三昇堂小倉 生麩餅 & 京わらび餅

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

三昇堂小倉 京都らしい生麩餅と京わらび餅に舌鼓

 

「 三昇堂小倉 」

新選組や幕末の勤皇志士が闊歩した京都 島原。 角屋, 輪違屋などが往時の面影を残しています。 そして, 島原と外の世界を隔てていた大門が, 今も堂々と存在感を発揮。

その島原大門のすぐ東にあるのが, 「三昇堂小倉」さん。 なんと住所は, 「 京都島原大門前 」。 めっちゃわかりやすい (^^)

三昇堂小倉 生麩餅 ( 5個入 1100円 )

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

小麦粉からとれるグルテンを元に,  生麩の生地を造っています。

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

笹で丁寧に包まれています。

しっとり, もちっとしていて, 繊細で吸い付くような柔らかさ。 ある程度の弾力はあるけど, 餅のように強いものではなく,  噛むたびに生麩の瑞々しい味わいと, その食感を味わえます。

「 生麩 」でしか味わえないこの柔らかさは, クセになるかも ? !

ゆばふ餅

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド 三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

トロッとしたつぶ餡に生姜の風味。 弾力のある生麩餅を噛む度に, 生姜の後味が口の中に広がります。

黒糖生麩餅

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド 三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

沖縄県産の黒糖を使ったトロッとしたこし餡。 黒糖独特の切れのある甘さと京生麩餅がドッキング。

京のお番茶入り 栗あん

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド 三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

ほのかに栗の味わいがする上品で控えめな甘さ。

生麩餅に混ざっているとされる京番茶の味はわからなかった (笑)

ヨモギ入りこし餡

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド 三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

過去に食べたことのあるよもぎ餅のように, ヨモギの味わいが全面に出ているわけではなく, あくまでも生麩餅の引き立て役。

ヨモギが控えめに奥ゆかしく, その風味を主張しています。 めっちゃ京都らしい味わい (^^)

控えめな甘さのこし餡との相性もピッタリ !

三昇堂小倉 京わらび餅 ( 700円 )

京のわらび餅 / 京都ブログガイド 京のわらび餅 / 京都ブログガイド

賞味期限は, 常温で8日位。

京のわらび餅 / 京都ブログガイド

まずは, 冷やさず & 何もつけずに, そのままでいただきました。

生麩餅のように, 京わらび餅も, 口の中で吸い付くような ” 粘り ” があり, 心地よい柔らかさ。

そして, 初めて体験する甘さ。 蕨本来の素朴で控えめな甘さなんでしょう。 美味しいです !

京のわらび餅 / 京都ブログガイド

次は黒須黄粉 ( くろずきなこ 砂糖は入っておらず ) をまぶしていただきます。

きな粉自体が, かなり美味しい。 だから, 当然というか, やっぱりっていうか (^^) めっちゃ美味しくなった ! !

きな粉のコクと苦味, そして大豆本来の奥深い濃いー味わいと, わらび餅の素朴で控えめな甘さとが, お互い引き立てあって, 美味しさの高みへ上りつめているよう。

瑞々しい上品な味わいで, めっちゃ旨い ! ! ! !

三昇堂小倉 アクセス

市バス 「 七条壬生川 ( ななじょうみぶがわ ) 」 バス停から徒歩約5分, JR「 梅小路京都西駅 」から徒歩約10分。 花屋町通壬生川西入ル ( 島原大門前 ) にあります。

近くの観光スポット

島原

島原大門 / 京都 ブログ ガイド

島原大門のすぐそばに, 三昇堂小倉さんがあります。

京都 島原は, 寛永18年 ( 1641 ) に前身にあたる六条三筋町から移され, その移転騒動が「 あたかも島原の乱の如し 」と流布したことにより, 「 島原 」と呼ばれるようになりました。

島原では, 宴席の揚屋やお茶屋と, 太夫や芸妓を抱える置屋とに分かれる営業形態をとっていました。 島原の営業形態は現在の祇園などと同じ。

よく島原は江戸の遊廓 吉原と同じだと思われがちだけど, 島原は遊郭の街でなく, 祇園と同じような「 花街 」。 江戸中期には俳壇ができるなど, 京都文化の中心的役割を果たしていました。

京都 島原 新選組と幕末志士の息づく街

京都 島原 輪違屋1 / 京都ブログガイド

現在も島原には, 置屋である「 輪違屋 」, 新選組や志士たちが宴会や会合をしたお茶屋の「 角屋 」, そして「 島原大門 」など, 当時を偲ばせる歴史遺産があります。※ 輪違屋の内部を見ることはできません。

置屋 お茶屋 , そして一見さんお断り

近くの宿泊施設

湯の宿 松栄

湯の宿 松栄 / 京都 ブログ ガイド

三昇堂小倉から徒歩約1分にあるのが, 「 湯の宿 松栄 」。 京都市内では珍しい充実した浴場施設がある旅館。 露天風呂やサウナも楽しめます。 本館 ・ 新館共に, リニューアルしているから, 綺麗なお部屋でゆったりと過ごせるのも嬉しいところ。

三昇堂小倉 店内

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

こじんまりとした店内に, 京和菓子が陳列されています。

三昇堂小倉 まとめ

三昇堂小倉 / 京都ブログガイド

今回, 「 生麩餅 」を初めて食べたけど, これだけ種類があるものだとは思わなかった。 生麩そのものが, あっさりした味わいだから, どんな味とでも合うのかも。

どれも生麩の瑞々しいもっちりとした食感と, その味わいを生かして美味しかったけど, 一番のお気に入りは, 「 ヨモギ入りこし餡 」。 ヨモギの控えめな風味との相性がピッタリでした。

そして,「 京のわらび餅 」も美味しかった ! !

豆の濃い味がするほろ苦いきな粉をまぶして食べると, 絶品の旨さ !

お金に余裕があるときに, めっちゃたくさん買って, お腹いっぱい食べたい欲求に駆られました (笑)

京都 島原を観光のした時に, 是非立ち寄ってみてください。 京土産にオススメです ! 

ちなみに, JR京都駅構内にも何店舗も常設店あり。

京土産

三昇堂小倉ホームページ

所在地 京都府 京都市下京区花屋町通壬生川西入ル薬園町152番地 ( 京都島原大門前 )
上ル 下ル 西入 東入について
電話 0 1 2 0 - 3 7 4 - 0 5 4 ( 携帯電話, IP電話からは, 0 7 5 - 3 5 1 - 5 9 2 3 )
営業時間 1 0 : 0 0 ~ 1 8 : 0 0  ( 定休日 ・ 営業時間は、変更する場合があります )
定休日 水曜日

※ 営業時間 ・ 定休日 ・ 料金等は変更されることがありますので, 店にご確認ください。 万が一, 間違っていたとしても, 責任は負いかねます。 予めご了承ください。 ご了承ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA