若宮八幡宮 武家の守護神と若宮通の生みの親

若宮八幡宮2/京都 ブログガイド

 

 若宮八幡宮

 

若宮通の生みの親

 

「 若宮通 」 や 「 若宮町 」という名は、

若宮八幡宮 から名づけられています。

知りませんでした !

 

現在は、

住宅の間に

ひっそりと佇んでいます。

 

若宮八幡宮について

 

若宮八幡宮は、

天喜五年( 1058 ) ※1 源頼義が、

御冷泉天皇の勅を奉じて

文武の神、 治山治水の神、

長寿の神として創建しました。

※ 八幡太郎 義家の父

 

六条八幡とも

左女井八幡ともいわれていました。

 

平安時代は、

五条大路までが市街地で、

六条の地は、

堀川館をはじめ若宮町に

源頼義、 義家の館がありました。

 

その東には、

後に源義経が館を構えるなど、

長く源氏の邸宅があったところとして著名です。

 

若宮八幡宮1/京都 ブログガイド

 

「 ※2 拾芥抄( しゅうがいしょう )」には、

「 八幡若宮義家宅 」との書入れがあったり、

「 ※3 古事談 」にも、

「 六条若宮はかつて源頼義が邸宅の家向に構えた堂に始まる 」

とあります。

※2 鎌倉時代に原型が成立した百科事典

※3 鎌倉時代初期の説話集( 神話・伝説・民話など )

 

源頼義、 義家の尊崇が厚く、

広い境内と立派な社殿を持っていましたが、

 

天正十二年( 1584 )、

豊臣秀吉による

京都改造事業によって

御旅所のあった東山へ遷され、

 

さらに慶長十年( 1605 )、

現在地に遷されました。

 

その当時は、

本願寺( 西本願寺 )の寺域とされていましたが、

江戸時代になって

跡地に町内の住人によって

新たに若宮八幡宮が祀られました。

 

武家の守護神

 

八幡神社は、

大分の 宇佐八幡宮 を発祥の地として

京都 八幡の男山にある石清水八幡宮、

鎌倉の鶴岡八幡宮のほか

全国に 約二万五千社があるといわれています。

 

皇室との関係が深いのはもとより、

源氏の氏神としても信仰を集め、

石清水八幡宮の神前で元服した

源義家が、 「 八幡太郎 」と名乗ったことは有名です。

 

源頼朝が鎌倉に幕府を開き、

鶴岡八幡宮を関東の総鎮守としてから

武家の守護神として全国へ拡がっていきました。

 

所在地 : 京都府 京都市 下京区 若宮通花屋町上ル 若宮町





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA