MENU
カテゴリー

五山送り火が見えるホテル 京都夏の風物詩を客室や屋上から鑑賞

五山送り火が見えるホテル / 京都観光旅行ガイド

「 五山送り火が見えるホテル 」

京都の夏の風物詩といえば、8月16日に行われる「五山送り火」。

「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の5つの文字が夜の京都に浮かび上がります。

今回は特に五山送り火専用のプランがあるわけではないけど、五山送り火を客室や屋上から鑑賞できるホテルを紹介します。

五山送り火を客室や屋上から鑑賞できるホテルを探す時の手間省きと時間削減に役立ててください。

目次

ホテルオークラ京都

東山三十六峰の山並みを一望できるのが「ホテルオークラ京都」。1888年創業の老舗ホテルです。

落ち着いたたたずまいとホスピタリティで京都での心地良い滞在を提供しています。

東山・鴨川を望むスーペリアツインルーム・インペリアルスイートから五山送り火を鑑賞できます。

※すでに満室の場合あり

ザ・リッツ・カールトン京都

鴨川のほとりに佇む東山三十六峰を一望するラグジュアリーリゾートが「ザ・リッツ・カールトン京都」。

京都の伝統文化のエッセンスが散りばめられた雅やかな空間で、思い出に残る上質な時間を体感できます。

ザ・リッツ・カールトン京都では、下記の客室から五山送り火を鑑賞できます。

・グランドデラックスカモガワリバービュー ツイン
・グランドデラックスカモガワリバービュー キング
・ガーデンテラススイート (日本庭園、東山三十六峰)
・ガーデンテラススイートTATAMI【布団】(日本庭園、東山)
・コーナースイート KITA(鴨川・東山三十六峰)

※すでに満室の場合あり

リヴェルト京都鴨川

賀茂川と高野川が出会い鴨川へと流れを変えるところのすぐそばに佇むのが「リヴェルト京都鴨川」。

「リヴェルト京都鴨川」は特に五山送り火プランがあるわけじゃないけれど、宿泊客が利用できるルーフトップテラスから五山送り火を観賞することができます。

毎年、五山送り火の8月16日は満室になるから、早めの予約をオススメします。

※すでに満室の場合あり

ホテル長楽館

八坂神社の東にある円山公園の横に佇むのが「ホテル長楽」。

明治42年に煙草王・村井吉兵衛によって建てらたクラシカルなホテル。

3階・2階の下記客室から、「大」「「妙・法」「舟形」が鑑賞できます。

・パークビューツインルーム
・パークビューハリウッドツインルーム
・パノラマパークビューツイン
・パノラマパークビューハリウッドツイン

※すでに満室の場合あり

HOTEL ARU KYOTO 三条木屋町通り

幕末の歴史溢れる木屋町通からすぐのところにあるのが「HOTEL ARU KYOTO 三条木屋町通り」。

「HOTEL ARU KYOTO」は五山送り火プランがあるわけじゃないけれど、宿泊客が利用できるルーフトップから五山送り火を観賞することができます。

大正浪漫をテーマした客室はインテリアや家具の色使い・質感など細部までこだわっています。

※すでに満室の場合あり

SGR鴨川

木屋町通の鴨川畔に佇む全5室のプライベートホテル。

四条河原町へも徒歩圏内の大変便利なロケーション。

高層階の客室から五山送り火の「大文字」を鑑賞することが可能。

また、宿泊者が利用できる屋上からも大文字を見ることができます。

全館満室でも5室だから、屋上でも混み合うことがないのも嬉しいポイント。

※すでに満室の場合あり

花園会館

JR嵯峨野線「花園駅」から徒歩7分。

西隣にある妙心寺の散策に絶好のロケーションで、嵐山方面への観光にも便利。

大浴場には庭園もあり、館内のレストランで京料理を堪能できます。

無料駐車場があるのも嬉しいポイント。

8月16日は、屋上で五山送り火の「大文字」、「左大文字」を鑑賞できます。

※すでに満室の場合あり

THE SCREEN

京都御所のすぐ南にある13室だけのデザイナーズホテルが「THE SCREEN」。

京都の伝統と新しい感性から生まれる「デザイン」でおもてなし。

THE SCREENは五山送り火のプランがあるわけではなく、予約時に「屋上での五山送り火観賞 ( ドリンクがついて別途料金要 ) 」を申込めばOK。

※すでに満室の場合あり

KKR京都くに荘

鴨川畔に佇む宮家ゆかりの宿が「KKR京都くに荘」。

ほぼ正面に五山送り火の大文字を望むことができます。

8/16の送り火当日は、宿泊者に屋上が開放され、五山送り火を鑑賞することができます。

※すでに満室の場合あり

guesthouse 百万遍 cross

京都大学の西、百万遍の交差点からすぐの住宅街にあるのが「guesthouse 百万遍 cross」。

気取らない京都滞在が可能です。

3階和室の東の窓からは大文字山が真っ正面。

目の前で繰り広げられる五山送り火の大文字をまじかで体感することができます。

※すでに満室の場合あり

五山送り火鑑賞ツアー

新幹線を使って京都まで来て「五山送り火」を鑑賞する場合は『クラブツーリズム』の新幹線パックツアーが便利。

※右上の「ツアー検索」⇒キーワード検索に『五山送り火』と入力すればツアーが表示。

京都の提携ホテルの屋上から五山送り火を観賞できます。

五山送り火だけじゃなくて、川床も一緒に楽しめるプランもあり。

京都 五山送り火について

お盆に帰ってきたご先祖様を冥府へ送る伝統行事。

「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の5つの文字が夜の京都に浮かび上がります。

これら5つの送り火はすべて京都市登録無形民俗文化財に指定されています。

点火時間

・大文字:20:00
・妙法:20:05
・船形:20:10
・左大文字:20:15
・鳥居形:20:20

点火の順番について

東山の大文字から順番に点火するのは冥府へお帰りになる魂への道しるべ。

西方浄土へ魂を送るという意味があります。

・亡くなった人が向かう「西方浄土」へ向いている東山の『大文字』が最初に点火。
・次に点火される「妙法」の読経によって死者の魂は鴨川を渡られる。
・鴨川を渡るのには船がいるから、その次の船形に火が点いて鴨川を渡るための「船」がお出迎え。
・最後の鳥居形に火が点り、西方浄土へ向かわれる魂の道しるべの門が開く。

五山送り火の点火の順番には意味があるんですね。

ちなみに、左大文字はその起源に関する伝承等は不明。

御所の池に写った東山の大文字の姿を映した等の俗説が伝わるのみ。

五山送り火が見えるホテル まとめ

どうでしたか。五山送り火が見えるホテル。

プライベートなホテルの客室で暑さも気にせずゆったり京都の五山送り火を鑑賞できます。

屋上からから五山送り火を鑑賞する場合の多くは、五山送り火の複数を鑑賞できる場合が多いからめっちゃ貴重。

ゆったり優雅に京都の五山送り火を鑑賞してください。

ただ五山送り火は8月16日の1日のみ。

ホテルの部屋にも限りがあるし、人気のあるプランだから早めの予約をおススメします。

五山送り火の専用プランがあるホテル

あわせて読みたい
五山送り火 鑑賞プラン2024 京都の夏の風物詩をホテルから鑑賞 京都の夏の風物詩といえば, 8月16日に行われる「五山送り火」。 「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の5つの文字が夜の京都に浮かび上がります。 ...

宿泊が必要ないなら下記を参考にしてみてください。

そして、京都の五山送り火鑑賞の翌日は京都の夏の味覚 「鱧料理」。

せっかく京都へ行くんだったら, ついでに楽しんどきましょう (^^)

京都 鱧料理 ランチ&ディナー

京都の夏の風物詩「京都川床」

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次