タイカレーラーメン シャム 四条通千本西入ル

タイカレーラーメン シャム 3 / 京都 ブログ ガイド

 タイカレーラーメン シャム

「 タイカレーラーメン シャム 」は、 円町にあるタイ国政府推奨認定店の タイカレー シャム 」 が出しているお店。 なので、 美味しさは ” お墨付き ” 。

そのシャムのグリーンカレーをラーメンにした味 (笑)




タイカレーラーメン シャム 「 カオソーイ 」

タイカレーラーメンのことを「 カオソーイ 」というみたいです。

カオソーイとは、 ココナッツミルク入りのカレーベースのスープに中華麺を入れ、 さらに揚げ麺をのせたタイ北部の郷土料理。

タイカレーラーメン シャム2 / 京都 ブログ ガイド

サイズ等色々選べます。

私は後から気付きましたが、 激辛( +50円 )を食べたい人は、 必ず注文時に言わないとダメみたい。 スープ増とチーズも同様です。

タイカレーラーメン シャム 「 グリーンカレーラーメン 」

以前は、 レッドカレーのラーメンしかありませんでしたが、 グリーンカレーラーメンも食べられるようになったみたいなので、 早速注文しました。

スープ

美味しいです。

タイカレー シャム 」のグリーンカレーをラーメンにした味 (笑)

ありそうでなかったものを形にしてもらって感謝。

青唐辛子が効いた少し辛めの味ですが、 ココナッツミルクの優しい甘味もあるので、 辛甘い美味しさです。

中太麺です。

トッピング

タイカレーラーメン シャム4 / 京都 ブログ ガイド

玉ねぎ

「 シャキシャキ 」して心地いい歯ごたえ。 このスープにも合っています。

揚げ麺

スープに浸して、 最初に食べたほうがいいです。

「 カリカリ 」なので、 麺と一緒に食べると違和感あり。 別になくてもよいと思います。

ネギ

ざく切りの青ネギが入っています。

高菜

タイには高菜はないでしょうから、 お店のアレンジでしょう。日本的。

ご飯

タイカレーラーメン シャム5 / 京都 ブログ ガイド

タイカレーラーメンのいいところは、 麺を食べた後で、 ご飯をスープカレーのように、 スープに浸して食べられること。

なのでご飯は必須 ! 必ず頼みましょう。

日本産のモチモチしたお米ではなく、 タイ産の細長いパサパサした米なので、 カレースープに浸して食べると良く合って美味しいです。

ハーブ

カレーに入っているハーブは、 タイ産の唐辛子 ・ パクチー ・ バイマックル ・ カー ・ レモングラスなど。

私はパクチーが苦手ですが、「 グリーンカレーラーメン 」では、 全然気になりませんでした。



Aセット ( 1000円 ) レッドカレーラーメン

タイカレーラーメン シャム10 / 京都 ブログ ガイド Aセット / 京都 ブログ ガイド

スープ

個人的には、 グリーンカレーラーメンよりも好き。

グリーンカレー自体は好きですが、 ラーメンにしてどちらが美味いかと言えば、 レッドカレーの方が合っていると思います。

タイ産の香辛料を何種類も使った複雑な美味しさと辛さで、 舌の奥で感じるココナッツミルクの甘味が、 ただ辛いだけのカレーとは違います。

中太麺です。

トッピング

タイカレーラーメン シャム11 / 京都 ブログ ガイド

チキン

レッドカレーのスープに、 あっさりした鶏胸肉がよく合っています。

玉ねぎ

「 シャキシャキ 」して心地いい歯ごたえ。 このスープにも合っています。

揚げ麺

ネギ

ざく切りの青ネギが入っています。

高菜

高菜もレッドカレーの方がマッチしていますね。

サラダ

サラダ / 京都 ブログ ガイド

かかっているドレッシングが、 今まで経験したことのないエスニックな味。

ごはん

もちろん、スープに浸して食べました。

薬味

薬味 / 京都 ブログ ガイド

レモン

少し食べてから、 レモンを入れてみると味がマイルドになりました。

自家製ラー油

自家製ラー油を入れて、 さらに辛くして美味しくいただきました。

店内

店内 / 京都 ブログ ガイド

入って両側にテーブルのカウンター席。 奥に対面式のアイランドテーブル席。

それほど広くありません。

アクセス

嵐電「 四条大宮駅 」、 阪急「 大宮駅 」から徒歩約5分。

四条通をまっすぐ西へ。 JR嵯峨野山陰線高架の手前、 北側にお店があります。

まとめ

タイカレーラーメン シャム1 / 京都 ブログ ガイド

タイ料理が好きな人にもオススメ。 美味しいです。

お店もタイ風のエスニックな雰囲気で、 タイの音楽が流れています。

「 レッドカレーラーメン 」を食べたときは、 Aセット ( 1000円 ) を頼みましたが、 ” カオマンガイ ” というタイのゆで鶏のせご飯が付いたBセット ( 1200円 ) もあります。

次回は、 注文時に言えば激辛に出来るようなので、 チャレンジしてみたいです。




タイカレーラーメン シャムのホームページ

所在地 : 京都府 京都市 中京区 壬生花井町 23 − 4 四条壬生ビル 1F

電話 : 075 - 823 - 6118

営業時間:11:30 ~ 15:00、17:00 ~ 21:30

定休日 : 水曜日

全席禁煙

上ル下ル西入東入について

※ 営業時間 ・ 定休日 ・ 料金等は変更されることがありますので、 店にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA