天下一品 京極店 無性に食べたくなるときが。

天下一品 京極店 / 京都ブログガイド

天下一品 京極店

 

「 天下一品 京極店 」

阪急「 京都河原町駅 」から徒歩約2分。 四条河原町からもほど近いこの店の歴史は古く、 かれこれ30年以上前からあります。 何度も食べに来たことがあります。

屋台味 ( 700円 )

スープ

天下一品 京極店 / 京都ブログガイド

メニューに「 屋台味 」ができてからは、 コッテリではなく、 「 屋台味 」を注文。

コッテリは、 食べ始めは旨いんですが、 終わる頃には後味が、 しつこく感じられるので。

その点、「 屋台味 」は後味のしつこさがなく、 鶏ガラベースである程度のコッテリ感もあり、 スッキリと飲めるのが気に入っています。

最近は、 天一のような「 ドロッ 」としたコッテリしたスープを出すラーメン屋も増えてきました。 実際、 店で一からスープを作っているので、 大中 のように、 コッテリしているのに、 後味もそれ程しつこくない美味しいスープを出すお店も出現。

現在はセントラルキッチンで作っているとはいえ、 40年以上も前に、 あのコッテリしたスープを創り出したのは非常に革新的。 昔は中華料理屋で食べる醤油味の ” 中華そば ” が当たり前の時代。 あんな「 ドロッ 」としたスープなんて、 誰も作ろうとは思わなかったでしょう。

今でこそ、 天一が有名になって、 コッテリしたラーメン屋も一般的になってきたけど、 当時同じようなラーメン屋は、 なかったのでは。 いずれは誰かが創り出したスープかもしれないけど、 やっぱり、 最初にやった あのCMの社長は凄いですね。

ごっつい、 ラーメン屋です !

個人的に、 京懐石料理 に代表される薄味イメージの京都に、 コッテリしたラーメン屋が思いのほか多いのは、 天下一品が京都 白川で創業したのが一因かも。  って思っています。

透明感のある中太麺。 まあまあ好き。

トッピング

チャーシュー

天下一品 京極店 / 京都ブログガイド

パサパサ気味のチャーシューが2枚。 コッテリしたスープには合いますね。

メンマ

天下一品 京極店 / 京都ブログガイド

味は普通。

ネギ

やや多め。

薬味

特製味噌

特製味噌 / 京都ブログガイド

入れると味噌の風味とコクが加わります。 辛さは、 ほぼ無し。

ラーメンタレ

ラーメンタレ・特製味噌 / 京都ブログガイド

ラーメンタレは、 あまり使ったことがないです。

胡椒

胡椒も、 入れたことなし。

店内

店内 / 京都ブログガイド

半分地下で、 天井が低く、 こじんまりとした店内。 でも、 なぜか落ち着きますね。

カウンター席と窓側がテーブル席。 昔から全く変わらず。 歴史を感じます。

アクセス

四条河原町交差点の北西、 「 みずほ銀行 」と「 ゑり善 」の間の道を北へ進み、 ファミリーマートを過ぎて一つ目の三叉路を左折、 約50M進み右手に「 新京極公園 」が見えてくると、 その西隣が「天下一品 京極店」。 阪急「 京都河原町駅 」から徒歩約2分の便利なロケーション。

まとめ

天下一品 京極店 / 京都ブログガイド

時折、 無性に食べたくなるときがあります。 「 吉野家 」の牛丼と同じ (笑)

京都に天一はたくさんあるけど、 いままでで、 一番多く食べているのが「 天下一品京極店 」。 何十年も前からあり、 京都 中心部で一番古い店なのでは。

ただ、 友達に教えてもらって、 一緒に天一をはじめて食べたのは、 山科の薬大前店( 現在は閉店 )。 当時は「 屋台味 」はなく、 コッテリとアッサリだけ。 もちろん、 コッテリを食べましたが、「 なんじゃ、このドロッとしたスープは ? ! 」 って友達に言ったのを今でも覚えています。 この時をキッカケにして、 当時めっちゃ天一の ” コッテリ ” にはまってしまいました (笑)

これからも、 ずーっと変わらない味を続けて欲しいですね。

天下一品ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 中京区 新京極四条 中之町 538

電話 : 0 7 5 - 2 5 5 - 3 1 2 0

営業時間 : 1 1 : 0 0 ~ 2 3 : 0 0

定休日  :  木曜日

上ル 下ル 西入 東入について

※ 営業時間 ・ 定休日等は変更されることがありますので、 店にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA