京都 応仁の乱 史跡めぐり 東陣 / 京都 ブログガイド

京都 東陣跡7/京都 ブログガイド

 

京都 応仁の乱 史跡めぐり で

行っていなかった東陣、

他へ行ってきました。

※緑マークが今回行ったところです。

 

 

呼び名がなくなってしまった東陣

 

西陣は、

西陣織の発展とともに、

今日ま呼び名が残ってきたと思います。

※個人的な意見です。

 

東陣は、

歴史の流れの中で、

消え去ってしまいました。

西陣織のような、

商業的に成功したものが東陣辺りにあれば、

そのまま地名として残っていたのでしょうか?

 

これは、

本当に変な考え方かもしれませんが・・・・。

 

「ひがしじん」って

言いにくいんです。

ゴロが悪いというか、なんというか。

一文字多いというか、なんというか・・・・。

 

思い切って、

”ひ”を取って、

「がしじん」にしてくれたら

めっちゃ言いやすいのに(笑)

 

逆に、

「にしじん」は言い易いんですよね。

 

実際に住んでいた人たちが、

「ひがしじん」って

呼びにくいから、

消えていったような気もします。

 

京都 東陣跡1/京都 ブログガイド

 

公園の一角に

説明の碑が建てられています。

 

京都 東陣跡2/京都 ブログガイド

 

 

京都 東陣跡3/京都 ブログガイド

 

 

京都 東陣跡4/京都 ブログガイド

 

 

京都 東陣跡5/京都 ブログガイド

 

道の右側すべてが

細川勝元の邸宅だったようです。

 

ぐるっと、

邸宅跡を回ってみましたが、

細川勝元邸跡のような

石碑も建っていませんでした。

山名宗全邸跡はありますから、

さびしい感じがします。

 

上京区に頑張ってもらって、

東陣の説明碑とは別に

細川勝元邸跡の碑を

建ててほしいものです。

 

京都 東陣跡6/京都 ブログガイド

 

上杉本洛中洛外図屏風

に描かれている

細川氏の邸宅「細川殿」

 

応仁の乱勃発の地

 

応仁の乱勃発の地1/京都 ブログガイド

 

御霊神社の西門前に

石碑が立っています。

 

応仁の乱勃発の地2/京都 ブログガイド

 

応仁の乱勃発の地3/京都 ブログガイド




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA