平安京 なぜ京都に都が?場所や規模は?

平安京 ジオラマ

平安京 千年の礎を築いた都

 

「 平安京 」

なぜ, 京都に平安京ができたんでしょうか ? そして, 平安京とは, 一体, どんな都だったんでしょうか ? 場所や規模, そして, 現代の地図に当てはめてみます。

最初に, 京都に都が置かれた理由について見ていきます。

平安京 遷都の物語は, 平城京から始まる。

平安京へ遷都したのは奈良の平城京で即位した桓武天皇 ( かんむてんのう ) 。 でも, 平城京から京都の平安京へ遷都したわけじゃありません。 私も平城京から平安京へ遷都されたんだと思っていました。

延暦3年 ( 784 ) に, 平城京から長岡京 ( 京都府長岡京市 ) へ遷都し, たった10年後の延暦13年 ( 794 ) , 平安京へ遷都されました。

まずは, なぜ平城京から長岡京へ遷都されたのか ? 大まかな理由が2つあると考えられています。

なぜ平城京から長岡京へ

1. 桓武天皇 ( かんむてんのう ) 自らの系統を続けたい

ひとつは, 新しい都で自分と同じ血筋を続けたい。

奈良の平城京で新しく即位した桓武天皇 ( かんむてんのう ) は, 自分の父親 ( 光仁天皇 ) の系統 ( 天智天皇の系統 ) を新しい都の長岡京で続けていこうと考えたということ。

実は, 平城京へ移ってからは, 別の系統 ( 天武天皇の系統 ) が続いていました。 別の系統の天皇が治めていた平城京を離れたいと考えたのでしょう。

違う血筋が続いていた平城京は, めっちゃ嫌だったんでしょうね。

2. しがらみを断ちたい

もう一つには, 奈良の仏教勢力との決別。

奈良の平城京では災害や戦乱が度々起こったことで, 時の聖武天皇 ( しょうむてんのう ) は, ( 天武天皇系 : 桓武天皇とは別の系統 ) 仏教の教えも借りて, 世を治めていこうとしました。

ただ, 仏教勢力は自分たちの力を貸すだけではなく, 次第に政治にも口を出すようになってきたため, それらと縁を切るためにも, 桓武天皇は長岡京への遷都が必要と考えたよう。

そして, 784年に, 京都市の南西にある長岡京へ都が移されました。

これも良くわかる ! ! 会社でも代替わりしたら, 前の社長の代からの文句言ったり, 扱いづらい人間は嫌でしょうね (笑) でも, 本社をどこか別の場所に移すのと同じことだから, かなり思い切った行動ですね。

ちなみに, 後の平安京の遷都の際にも, 仏教勢力に力を持たせないため, 桓武天皇は, 官制寺院である東寺と西寺を例外として, 平安京の中に新しく寺を建立することを禁じました。 ほんまに, 嫌やったんでしょうね (笑)

平安京 遷都された理由とは ?

平安京 遷都 / 京都 ブログガイド

自らの系統を続けたい ! ! 仏教勢力と決別したい ! !

そんな強い気持ちで, 強引に平城京から長岡京へ遷都。 ところが, 約10年で平安京へ再び遷都。 な, な, な, なんで ? 

1. 祟りを恐れた ? !

桓武天皇は, 長岡京の造営責任者に「 藤原種継 ( ふじわらの たねつぐ ) 」という人物を選びました。 しかし, 種継は遷都に反対する何者かによって暗殺されてしまいます。

そして, 犯人の黒幕として疑われたのが, 長岡京遷都を反対していた勢力に利用されたかもしれない弟の早良親王 ( さわらしんのう ) 。

桓武天皇は, 早良親王を幽閉し, 淡路島へ左遷するよう命じます。 身に覚えのない早良親王は, 飲食を絶って無実を訴えましたが, 淡路島へ送られる途中で自分の無実をわかってもらえないまま, 非業の死を遂げてしまいます。

すると, 早良親王が亡くなった後で, 桓武天皇の周りで, たくさんの不幸等が続くことに。 人々は口々に, 無実を訴え亡くなった ” 早良親王の祟り ” だと恐れるようになりました。

ただ, 祟りだけを恐れて, 移ったばかりの長岡京から遷都をしたのかは疑問だけど, 昔の人は現代人の想像も及ばないくらい迷信等を信じていたようだから, 遷都の理由のうちの一つだったのかも。

実際, 平安京へ遷都してから, 桓武天皇は, 「 崇道神社 ( すどうじんじゃ ) 」という早良親王の祟りを鎮めるための神社を創建しています。 祟りが遷都の理由じゃなかったら, わざわざ神社を創建しないでしょうね。

2. 洪水に嫌気 ? !

もう一つの理由は, 洪水。

現在の京都府長岡京市辺りをみてもわかるけど, 桂川 ・ 宇治川 ・ 木津川の三河川が合流して淀川になっている辺りに位置しています。 昔は今の地図と流れもそれぞれ違っていたかも。 水には困らないけど, 雨が続くと水が溢れます。 実際に, 2度の洪水に見舞われたそう。

そのため, 都の造営も順調に進まず, 桓武天皇は再び遷都を考えたともいわれています。

延暦13年 ( 794 ) ,ついに平安京へ遷都

和気清麻呂 ( わけのきよまろ )

祟りへの恐れや洪水で, 都造りも順調に進まないことに頭を悩ませていた桓武天皇。

ここで登場してくるのが, 「 和気清麻呂 ( わけのきよまろ ) 」という人物。 平安京 遷都のもう一人の主人公。

護王神社 和気清麻呂がいなければ京都はなかった?!

” 早良親王の祟り ” と ” 洪水 ” に悩まされていた桓武天皇に, 和気清麻呂は, 葛野 ( かどの ) の地 ( 現在の京都市 ) への遷都を進言。 肥沃で, 交通の便も良い葛野を, 桓武天皇も気に入りました。

そして, 延暦13年 ( 794 ) , ついに, 「 平安京への遷都 」 が実現 ! ! ! !

以後, 千年以上の長きにわったって, 京都が都であり続けました。 感謝, 感謝。 

四神相応

一説には, 京都の地が選ばれたのには, 中国から伝わった ※ 風水の「 四神相応 ( しじんそうおう ) 」という考え方もあります。

※ 物の位置で気の流れを制御する思想で, 東西南北に神が存在すると, 繁栄するという考え方。

北は玄武 ( げんぶ ) , 東は青竜 ( せいりゅう ) , 南は朱雀 ( すざく ) , 西は白虎 ( びゃっこ ) 。

京都は, この考え方で行くと地理的にぴったりの場所。 北に船岡山, 南に ※ 巨椋池, 東に鴨川, 西に山陰道。 ※現在はありません。

ただし, 長岡京も 「 四神相応 」 で選ばれた土地だったでしょうに, 結局うまくいきませんでした。 やっぱり, 祟られたのかも。

平安京 どんな都だった?

平安京とは, 延暦13年 ( 794 ) に, 桓武天皇が長岡京 ( 現在の京都府長岡京市 ) から遷都した都。 現在の京都市。

鎌倉時代末期に, 内裏 ( だいり 天皇の住まい ) が現在の京都御所がある場所へ移るまで, 政治の中心は, 今の京都御所の西約1.5kmにある千本丸太町の交差点辺りにありました。

平安京 場所や規模は?

平安京 模型

規模は, 東西約4.5km, 南北約5.2km。 真ん中を通る朱雀大路の西が右京, 東が左京の左右対称の都市でした。 条坊制を採用し, 今の京都のように東西 ( 条 ) , 南北 ( 坊 ) の通りが碁盤の目のように配置されていました。

上の模型の写真を見ると一目瞭然。 綺麗な碁盤目ですね ! ! そして, かなり広範囲に造営された都だったことがわかります。

※上の写真は, 平安京創生館に展示されている平安京の模型。 縮尺は 1/1000スケールで, 10m × 11m。

平安京の場所を今の京都市の地図に当てはめると

青色の線内が平安京の場所。 緑の線内が平安京の大内裏 ( だいだいり ) 。 茶色の線内が内裏 ( だいり ) 。 ピンクの線が朱雀大路です。 平安京のあった場所に現在の京都市中心部がすっぽり入っています。

京都で10年以上も続いた応仁の乱で灰になってしまい平安京の跡形はほとんど残っていないけど, 当時使われていた道は今でも名前を変えて ( 同じ名前もあり ) 現存している場合が多いですね。 朱雀大路だったところは, 現在の千本通が通っています。

千本通 名前の由来, 実は恐ろしい。

※上の地図は, 平安京創生館で公開されている「 平安京跡イメージマップ 」を参考に制作。 多少の誤差は生じています。

平安京の内裏 ( だいり ) と大内裏 ( だいだいり )

平安京 内裏と大内裏

平安京の内側にある内裏 ( だいり ) と大内裏 ( だいだいり ) 。 羅城門から北へ延びるメインストリート 朱雀大路の行きつくところが, 大内裏です。

大内裏とは, オレンジの線に囲まれたエリアで, 平安京の中心部。 内裏 ( だいり 天皇の住まい ) や大極殿 ・ 朝堂院などの政庁を含む, 朱雀門から両側に延びる築地の大垣に囲まれているところ ( 平安宮 ) 。

大内裏 関連の史跡について

内裏とは, 紫の線に囲まれたエリアで, 天皇が住み, 儀式や執務などを行う宮殿のこと。 天皇のお住まいですね。

内裏 関連の史跡について

平安京>大内裏 ( 平安宮 )>内裏 ( 天皇の住まい )

平安京 関連情報

平安京の観光

遷都された当時は, 千本丸太町辺りに平安京の政治の中心がありました。 この辺りを歩くと, そこらじゅうに史跡が点在しています。住宅街の中に突然, ” 碑 ” があったりします(^^) 当時に思いをはせながら散策してみるのもいいですね。

平安京 観光 住宅街にひっそり佇む平安京跡

平安京創生館

無料だし, どんなもんかなーって, あまり期待せずに行ったけど, 想像以上。 嬉しい誤算 (^^) 平安京のジオラマは一見の価値あり ! ! ! !

六勝寺についても, 初めて存在を知りました。 九重塔は, 東寺の五重塔を遥かにしのぐ建築物であるということを知って新鮮な驚きでした。 そして,「 洛中洛外図屏風 ( 上杉本 ) 」も印象的。

めっちゃいい展示物があるんだから, もっと, どんどんアピールして, たくさんの人に見てもらったら良いのになー。 なんせ, 無料だし ! 見所いっぱいの「平安京創生館」は, 歴史好きには特にオススメです ! !

平安京創生館 ( 千本丸太町から徒歩約3分 )

平安京創生館ホームページ ( 平安宮跡散策マップダウンロードあり )
所在地 : 京都府 京都市 中京区 丸太町通七本松西入 京都市生涯学習総合センター ( 京都アスニー ) 1階
電話 : 0 7 5 - 8 1 2 - 7 2 2 2
展示時間 : 1 0 : 0 0 ~ 1 7 : 0 0 ( 入場は16:50まで ) ※入館無料 ! !
定休日 : 火曜日 ( 祝祭日の場合はその翌日 ) ・ 年末年始

平安京 まとめ

平安京とは, 今の京都を形作ってきた都。 京都が碁盤の目のような町並みになっているのも, 条坊制で形成された平安京の名残。 とにかく, 千年の礎を築いた都ですね。

そして, 大好きな京都を楽しめるのも, 桓武天皇が京都の平安京へ遷都してくれたお陰 (^^) 感謝, 感謝。

今では平安京の跡形も残っていないけど, 千本丸太町周辺へ行けば, 当時あった建物跡に建つ石碑などが往時を偲ばせてくれます。

当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報, サービス等について一切の責任を負いません。
また当サイトのコンテンツ・情報について, できる限り正確な情報を提供するように努めていますが, 正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもあります。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA