足腰の守護神!護王神社/京都 ブログガイド

護王神社2/京都 ブログガイド

 

京都御所の蛤御門の南西に在ります。

いのししの神社としても知られています。

 

 

 

護王神社1/京都 ブログガイド

 

足腰の守護神

 

祭神の和気清麻呂が、

都から九州の宇佐八幡宮へ行く途中、

どこからともなく現れた300頭ほどの猪が、

宇佐までの道中を案内したそうです。

 

その時、

不思議にも、

清麻呂が悩んでいた

足の弱りが治ったそうです。

 

その故事から、

特に、

足腰の健康保持、

けがや病気の回復に

ご利益があると信仰されています。

 

護王神社3/京都 ブログガイド

 

 

護王神社4/京都 ブログガイド

 

護王神社の境内には、

いたるところに、

イノシシがいっぱいです。

 

護王神社6/京都 ブログガイド

 

本殿に向かって右側にある

「足萎難儀回復の碑」には、

足腰の病気やけがの回復を願って、

たくさんの人がご祈願に来るそうです。

 

護王神社5/京都 ブログガイド

 

現在、

本殿は改修工事が、

行われています。

 

今年の11月には、

新しい本殿が、

お目見えしそうです。

 

足腰に

けがを抱えている人や、

亥年生まれの人は、

一度、

護王神社を訪れてみては、

いかがでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA