西明寺 2019 紅葉は綺麗。でも少し残念なことが。

西明寺 苔庭/ 京都 ブログ ガイド

西明寺 2019

 

「 西明寺 2019 」

神護寺の紅葉を見終わり参道を降りて、 高雄橋まで戻ってきました。 ここから清滝川沿いを紅葉を楽しみながら上流へ向かって徒歩約5分で西明寺。

神護寺のような広大な境内ではありませんが、 そこかしこに紅葉が散りばめられ、 コンパクトに楽しむことができます。




清滝川沿いの紅葉

清滝川沿いの紅葉 / 京都 ブログ ガイド

神護寺までの登りもあって、 これまでの行程でかなり歩いているけど、 清滝川沿いの紅葉を見ながら歩いていると、 5分はあっという間に過ぎてしまいます。

西明寺 2019 紅葉

入口辺り

西明寺 / 京都 ブログ ガイド

清滝川に架かる橋を渡ると、 拝観料金所。 この橋からの紅葉も綺麗。

西明寺 / 京都 ブログ ガイド

拝観料金所

橋から上流の眺め / 京都 ブログ ガイド

上流の眺め。

橋から下流の眺め / 京都 ブログ ガイド

下流の眺め。

鐘楼付近の紅葉

鐘楼辺り / 京都 ブログ ガイド

表門を左側へ行くとあるのが鐘楼。 この辺りは美しい紅葉が見られます。

鐘楼 / 京都 ブログ ガイド

苔庭 ( 本堂西側庭園 )

西明寺 苔庭/ 京都 ブログ ガイド

こじんまりしているけど、 綺麗に手入れされていて、 苔の緑に紅葉が映えて美しい。 丁度私が行ったときも、 お寺の人が掃除をされていました。

苔庭後ろの借景の紅葉も美しい。

西明寺 苔庭/ 京都 ブログ ガイド

本堂内部の撮影はできないけど、 内部から庭を撮るのはOK。

客殿

客殿からの眺め / 京都 ブログ ガイド

本堂横の客殿から見る紅葉も綺麗。

西明寺 / 京都 ブログ ガイド

本堂と客殿の間に、 ” 水たまり ” 。

裏山の紅葉が映り込んで、 絵になります。

裏門辺り

裏口 / 京都 ブログ ガイド

この辺りの紅葉も綺麗。 裏門を出て、 清滝川沿いにも紅葉がいっぱい。

ちなみに、 西明寺から神護寺へ向かうには、 こっちから出た方が便利。 ここから約15 ~ 20分で神護寺楼門。

逆に、 神護寺から西明寺へ向かうときも、 裏門から入って、 表門から出るのが効率的。

苔エリア

西明寺はもちろん紅葉が綺麗ですが、 苔の緑も楽しめます。

本堂横の苔庭だけではありません。

表門辺り

西明寺 / 京都 ブログ ガイド

西明寺 表門

門の前も苔の緑が広がります。

表門横の紅葉/ 京都 ブログ ガイド

表門を入って右側。

2019年の紅葉は、 ここの楓が一番赤く色付いていました。 この真赤な落葉が苔の上に横たわると、 さぞ綺麗でしょう。

表門横の苔燈籠/ 京都 ブログ ガイド

表門を入って左側。 燈籠付近の苔。

この辺りの苔の風景が一番好き !

本堂横

苔庭へ続く道/ 京都 ブログ ガイド

本堂横から苔庭へ通じる道にも苔がいっぱい。

客殿横の庭

裏口手前の庭 / 京都 ブログ ガイド

ここも広範囲に、 苔が拡がっています。

紅葉は綺麗。 でも少し残念。

鐘楼付近の苔

2017年までは、 鐘楼横のベンチの回りは美しい苔で覆われていました。 まるで、緑の絨毯のよう。

2018年、 2019年と紅葉シーズンに訪れていますが、 苔エリアが徐々に消滅していっています。

西明寺9/京都 ブログ ガイド

2017年11月撮影

西明寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

2018年11月撮影

鐘楼横 / 京都 ブログ ガイド

2018年11月18日撮影

初めて西明寺を訪れた人はわからないと思いますが、 以前を知っている ” 苔好き人間 ” としては、 悲しい気持ちになりました。

ベンチがあるからなー。

西明寺について

西明寺 / 京都 ブログ ガイド

西明寺は、 真言宗大覚寺派の準別格本山。

天長年間 ( 824 ~ 834) に、 空海 ( 弘法大師 ) の弟子智泉が、 神護寺の別院として創建し、 鎌倉時代の建治年間 ( 1275 ~ 1278 ) 和泉国 ( 現在の大阪府南西部 ) 槇尾山の自性上人が中興したと伝えられます。

その後、 正応三年 ( 1290 ) に、 後宇多天皇より名前を賜り、 神護寺から独立しました。

本堂

西明寺 本殿/ 京都 ブログ ガイド

現在の本堂は、 徳川五代将軍の生母、 桂昌院が、 元禄十三年 ( 1700 ) に寄進したものと伝えられ、 正面の須弥壇に本尊の釈迦如来立像 ( 重要文化財 ) が祀られています。

この像は、 高さ51センチの小像で、 清涼寺 ( 嵯峨釈迦堂 ) の釈迦如来像を模して、 鎌倉時代に運慶によって造られたもの。

ちょっと、 寄り道。

神護寺

広大な寺域で雄大な紅葉を楽しむことができるのが、「 神護寺 」。 特にオススメは、 金堂への石段。

広い石段の両側にカエデがあり、 そこを金堂へと登って行くと、 まるで両側の紅葉に祝福されているような感じ (^^)

神護寺のある高雄は京都の北の山間部にあり、 市内中心部より紅葉シーズンの始まりが早いです。

西明寺 2019 まとめ

西明寺 苔庭/ 京都 ブログ ガイド

神護寺のようにダイナミックな紅葉ではないけど、 境内の所々に楓があり、 見所いっぱいのお寺。

西側庭園、 鐘楼周りの紅葉が特に綺麗。

苔がいっぱいなので、 苔好きにもオススメ。




西明寺ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 右京区 梅ケ畑槇尾町 1

電話 : 0 7 5 - 8 6 1 - 1 7 7 0

拝観時間 : 9 : 0 0 ~ 1 7 : 0 0

上ル 下ル 西入 東入 について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA