京の逸品 歴史・伝統・文化を受け継ぐ “ええもん”

京の逸品 伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド

京の逸品

 

「 京の逸品 」

京都には何百年も続いているお店がゴロゴロ。 創業100年位では, 驚きも少なめ。

何せ, 日本で一番古い飲食店の「 一文字屋和輔  ( いちもんじやわすけ ) 」は, 創業は1000年 ( 長保2年 ) ! ! ! ! 開業したのは, なんと平安時代です (笑)

長く続いているものには, やはり意味がある。 そんな京都の歴史 ・ 伝統 ・ 文化を受け継いでいて, ちょっと気に入った ” ええもん ” を紹介していきます。

京の逸品 京都西陣 伴戸商店 和柄マスク

市松柄マスク 黒緑 大人用 通年タイプ 900円

京の逸品 伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド

京都西陣 伴戸商店は, 20000種類以上の伝統的な柄を保有する生地問屋。

2020年の春からマスクを販売していたようだけど, 「 鬼滅の刃 」 新刊発売に合わせてツイートしたら, 登場人物の着物の柄にそっくり ! ということで大反響。

ネットニュースにもなり, それを見たのがきっかけで, 伴戸商店 和柄マスクを購入。

それまでは, 「 鬼滅の刃 」のことは耳にしたことはあったけど, 余り興味はありませんでした。 元々, 緑色が好きだから, この緑の市松模様のマスクが気に入りました。

1枚だけだと, 洗濯しているときに, 使えないから, 結局, 3つ買うことに。 値段も手頃だし (^^)

ヨロイ織マスク 縫製タイプ 900円

京の逸品 伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド

乱菊桜マスク 白通年 タイプ900円

京の逸品 伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド
伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド

紐は長めだから, 自分で調節。

伴戸商店 和柄マスク / 京都 ブログ ガイド

裏はこんな感じ。

内側に別布が縫製されているから, 着け心地は, ○

購入したのはすべて通年タイプだけど, 夏は当然暑い。 内側にかなり汗をかく。 夏用の冷感タイプを購入するか, 他の薄いマスクをした方がいいですね。

最初の頃は, マスクの柄の種類も少なかったけど, 今では, より複雑でお洒落な柄も登場 !

4つ目も欲しくなってきている今日この頃 (^^)

伴戸商店online shop

和柄マスク以外の小物も販売。

人気のある記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA