

1000円以内でおさまる、 肉なし ( 550円 ) とやきめし ( 小 400円 ) が定番。

 

スープ

新福菜館 3/ 京都 ブログ ガイド

 

見た目少し醤油の色が薄い気がします。

実際、 味も薄くなっています。 豚の旨味や醤油のコクが明らかにソフトに。 その分、 スープは飲みやすくなっていますが。 ちょっと物足りなさを感じます。

 

トッピング

 

肉なしなので、 ネギともやしだけです。

 

やきめし 小 400円

 

新福菜館 5/ 京都 ブログ ガイド

 

新福に来たら、 やっぱり食べずにはいられません。

ただ、 スープも味が薄くなっていましたが、 やきめしも味が薄くなっています。

ショック。

やっぱり新福のやきめしは醤油の濃い味付けが好きなので、 前の味に戻してもらいたいですね。

 

薬味

 

調味料/ 京都 ブログ ガイド

 

味が薄くなっているので、 薬味で味を変えました。

 

一味

辛さをアップ

 

ニンニク唐辛子

ニンニク唐辛子/ 京都 ブログ ガイド

 

一味を入れたんですが、 辛いのが好きなので、 さらに辛くします。

 

すりおろしニンニク

薬味/ 京都 ブログ ガイド

 

とどめはニンニクで風味をアップ。

 

店内

 

店内/ 京都 ブログ ガイド

 

移転してから綺麗な店内になりました。 入ってすぐ左側にテーブルが2卓、 奥の左側にカウンター8席、 右側にテーブル2卓があります。

 

まとめ

 

スープのところでも書きましたが、前より味が薄くなっています。 女性客も増えてきたり、 時代の流れかもしれません。 本店では、 暫く食べていないので味はわかりませんが、 個人的には、 もう少し濃いめのスープの方が好み。

河原町店が潰れる前にも、 味が変わっていたので、 少し心配。

味の変化が、 店の方針なら仕方がないですが、 注文の時に、

「 濃いめで頼みます。」

と言って前のような醤油のコクが強めのスープにしてもらえたら有難いですね。



新福菜館ホームページ

所在地 :京都府 京都市 上京区 上生洲町 197 - 6

電話 : 075 - 212 - 7698

営業時間 : 11:00 ~ 22:00

定休日:水曜日

上ル下ル西入東入について

 

※ 営業時間・定休日等は変更されることがありますので、

店にご確認ください。

万が一、 間違っていたとしても、

責任は負いかねます。予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA