京都 桜 洛東 哲学の道 2018 地元では、関雪桜。

京都 桜 洛東 哲学の道 5 / 京都 ブログ ガイド

京都 桜 洛東 哲学の道

 

「 京都 桜 洛東 哲学の道 」

大正時代、哲学者の西田幾多郎 ( きたろう ) が好んで散策したことから

「 哲学の道 」と呼ばれるようになりました。

若王子橋から銀閣寺橋の約2kmの間に琵琶湖疎水の分線沿いに遊歩道が整備されています。

地元では、 関雪桜と呼ばれています。

京都 桜 洛東 哲学の道2 / 京都 ブログ ガイド

この 哲学の道 沿いに咲く桜は、「 関雪桜 」とも呼ばれています。

橋本関雪

橋本関雪 ( 1883 ~ 1945 ) は、明治時代後半から昭和20年まで数多くの名作を残した近代日本画の巨匠です。

哲学の道の西側に建つ「 白沙村荘 ( はくさそんそう ) 」は、庭園や建物も関雪自らが手掛けた邸宅で橋本関雪記念館として公開されています。

なぜ 、関雪桜と呼ばれているのか ?

橋本関雪が画家として大成するまで、かなり苦労をしたようです。

そのため妻の ” よね  ” が少しずつ「 へそくり 」をしていました。但し思っていたよりも早く画家として身を立てられるようになってきたので、貯めていた「 へそくり 」が必要なくなってきたそうです。

その使い道を考えていたところ、何かの記念に使うべきでは、ということになりました。

京都 桜 洛東 哲学の道3 / 京都 ブログ ガイド

だったら、 そのへそくりで哲学の道に桜を植えようということになりました。

その後も関東大震災の慰霊のためや妻の ” よね  ” が亡くなってしまったためになど、ことあるごとに哲学の道に桜を植えていきました。

夫婦の思いが入った哲学の道の桜は、いつの頃からか「 関雪桜 」と呼ばれるようになりました。

今、私たちが哲学の道で桜を楽しめるのも、橋本関雪と妻の ” よね  ” のお陰ですね。

哲学の道を散策

清流亭の桜 」を見た後に、住宅街の中をすり抜け、永観堂の前を通って「 哲学の道 」へ向かいます。

京都 桜 洛東 哲学の道1 / 京都 ブログ ガイド

「 哲学の道 」の南の端から( 若王子橋の方から )入っていきます。

満開の桜が出迎えてくれます。哲学の道は横に琵琶湖疎水の分線が流れ桜の雰囲気を一層引き立ててくれます。

京都 桜 洛東 哲学の道4 / 京都 ブログ ガイド

余談ですが、6月頃にはこの小川には蛍が舞います。

銀閣寺が近づいて来るにつれ、人が増えてきます。「 哲学の道 」は銀閣寺の方から入るのが一般的なので、仕方がないですね。

人の少ないオススメスポット

この辺りは人が多いんですが、オススメスポットもあります。

白川通を渡って、西 ( 鴨川 ) の方へ行きましょう。

白川通から向こうへも疏水が続き、桜も同じように続いています。

疎水沿いの桜 / 京都 ブログ ガイド

でも観光客は白川通を渡ってまで桜を見に来ないので、人はかなり少なくなります。

ラーメンの「 ますたに 」に来る観光客くらいじゃないでしょうか。人は少ないですが、桜はちゃんと咲いているので心配ありません。ゆったり歩きながら楽しむことができますよ。

もし、 もう少し余裕があるとしたら、疏水に沿って歩いて行ってください。

疎水沿いの桜 / 京都 ブログ ガイド

その先疎水は住宅街の中を流れていて、疏水沿いに桜が咲いているので、私たちを楽しませてくれます。

そして地元の人だけなので、観光客は皆無です !

北白川伊織町の枝垂れ桜

めぞん一刻の桜2 / 京都 ブログ ガイド

住宅街の桜を楽しみながら進んでいくと、北白川伊織町の枝垂れ桜の場所にたどり着きます。

疎水沿いの桜が途切れるのがこの辺りです。「 哲学の道 」の桜を楽しんでいて、「この桜はどこまで続いているんやろ?」と思って進んでいくと見つけたのが、この枝垂れ桜です。

今年は、少し早かったようです。満開とはいきませんでした。

めぞん一刻の桜1 / 京都 ブログ ガイド

まるでめぞん一刻のようなアパートに咲いているので、「 めぞん一刻の桜 」って、勝手に命名しています。

とにかく迫力があり、見事な枝垂れ桜です。初めて見つけてから毎年見に訪れています。

哲学の道 アクセス

・ 白川今出川から南下する場合
市バス5系統 ・ 17系統 ・ 32系統 ・ 100系統 ・ 102系統 ・ 203系統 ・ 204系統乗車にて, 「 銀閣寺道 」バス停下車, 徒歩約1分。

・ 若王子橋から北上する場合
市バス5系統 ・ 17系統 ・ 100系統 ・ 102系統 ・ 203系統乗車にて, 「 東天王町 」 バス停下車, 徒歩約10分。

哲学の道 散策ポイント

私は自転車で南の若王子橋から北上していくけど, 2km以上歩くのはしんどいから, 全行程を歩く必要もないです。 どちらかといえば北の方が桜の密度が濃いから, 「 銀閣寺道 」バス停で下車して, 散策するのが良いと思います。 銀閣寺や橋本関雪記念館も近くだし。

人混みをなるべく避けたいのなら, 南の若王子橋から進むのが良いでしょう。 秋は永観堂から流れてくる人が多いけど, 春は南禅寺から歩いてくる人は少ないから。

近くの観光スポット

銀閣寺

正式名称を 「 東山慈照寺 」 といい, 相国寺の塔頭寺院の一つ。 室町幕府八代将軍 足利義政によって造営されました。 銀閣 ・ 銀沙灘 ( ぎんしゃだん ) などの造形物も確かに良いものだけれど, それ以上に印象的だったのは, 庭園。素晴らしく手入れの行き届いた美しい庭園に包み込まれて, 造形物が一層輝きを増し, 見るものを感動させてくれます。

銀閣寺 ( 哲学の道の北端付近にある銀閣寺橋から徒歩約3分 )

永観堂

京都の紅葉スポットとしては指折りなのが, 永観堂。 放生池の周辺に紅葉が散りばめられ, 見るものを魅了させてくれます。 紅葉だけが注目されがちだけど, 山の斜面を利用した境内の建物も, ゆっくり時間をかけてみる価値ありです。

永観堂 ( 哲学の道の南端にあるから若王子橋から徒歩約4分 )

近くのグルメ

ローストチキンダイニング 吉田チキン

鶏の旨味を満喫できます。 皮は薄く柔らかで、” しっとり ” 。 皮独特の香ばしい味わいとスパイス感がたまりません。 肉も薄く塩味がして、 そのままでも美味しくいただけます。

普段なかなかお目にかかれない鶏の丸焼きに違和感を感じながらも、 美味しくいただけました。

ローストチキンダイニング 吉田チキン ( 白川今出川から徒歩約7分 )

近くのラーメン屋

中華そば ますたに

白川今出川から徒歩約1分にあるのが, 「 中華そば ますたに 」。

創業が昭和23年( 1948 )

背油ちゃっちゃの京都ラーメンといえば「 中華そば ますたに 」。 昔から変わらず美味しい京都ラーメン ( 中華そば ) を提供してくれています。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA