都七福神 幸福もたらす日本最古の巡拝

都七福神1 / 京都 ブログ ガイド

都七福神

 

七福神は、

昔から、縁起が良く

「 福 」をもたらす神様として

広く人々に知られています。

 

幸福もたらす日本最古の巡拝

 

古来より

民衆の間で信仰の厚い七福神は、

京都が発祥の地とされています。

 

京都にある七福神ゆかりの

神社仏閣をお詣りして

福運を授かりましょう。

 

特に新春に巡拝すると

七難即滅、 七福即生

極まりなしといわれ、

功徳が大きいといわれています。

 

私は、混み合うのが嫌なので

6月に巡拝しました( 笑 )

 

都七福神 授印

 

宝印帖

都七福神2 / 京都 ブログ ガイド

 

私は電車 + 自転車でまわったので、

色紙ではなく、

「 宝印帖 」に書いてもらいました。

 

都七福神6 / 京都 ブログ ガイド

 

※ 宝印帖  1600円

ちょうど、 漫画の単行本位の大きさです。

色紙のように飾ることはできませんが、

持ち運びには便利です。

 

七つの社寺をまわり、

「 宝印帖 」に書いてもらいます。

 

都七福神3 / 京都 ブログ ガイド

 

※ 授印料 各300円。

 

色紙

都七福神4 / 京都 ブログ ガイド

 

最初は

サインの色紙位の大きさと

思っていたんですが

想像よりはるかに大きく、

カバンに入りそうにもなかったので

「 宝印帖 」にしました。

 

額に入れて部屋に飾るなら

色紙の方がいいでしょう。

 

色紙を入れて持ち歩くための

ビニールの袋を購入時にもらえます。

 

都七福神5 / 京都 ブログ ガイド

 

完成品も販売しています。

時間のない人にはいいかも。

 

ただ、 七つの社寺をまわることに

意味があると思いますが ・・・・。

 

※ 各社寺で軸 ・ 大護符(色紙)・ 宝印帖が販売されています。

 

都七福神 神社仏閣

 

ゑびす神社 ゑびす神

都七福神12 / 京都 ブログ ガイド

 

京都えびす神社ホームページ

 

「 商売繁盛 」の神様として、

1月の十日ゑびす は、

たくさんの人で賑わいます。

 

都七福神13 / 京都 ブログ ガイド

 

七福神中で唯一の日本の神様。

商売繁盛 ・ 旅行安全 ・

豊漁の守護神で庶民救済の神様

といわれています。

 

所在地 : 京都府 京都市 東山区 大和大路通 四条下ル 小松町 125

電話 : 0 7 5 - 5 2 5 - 0 0 0 5

 

松ヶ崎大黒天( 妙円寺 ) 大黒天

都七福神10 / 京都 ブログ ガイド

 

松ヶ崎大黒天

 

妙円寺が正式な名称ですが、

地元では「 松ヶ崎の大黒さん 」

として親しまれています。

 

都七福神11 / 京都 ブログ ガイド

 

打ち出の小槌を持ち

笑みを浮かべる姿から

福財の神様ともいわれています。

元々は軍神でした。

 

所在地 : 京都市 左京区 松ヶ崎 東町 31番地

電話 : 0  7  5 - 7 8 1 ー 5 0 6 7

 

東寺 毘沙門堂 毘沙門天

都七福神8 / 京都 ブログ ガイド

 

東寺ホームページ

 

平安京遷都の際に、

国家鎮護のために創建されました。

東寺の五重塔は、 現存する

我が国最高の木造建築のひとつです。

 

毎月21日には「 弘法さん 」として

親しまれている縁日が開かれます。

 

※ 毘沙門堂ではなく、 東寺の納経所で授印。

 

都七福神9 / 京都 ブログ ガイド

 

北方の守護神、

仏教を守護する神様で、

毘沙門天を信仰すると

十種の福を得るとされています。

 

所在地 : 京都府 京都市 南区 九条町 1

電話 : 0  7  5 -  69 1 ー 3 3 2 5

 

六波羅蜜寺 弁天社 弁財天

都七福神6 / 京都 ブログ ガイド

 

六波羅蜜寺ホームページ

 

天歴五年( 951 ) 、

醍醐天皇の第二皇子である

空也上人によって創建されました。

空也上人立像や平清盛像をはじめ

多数の重要文化財が納められています。

 

※ 売店ではなく、 授印場所は本堂の北側。

 

都七福神7 / 京都 ブログ ガイド

 

七福神で唯一の女神で、

言語や音楽の神様です。

金運 ・ 財運の神様として

信仰されています。

 

所在地 : 京都府 京都市 東山区 五条通 大和大路上ル 東

電話 : 0 7 5 - 5 6 1 ー 6 9 8 0

 

赤山禅院 福禄寿殿 福禄寿神

都七福神14 / 京都 ブログ ガイド

 

赤山禅院ホームページ

 

本尊の赤山明神は

京都御所の表鬼門の祀られ、

方位の守護神として

信仰を集めています。

 

洛北の豊かな自然に囲まれた境内は

紅葉の名所としても有名です。

 

※ 赤山禅院寺務所ではなく、 福禄寿殿で授印。

 

都七福神15 / 京都 ブログ ガイド

 

南極星の精 ・ 泰山府君を

人格化した神様で、

商売繁盛 ・ 延寿 ・ 健康 ・ 除災

を祈願します。

 

所在地 : 京都府 京都市 左京区 修学院 開根坊町 18

電話 : 0  7  5  -  7 0 1 ー 5 1 8 1

 

革堂(行願寺)寿老神堂 寿老神

都七福神17 / 京都 ブログ ガイド

 

革堂(行願寺)ホームページ

 

西国三十三所の十九番札所です。

創建当時は、

一条通にありましたが、

「天下太平福寿円満」を祈る

豊臣秀吉により、

現在の場所に移されました。

 

※寿老神堂ではなく、革堂寺務所で授印。

 

都七福神18 / 京都 ブログ ガイド

 

老子が天に昇ってなった

という仙人の姿。

福財 ・ 子宝 ・ 諸病平癒 ・ 長寿

の功徳があるといわれています。

 

所在地 : 京都府 京都市 中京区 寺町通 竹屋町上る 行願寺門前町 17

電話 : 0  7  5  -  2 1 1 ー 2 7 7 0

 

萬福寺 天王殿(てんのうでん) 布袋尊

都七福神15 / 京都 ブログ ガイド

 

萬福寺ホームページ

 

黄檗宗の大本山。

伽藍や仏像の配置など、

ほぼすべてが中国明代の様式で、

異国情緒が漂います。

 

※天王殿ではなく、萬福寺売店で授印。

 

都七福神16 / 京都 ブログ ガイド

 

唐の時代に実在した僧契此が

ルーツとされ、

笑門来福 ・ 夫婦円満 ・ 子宝の神

として信仰されています。

 

所在地 : 京都府 宇治市 五ヶ庄 三番割 34

電話 :0 7 7 4 ー 3 2 ー 3 9 0 0

 

都七福神 まわり方

 

 

南は、 宇治の「 萬福寺 」、

北は、 京都市北区の「 赤山禅院 」と

京都の広範囲にわたっていますので、

 

車でなければ

1日ですべてをお詣りするのは

かなり厳しいと思います。

 

ちなみに、 私は、

電車と折たたみ自転車で

2日かけて

「 都七福神まいり 」をしました。

 

京都旅行で「 都七福神まいり 」を

車やタクシー以外でするのなら、

 

余裕を持って、

2泊3日予定しておいた方がいいです。

 

1泊2日でもどちらかの日に朝9時から

始めれば可能です。

 

神社仏閣の受付時間は、

基本 9:00位 ~ 17:00位なので

食事の時間を差し引くと

7時間くらいです。

 

「 都七福神まいり 」で

ポイントとなるのは「 赤山禅院 」と

「 松ヶ崎大黒天 」。

そして、「 萬福寺 」です。

 

「 松ヶ崎大黒天 」は、

地下鉄烏丸線で「 北大路駅 」下車。

北大路バスターミナルから

「 北8 」バス乗車で、

「 松ヶ崎大黒天 」下車、

徒歩約5分で着きます。

 

または、 電車利用で

叡山電鉄「 修学院駅 」から徒歩約15分、

もしくは、

地下鉄「 松ヶ崎駅 」下車、

徒歩約20分です。

 

問題なのは、

「 赤山禅院 」と「 松ヶ崎大黒天 」

の間のアクセスです。

 

「 赤山禅院 」と「 松ヶ崎大黒天 」は、

直線距離にすると

それほど離れていないんですが、

直接結ぶ交通機関がありません。

 

「 赤山禅院 」は、

最寄駅の叡山電鉄「 修学院駅 」から

かなり離れているので、

徒歩は辛いです。

 

かといって、 バスは通っていないので

タクシー位しか手段がありません。

 

修学院離宮行のバスに乗って、

途中下車して歩くという方法もありますが、

15分以上は歩く必要があると思います。

 

とにかく、 アクセスは良くありません。

タクシーの利用が無難かもしれません。

 

私が赤山禅院にいるときも、

実際に、

タクシーでやってきた人がいました。

 

もうひとつの方法としては、

私も自転車で行きましたが、

 

京都市内中心部で

レンタサイクルを借りて、

※東寺( 可能なら )・六波羅蜜寺・

ゑびす神社 ・ 革堂をまわってから

 

「 赤山禅院 」と「 松ヶ崎大黒天 」

をまわる方法です。

 

1日あれば十分にまわれます。

 

※ 東寺は、 萬福寺と一緒にまわった方が良いかも。

 

どこともつながりのないのが

宇治の「 萬福寺 」です。

 

ここだけ距離的に離れていますので、

最初か最後にまわっていた方が

良いと思います。

 

私の場合は、

一日目の最初に「 萬福寺 」へ行き、

「 萬福寺 」の後、 「 東寺 」

へ行きました。

 

東寺へは 京阪 & 近鉄利用で

約35分です。

 

黄檗( 京阪宇治線 )⇒ 中書島( 京阪本線乗換 )

⇒ 丹波橋( 近鉄乗換 )⇒ 東寺

 

都七福神のバスツアー

あるようなので、

車で巡拝できない人は

利用されても良いかもしれません。