違いが判る 「おこしやす」と「おいでやす」 / 京都 ブログガイド

新橋辺り/京都 ブログガイド

 

仕事で、

京都の旅館の社長さんと話をする機会があるんですが、

まだ大阪に住んでいて、

京都での仕事が間もない時に、

「おこしやす」と「おいでやす」の違いはなんですか?

って聞いたことがあります。

その社長は、

「※逢坂山(おうさかやま)を越してくるお客さんやから、“おこしやす”やで。」

って言ったのを覚えています。

 

京都へ来るお客さんが東京や関東地方の人が多いからか、

昔の江戸から上方へくるお客さんを前提にしているのか。

逢坂山を越えてまで、

わざわざ遠路はるばる来てくれてありがとうございます。

っていう気持ちが含まれているのでしょう。

※逢坂山は滋賀にあり、京都との境近くにある山

 

 

京都の旅館では、

たいがいチェックイン時に、

宿泊客が旅館に入ってくると

「おこしやす」って言っていますね。

「おいでやす」っていうのは、

あまり聞いたことがありません。

 

なので、予約をしている場合や、

遠くからやってきた人に対しては

「おこしやす」を使う傾向があります。

 

一方で、

予約をせずに

一見(いちげん)さんで入ってくるお客さんに対しては、

「おいでやす」になるのではないでしょうか?

 

この辺の言葉の使い分けが

京都らしいといえば、京都らしいですね。

 

 

京都のそれなりのお店では、

失礼な扱いや、

気持ちを害することは少ないかもしれませんが、

「おこしやす」と「おいでやす」のように

お客さんにわからないように

区別することはありますね。

 

京都以外から来た人にとっては、

「おこしやす」と言われようが、

「おいでやす」と言われようが、

さほど違いはありませんからね。

 

どちらを言われても、

「あー、京都では、“いらっしゃいませ”はこういう風に言うんだな。」

「京都らしいなー。」

くらいにしか思いませんもんね。

 

「おこしやす」と「おいでやす」は歴史の産物!?

 

京都は長い歴史の中で、

権力者が度々変わってきました。

今日の権力者が、

明日には違う人間がなっているかもしれない、

 

まず、

相手の気分を害さないように対応する。

 

でも、

ちゃんと自分の考えは区別することで明確にしておく。

 

歴史の中で培ってきた、

相手を傷つけることなく、

身を処していく知恵ではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA