MENU
カテゴリー

五山送り火 鑑賞プラン2024 京都の夏の風物詩をホテルから鑑賞

五山送り火 鑑賞プラン / 京都観光旅行ガイド

京都の夏の風物詩といえば, 8月16日に行われる「五山送り火」。

「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の5つの文字が夜の京都に浮かび上がります。

今回は、京都の五山送り火鑑賞プランのあるホテルを紹介します。

五山送り火がホテルから見えるんです!!

五山送り火鑑賞プランを販売しているホテルを探す時の手間省きと時間削減に役立ててください。

この記事を書いている人
プロフィールアバター / 京都ブログガイド
  • 学生時代から京都大好き
  • 20年以上京都・大阪で観光関係の仕事
  • 今は家族の理由で大阪在住。
  • その前は祇園祭の鉾町在住。
  • 一児の父さん。
目次

京都 五山送り火について

お盆に帰ってきたご先祖様を冥府へ送る伝統行事。

「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の5つの文字が夜の京都に浮かび上がります。

これら5つの送り火はすべて京都市登録無形民俗文化財に指定されています。

点火時間

・大文字:20:00
・妙法:20:05
・船形:20:10
・左大文字:20:15
・鳥居形:20:20

点火の順番について

東山の大文字から順番に点火するのは冥府へお帰りになる魂への道しるべ。

西方浄土へ魂を送るという意味があります。

・亡くなった人が向かう「西方浄土」へ向いている東山の『大文字』が最初に点火。
・次に点火される「妙法」の読経によって死者の魂は鴨川を渡られる。
・鴨川を渡るのには船がいるから、その次の船形に火が点いて鴨川を渡るための「船」がお出迎え。
・最後の鳥居形に火が点り、西方浄土へ向かわれる魂の道しるべの門が開く。

五山送り火の点火の順番には意味があるんですね。

ちなみに、左大文字はその起源に関する伝承等は不明。

御所の池に写った東山の大文字の姿を映した等の俗説が伝わるのみ。

京都ブライトンホテル

京都ブライトンホテルの詳細

京都御所の西 閑静な住宅街にあるのが「京都ブライトンホテル」。

ワンランク上のホテルで優雅なひとときを過ごすことができます。

夕食後に京都ブライトンホテルの屋上から送り火を鑑賞できるプランを販売しています。

プラン

【五山の送り火】夏のおすすめディナープラン〜1泊2食付き(ご夕食は洋食レストランにて)〜
【五山の送り火】夏のおすすめディナープラン〜1泊2食付き(ご夕食は京懐石「螢」にて)〜
【五山の送り火】夏のおすすめディナープラン〜1泊2食付きご夕食は中国料理「かかん」にて)〜
【五山の送り火】夏のおすすめディナープラン〜1泊2食付き(ご夕食は鉄板焼「燔」にて)〜

※プランの多い場合は2ページ目以降に掲載されている場合があり

※プランがすでに満室の場合があります。
※予約サイトでプラン名が異なる場合があります。

京都山科 ホテル山楽

京都山科 ホテル山楽

五山送り火の大文字鑑賞と鴨川納涼床を一緒に楽しむ夢のようなプランを販売しているのが「京都山科 ホテル山楽」。

JR京都駅から新快速利用でひと駅5分の「山科駅」地下道直結で徒歩1分です。

「京都山科 ホテル山楽」の五山送り火プランは, ホテルで楽しむわけじゃありません。

鴨川納涼床で楽しむんです ! !

プラン

【五山の送り火にお席を確保】鴨川・納涼床を満喫!京料理「梅むら」にて懐石料理

8/16に鴨川納涼床で食事をしながら五山送り火の「大文字」を鑑賞できます ! !

どんなコネクションがあるか知らないけど, 五山送り火の日に鴨川納涼床の席の確保はなかなかできる事じゃない。

めっちゃ貴重です。

※プランの多い場合は2ページ目以降に掲載されている場合があり

※すでに満室の場合があります。

京都山科 ホテル山楽 アクセス

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次