京の名水 滋野井 復活したかつての名水。

京の名水 滋野井2 / 京都 ブログガイド

京の名水 滋野井

 

京都 名水の一つに数えられているのが

「滋野井(しげのい)」

 

復活したかつての名水。

 

京都御所のすぐ西、

西洞院椹木(さわらぎ)町上ル辺りに

あったといわれています。

 

平安京へ遷都した当時、

内裏(政治を行うところ)は

今の千本丸太町辺りにありましたが、

 

その辺りは、

鴨川から遠く離れている上に、

 

地下水脈も深く

水質もそれほど良くなかったそう。

 

千本通から東へ、

鴨川の良質な伏流水が涌き出る

現在の京都御所の場所に

政治の中枢が来たのは、

 

良質な水を求めて

移って来たのかもしれません。

 

京都御所の辺りは

鴨川の伏流水が濾過されて、

湧き出てくるようです。

 

新 滋野井

麩嘉(ふうか)

京の名水 滋野井1 / 京都 ブログガイド

麩嘉 錦店ホームページ

 

西洞院椹木町上ルにあるお麩のお店。

 

お店の横の駐車スペースに

水道のような形で、

 

「 新 滋野井 」の名水が

飲めるようになっています。

 

京の名水 滋野井2 / 京都 ブログガイド

 

昔は京都でも

井戸のある家があったようですが、

 

京都の人口が増えてくると

地下20M位の井戸は

汚染されるようになったり、

 

ビルが数多く建ち、

地下水が汲み上げられるようになると

水が枯渇するようになったそうです。

 

そのため、麩嘉の主人は、

地下60Mまで掘り下げ、

 

良質で豊富な水脈を掘り当て、

これを「新 滋野井」と命名した、

ということです。

 

琵琶湖の水量と同じ!?

 

京都は山から流れ来る水が

京都盆地に集められ、

 

豊富な地下水が

蓄えられる地形となっています。

 

実は、京都の地下には、

琵琶湖の水量に匹敵する位の地下水が

貯えられているといわれています。

 

一般の人にも解放

京の名水 滋野井3 / 京都 ブログガイド

 

店の敷地内にある名水を

一般の人にも解放してくれています。

 

旨いです!

水量もかなりあります。

 

これでお茶を入れたら

美味しいでしょうね。

 

丁度、私が訪ねていたときに、

おじいさんが自転車にペットボトルを

積んでやって来ました。

 

京の名水 滋野井4 / 京都 ブログガイド

 

何でも二条城の辺りから

わざわざ滋野井まで水を

汲みに来ているそうです。

 

ペットボトルが7本あるので

1週間分でしょうね。

 

滋野井の井桁

 

京の名水 滋野井5 / 京都 ブログガイド

 

京都学びの街 生き方探求舘

(西洞院下立売下ル)

 

京の名水 滋野井6 / 京都 ブログガイド

 

民家に保存されていた

滋野井の井桁(いげた)を

移設して保存しています。

 

白峰神社とも関係が。

 

滋野井の辺りに、

蹴鞠の名人であった

藤原成道が住んでいて、

 

ある時、

成道が滋野井の井桁に現れた

蹴鞠の神(精大明神)と会ったそうです。

 

その後、

精大明神を祀る社が

滋野井のそばに建てられ、

 

その社が現在は白峰神社

地主社 」に移されています。

 

新 滋野井 麩嘉本店

所在地 : 京都府 京都市 上京区 西洞院通椹木町上る 東裏辻町 413

 

京都学びの街 生き方探求舘ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 上京区 西洞院通下立売下る 東裏辻町 402




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA