応仁の乱 東陣 史跡めぐり 忘れ去られた、名前を辿る。

京都 東陣跡7/京都 ブログガイド

応仁の乱 東陣 史跡めぐり

 

京都 応仁の乱 史跡めぐり で

行っていなかった東陣、

他へ行ってきました。

 

「東陣 史跡めぐり」の前に

 

京都市上京区役所に行けば、

東陣のMapなどが置いてあります。

 

京都市上京区役所ホームページ

京都市 上京区 今出川通室町西入 堀出シ町 285番地

電話 : 075-441-0111( 代 )

 

※緑マークが今回行ったところです。

 

呼び名がなくなってしまった東陣

 

西陣は、

西陣織の発展とともに、

今日まで

呼び名が残ってきたと思います。

※ 個人的な意見です。

 

東陣は、

歴史の流れの中で、

消え去ってしまいました。

 

西陣織のような、

商業的に成功したものが

東陣辺りにあれば、

そのまま地名として

残っていたのでしょうか?

 

これは、本当に

変な考え方かもしれませんが。

 

「 ひがしじん 」って

言いにくいんです。

ゴロが悪いというか、

なんというか。

一文字多いというか、

なんというか・・・・。

 

思い切って、

”ひ”を取って、

「 がしじん 」にしてくれたら

めっちゃ言いやすいのに( 笑 )

 

逆に、

「 にしじん 」は

言い易いんですよね。

 

実際に住んでいた人たちが、

「 ひがしじん 」って

呼びにくいから、

消えていったような気もします。

 

応仁の乱 東陣1/京都 ブログガイド

 

公園の一角に

説明の碑が建てられています。

 

東軍総大将 細川勝元邸

 

応仁の乱 東陣2/京都 ブログガイド

 

 

応仁の乱 東陣3/京都 ブログガイド

 

 

応仁の乱 東陣4/京都 ブログガイド

 

 

応仁の乱 東陣5/京都 ブログガイド

 

道の右側すべてが

細川勝元の邸宅だったようです。

 

ぐるっと、

邸宅跡を回ってみましたが、

細川勝元邸跡のような

石碑も建っていませんでした。

山名宗全邸跡はありますから、

さびしい感じがします。

 

上京区に頑張ってもらって、

東陣の説明碑とは別に

細川勝元邸跡の碑を

建ててほしいものです。

 

応仁の乱 東陣6/京都 ブログガイド

 

上杉本洛中洛外図屏風

に描かれている

細川氏の邸宅「 細川殿 」

 

応仁の乱勃発の地

 

応仁の乱 東陣 応仁の乱勃発の地1/京都 ブログガイド

 

御霊神社の西門前に

石碑が立っています。

 

応仁の乱 東陣 応仁の乱勃発の地2/京都 ブログガイド

 

文正二年( 1467 )正月十八日朝、

この付近の御霊の森

( 上御霊神社境内 )で

応仁の乱は始まってしまいました。

 

前日の十七日深夜、

畠山政長( まさなが )は

自らの屋敷を焼き、

約二千の兵を率いて

ここに布陣しました。

 

畠山政長と激しく家督を争っていた

畠山義就( よしなり )が

兵三千で攻撃を仕掛け、

 

十八日は

終日激しい戦闘が続きました。

 

義就方には、

朝倉孝景と山名宋全の命令で

山名政豊が味方に付いていましたが、

政長方には頼みにしていた

細川勝元の助勢がなく、

丸一日の合戦で、

政長方退却しました。

 

これが、

応仁の乱最初の合戦でした。

 

その年の三月に

年号が「 応仁 」に改められ、

細川・山名の両陣営は、

それぞれに味方を集め、

五月から

京都市上京区辺りを中心にして、

東西両軍の全面戦争に

突入してしまいました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA