神護寺 京都 紅葉のトップバッター ここでも登場、和気清麻呂。

神護寺7 / 京都ブログガイド

 

神護寺

 

神護寺は、京都の代表的な

紅葉スポットの一つです。

京都市街から離れた高雄の

山の中腹にあるため

京都の紅葉スポットの中でも

最初に紅葉が始まってきます。

 

神護寺16 / 京都ブログガイド

 

高雄バス停前の

階段を下っていきます。

 

ここも紅葉が綺麗で

期待感が高まりますね。

 

神護寺17 / 京都ブログガイド

 

少し急な坂道を

清滝川目指して降りていきます。

 

神護寺18 / 京都ブログガイド

 

清滝川に架かる

高雄橋です。

 

この橋を渡ると

神護寺参道入口はすぐです。

 

神護寺の参道前には、

清滝川の清らかな流れがあり、

夏には納涼床も開催されます。

 

清滝川沿いの紅葉も美しく、

川沿いを散策するだけでも

綺麗な紅葉を楽しめます。

 

また、

ここから約5分歩くと西明寺です。

 

京都 代表的な紅葉スポット

 

神護寺1 / 京都ブログガイド

 

参道の入り口から

坂が続きます。

約10分で、楼門です。

ちょっときついかもしれませんが、

ゆっくり登っていきましょう。

 

神護寺3 / 京都ブログガイド

 

楼門の直前の坂の前にある

硯石亭あたりから

先ほど下ってきた辺りを見てみると・・・・、

 

神護寺4 / 京都ブログガイド

 

こんな感じです。

2017年11月6日に撮影しました。

 

駐車場の係員の人に聞きましたが、

11月15日辺りが紅葉の見頃だそうです。

まだまだ紅葉の見頃には早かったです。

 

ただ、

紅葉の見頃には、

ここからの景色は

かなり綺麗です。

 

高雄のバス停辺りから

下ってきた辺りの紅葉が

ここから見渡すことができます。

 

絶景ポイントなので

是非チェックしてください。

 

参道を登ってきた辛さが、

ひととき癒されます。

 

神護寺5 / 京都ブログガイド

 

楼門までの

最後の階段です。

もうひと踏ん張りです。

 

楼門

神護寺6 / 京都ブログガイド

 

神護寺の楼門です。

楼門左に拝観券の購入所があります。

中学生以上600円、小学生300円。

神護寺ホームページ

 

神護寺7 / 京都ブログガイド

 

内側から楼門外の眺め。

本当に綺麗な光景です。

 

一生懸命、

登ってきた疲れが癒されます。

 

神護寺8 / 京都ブログガイド

 

山寺なのに

平地をうまく利用して

建物が配置されています。

 

そこかしこに紅葉があり、

広い寺域の中で、

解放感を味わいながら、

ゆったり、のびのび、

綺麗な紅葉を楽しむことができます。

 

神護寺9 / 京都ブログガイド

 

楼門をくぐると、

一気に視界が開けます。

 

今まで山道を登ってきたのが

嘘のような光景が広がります。

 

和気公霊廟

神護寺10 / 京都ブログガイド

 

※和気公霊廟あたりの紅葉が、

一番華やかでした。

 

和気清麻呂(わけのきよまろ)平安京造営の最高責任者

 

神護寺11 / 京都ブログガイド

 

 

金堂

神護寺12 / 京都ブログガイド

 

金堂へ登る階段。

神護寺 紅葉のハイライトです。

 

神護寺13 / 京都ブログガイド

金堂

 

神護寺は、

高野山真言宗の別格本山で、

天応元年(781)に建立され、

 

和気清麻呂が、

河内国(現在の大阪府)に

建てた神願寺を

天長元年(824)に、

この地に移しました。

 

応仁の乱などで

一時衰退しましたが、

豊臣・徳川によって修営され、

現在に至っています。

 

神護寺14 / 京都ブログガイド

 

中国(唐)から帰って来た

空海(弘法大師)が

14年間住持しました。

 

神護寺15 / 京都ブログガイド

 

神護寺では、

夜間拝観も行われています。

期間  11月5日(日)~19日(日)

時間  17:00~19:00(参道は20:00まで)

拝観料 800円

 

神護寺ホームページ

所在地:京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地

電話:075-861-1769

人気のある記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA