京都市 宿泊税 2018年 秋導入予定

京都市 宿泊税 旅館客室/京都 ブログガイド

京都市 宿泊税

 

「 京都市 宿泊税 」

京都 旅館 ・ ホテルの景気は良いです。 と、 京都 旅館 ホテルの集客 で書きましたが、 その日の午後に、「 京都市が、宿泊税導入の方針を固めました。 」というニュースがはいてきました。

観光地の渋滞の緩和やトイレの整備、 歴史的景観の保全など、 に利用するようです。 税金の使い道がはっきりしているのは、 良いことです。




 

京都市宿泊税 2018年10月ごろの施行を目指す

大阪や東京でもすでに導入していますが、

1. 2つの都市より高いこと

2. 低料金でも課税

ということが、 東京や大阪と違います。

すべての宿泊施設( 民泊も )の利用者に、 宿泊料金( 1泊当たり )、

2万円未満は200円、

2万円以上5万円未満は500円、

5万円以上で1000円

となっています。

※ 修学旅行生や引率者は免除。

京都市宿泊税は、強気。

大阪府の松井知事も、「( 京都市は )『 安いお客さんは他へどうぞ 』ということ。 なかなか強気だ 」と、 語ったそうです。

2都市は、 宿泊料金が1万円以上の利用者に限って、

1泊当たり200円から300円を上限に課税しています。

京都市は、 1泊1万円未満にも課税するとしています。

明らかに、

1. インバウンドの高額宿泊者から貰ろとこ

2. 安い料金でも泊めてあげるから払ろてよ

という気持ちが含まれています。

京都市でも最近になって、 高級ホテルがいくつもオープンしてきました。 1泊5万円以上なんて、 余裕で超えてしまいます。 京都の旅館でも、 1泊2万5千円以上のところは結構あります。2人で泊れば、1泊5万円以上です。

驕る平氏は久しからず。

松井知事が言うように、 1万円未満の宿泊で、 課税されるのが嫌ならば他で宿泊してもらって結構です。 という気持ちが隠されています。

こんな偉そうな、 上から目線のようなことをしていたら、 いつか愛想を尽かされるような気がします。

昨日のブログでも書きましたが、

今は、

京都の旅館 ・ ホテルは景気が良いですが、 日本が注目される東京オリンピックまででしょう。 リニア新幹線も京都を通らない可能性が大。

確かに京都は人気があり、 インバウンドも好調。でも、 好調で良い時ほど、 謙虚にふるまった方が得策です。 野球でも、 好調なバッターほど、 振ればヒットになるので、 ボール球にも手を出してスランプに陥ってしまうように。

京都が好きなだけに、 京都がそうならないように、 祈るばかりです。

まとめ

11月3日更新

京都市 宿泊税の条例案が、 11月2日の京都市議会で可決されました。 2018年10月ごろの導入を目指しています。

京都市 宿泊税について

おそらく、 京都市 宿泊税が導入されれば、 高い確率で、 京都の宿泊料金は、 値上げされるでしょう。

京都の宿泊施設は、 宿泊税分を料金に上乗せすると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA