京都 桜 洛東 哲学の道 2018 地元では、関雪桜と呼ばれています。

京都 桜 洛東 哲学の道 5 / 京都 ブログ ガイド

 

京都 桜 洛東 哲学の道

 

大正時代、

哲学者の西田幾多郎 ( きたろう ) が

好んで散策したことから

 

「 哲学の道 」と

呼ばれるようになりました。

 

若王子橋から銀閣寺橋の約2kmの間に

琵琶湖疎水の分線沿いに

遊歩道が整備されています。

 

地元では、 関雪桜と呼ばれています。

 

京都 桜 洛東 哲学の道2 / 京都 ブログ ガイド

 

この 哲学の道 沿いに咲く桜は、

「 関雪桜 」とも呼ばれています。

 

橋本関雪

 

橋本関雪 ( 1883 ~ 1945 ) は、

明治時代後半から昭和20年まで

数多くの名作を残した

近代日本画の巨匠です。

 

哲学の道の西側に建つ

「 白沙村荘 ( はくさそんそう ) 」は、

庭園や建物も関雪自らが手掛けた邸宅で

橋本関雪記念館として公開されています。

 

なぜ 、関雪桜と呼ばれているのか ?

 

橋本関雪が画家として大成するまで、

かなり苦労をしたようです。

 

そのため妻の ” よね  ” が少しずつ

「 へそくり 」をしていました。

 

但し思っていたよりも早く画家として

身を立てられるようになってきたので、

貯めていた「 へそくり 」が

必要なくなってきたそうです。

 

その使い道を考えていたところ、

何かの記念に使うべきでは、

ということになりました。

 

京都 桜 洛東 哲学の道3 / 京都 ブログ ガイド

 

だったら、 そのへそくりで哲学の道に

桜を植えようということになりました。

 

その後も

関東大震災の慰霊のためや

妻の ” よね  ” が

亡くなってしまったためになど、

 

ことあるごとに

哲学の道に桜を植えていきました。

 

夫婦の思いが入った哲学の道の桜は、

いつの頃からか「 関雪桜 」と

呼ばれるようになりました。

 

今、

私たちが哲学の道で桜を楽しめるのも、

橋本関雪と妻の ” よね  ” のお陰ですね。

 

哲学の道を散策

 

清流亭の桜 」を見た後に、

住宅街の中をすり抜け、

永観堂の前を通って

「 哲学の道 」へ向かいます。

 

京都 桜 洛東 哲学の道1 / 京都 ブログ ガイド

 

「 哲学の道 」の南の端から

( 若王子橋の方から )

入っていきます。

 

満開の桜が出迎えてくれます。

哲学の道は横に琵琶湖疎水の分線が流れ

桜の雰囲気を一層引き立ててくれます。

 

京都 桜 洛東 哲学の道4 / 京都 ブログ ガイド

 

余談ですが、

6月頃にはこの小川には蛍が舞います。

 

銀閣寺が近づいて来るにつれ、

人が増えてきます。

 

「 哲学の道 」は銀閣寺の方から

入るのが一般的なので、

仕方がないですね。

 

人の少ないオススメスポット

 

この辺りは人が多いんですが、

オススメスポットもあります。

 

白川通を渡って、

西 ( 鴨川 ) の方へ行きましょう。

 

白川通から向こうへも疏水が続き、

桜も同じように続いています。

 

京都 桜 洛東 哲学の道6 / 京都 ブログ ガイド

 

でも観光客は白川通を渡ってまで

桜を見に来ないので、

人はかなり少なくなります。

 

ラーメンの「 ますたに 」に来る

観光客くらいじゃないでしょうか。

 

人は少ないですが、

桜はちゃんと咲いているので

心配ありません。

 

ゆったり歩きながら

楽しむことができますよ。

 

もし、 もう少し余裕があるとしたら、

疏水に沿って歩いて行ってください。

 

京都 桜 洛東 哲学の道7 / 京都 ブログ ガイド

 

その先疎水は住宅街の中を流れていて、

疏水沿いに桜が咲いているので、

私たちを楽しませてくれます。

 

そして地元の人だけなので、

観光客は皆無です !

 

北白川伊織町の枝垂れ桜

 

めぞん一刻の桜2 / 京都 ブログ ガイド

 

住宅街の桜を楽しみながら

進んでいくと、

 

北白川伊織町の枝垂れ桜の場所に

たどり着きます。

 

疎水沿いの桜が

途切れるのがこの辺りです。

 

「 哲学の道 」の桜を楽しんでいて、

 

「この桜はどこまで続いているんやろ?」

と思って進んでいくと見つけたのが、

この枝垂れ桜です。

 

今年は、

少し早かったようです。

満開とはいきませんでした。

 

めぞん一刻の桜1 / 京都 ブログ ガイド

 

まるでめぞん一刻のような

アパートに咲いているので、

 

「 めぞん一刻の桜 」って、

 

勝手に命名しています。

とにかく迫力があり、

見事な枝垂れ桜です。

 

初めて見つけてから毎年見に訪れています。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA