京都 ブログ ガイドは、京都 観光 旅行 グルメ情報をブログで発信中。

じゃらんニュースに京都 ブログ ガイドの記事が採用!

平安京 遷都 そもそも、なんで京都が都に。

平安京 遷都 / 京都 ブログガイド

 

平安京 遷都

 

そうなんです。

そもそも、

なんで京都に都が来たんでしょうか?

 

なんで京都が都に。

 

千本丸太町辺りを

自転車で通っていると、

平安京の内裏跡が多くあります。

 

その時、ふと思ったんです。

「なんで、京都へ都が来たんやろか?」

って。

 

学生の時、

日本史の試験のために

無理やり覚えていましたが、

 

もう一度、

調べてみようと思いました。

 

まずは、平城京。

 

和銅3年(710)に、

※藤原京から平城京へ

都が移されました。

※奈良県橿原市と明日香村にあった飛鳥時代の都

 

当時の最先端都市である

唐(中国)の長安を模して、

都が造られました。

 

東西約4.3km、南北約4.8km、

総面積は約2,500ヘクタール。

 

メインストリートの朱雀大路は

 

なんと、

 

道幅が約74mもあったそうです。

 

近鉄電車で奈良へ行くときに、

新大宮(奈良の一つ手前の駅)を

過ぎると、車窓の両側に、

平城京跡が広がってきます。

 

電車内から朱雀門や、羅城門、

平城京跡(広い野原)が

見ることができます。

 

当時としては、

桁外れの都でしたが、

 

延暦3年(784)に

長岡京に遷都されました。

 

私のイメージでは

平城京はもっと長い期間、

都だったと思ってたんですが、

74年間でした。

 

なぜ平城京から長岡京へ

 

大まかな理由が2つあると

考えられています。

 

自らの系統を続けたい

 

ひとつは、

新しく即位した桓武天皇は、

自分の父親(光仁天皇)の

系統(天智天皇の系統)を

新しい都で続けていこうと考えた。

 

平城京へ移ってからは、

別の系統(天武天皇の系統)が

長く続いていました。

 

別の系統の天皇が

治めていた都を離れたいと

考えたかもしれません。

 

しがらみを断ちたい

 

もう一つには、

奈良の仏教勢力との決別。

 

災害や戦乱が度々起こったことで、

時の聖武天皇は、

(天武天皇系:桓武天皇とは別の系統)

 

仏教の教えも借りて、

世を納めていこうとしました。

 

やがて、

東大寺や興福寺などの

仏教勢力が政治にも

口を出すようになってきたため、

 

それらと縁を切るためにも

桓武天皇は遷都が必要と

考えたようです。

 

そして、784年に

京都市の南西にある

長岡京へ都が移されました。

 

なぜ長岡京から平安京へ

 

祟りを恐れた?!

 

桓武天皇は、

長岡京の造営責任者に

藤原種継を選びました。

 

しかし、種継は何者かによって

暗殺されてしまいました。

 

犯人の黒幕として疑われたのが、

長岡京遷都を反対していた

勢力に利用されたかもしれない

弟の早良(さわら)親王でした。

 

桓武天皇は、

早良親王を幽閉し、

淡路島へ左遷するよう命じます。

 

早良親王は、

飲食を絶って無実を訴えましたが、

 

淡路島へ送られる途中で

亡くなってしまいます。

 

早良親王が亡くなった後で、

桓武天皇の周りで、

たくさんの不幸が続いたために、

 

人々は早良親王の祟りだと

恐れるようになりました。

 

祟りだけを恐れて

移ったばかりの長岡京から

遷都をしたのかは疑問ですが、

 

昔の人は

現代人の想像も及ばないくらい

迷信等を信じていたようなので、

遷都の理由のうちの一つ

だったかもしれません。

 

洪水に嫌気?!

 

現在の長岡京市辺りをみても

わかりますが、

 

淀川・宇治川・木津川の三河川が

合流している辺りに位置しているので

 

実際に、

2度の洪水に見舞われたそうです。

 

そのため、都の造営も順調に進まず

桓武天皇は再び遷都を

考えたといわれています。

 

和気清麻呂

 

ここで、登場してくるのが、

和気清麻呂(わけのきよまろ)。

 

”早良親王の祟り”と”洪水”に

悩まされていた桓武天皇に

 

和気清麻呂は、

葛野(かどの)の地(京都)への

遷都を提案します。

 

肥沃で、交通の便も良い葛野を、

桓武天皇も気に入り、

 

延暦13年(794)、ついに、

平安京 遷都 が実現します。

 

四神相応(しじんそうおう)

 

京都の地が選ばれたのは、

中国から伝わった※風水の

 

「四神相応」

 

という考え方があります。

※物の位置で気の流れを制御する思想

 

東西南北に神が存在すると、

繁栄するという考え方です。

 

北は玄武(げんぶ)、

東は青竜(せいりゅう)、

南は朱雀(すざく)、

西は白虎(びゃっこ)。

 

京都は、この考え方で行くと

地理的にぴったりの場所。

 

北に船岡山、南に※巨椋池、

東に鴨川、西に山陰道。

※現在はありません。

 

結果、1000年以上、

京都に都が置かれました。

 

ただし、

長岡京も「四神相応」で選ばれた

土地だったでしょうに、

結局うまくいきませんでした。

 

やはり、

祟られたのかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA