清凉寺 2018 光源氏の山荘跡

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

清凉寺 2018

 

「 清凉寺 2018 」

宝筐院と目と鼻の先にあるのが清凉寺(嵯峨釈迦堂)。

清凉寺 紅葉ポイント

多宝塔辺りの紅葉

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

2018年11月27日撮影

広大な境内の左に目を向けると目に入るのが多宝塔と真赤な楓。

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

多宝塔を引き立てるようにカエデが脇役を務めています。

聖徳太子殿

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

ここの紅葉も綺麗。

多宝塔の左側にあり、アーチで囲むように人々を迎え入れてくれます。

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

聖徳太子殿

弁天堂

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

柵の外から撮影。弁天堂を近くで見るためには拝観料が必要。

本堂の北側にある池に囲まれた島にあるのが弁天堂。

私は拝観しませんでしたが柵の外側から見ても綺麗です。

※別途拝観料が必要。

光源氏の山荘跡

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

清凉寺は、浄土宗のお寺で、嵯峨釈迦堂の名前でも知られています。

ここには、一説では「源氏物語」の主人公である光源氏のモデルであったといわれる源融(みなもとのとおる)の山荘 棲霞観(せいかかん)があり、融の没後、この地を棲霞寺としたのが始まりとのこと。

「源氏物語」の『松風』に、光源氏が造営した「嵯峨の御堂」は「大覚寺の南に所在した」とあり、棲霞観の場所と一致しています。

※河原院(かわらのいん)が六条院のモデルということと共に、源融が光源氏のモデルとされる所以。

※河原院は京都六条にあった源融の邸宅。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)について

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

仁王門

天慶(てんぎょう)八年(945)に等身大の釈迦像が安置され、これが嵯峨釈迦堂の名前の由来といわれています。

その後、奝然(ちょうねん)上人が、インド、中国、日本の三国伝来の釈迦如来立像を持って、宋(中国)から帰国後に、その像を安置するため、愛宕山を中国の五台山に見立てた「大清凉寺」の建立を計画。

志半ばで没したため、弟子の盛算(じょうさん)が清凉寺を建立して、その像を安置しました。

生身のお釈迦様

昭和二十八年(1953)に、その像の背中に蓋が発見され、中に内臓を模した絹製の五臓六腑などが納められていたことから、

生身のお釈迦様とも呼ばれています。

本堂

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

遠くに見えるのは、嵐山。

元六十四年(1701)に、徳川五代将軍綱吉、その母桂昌院(けいしょういん)らによって再建されたもので、本尊の釈迦如来立像(国宝)を安置していて、霊宝館には、阿弥陀三尊像(国宝)、文殊菩薩騎獅(きし)像(重要文化財)等、多数の文化財が祀られています。

まとめ

去年から宝筐院とセットで訪問するようになりました。隣同士に紅葉の綺麗なお寺があるのでとても得した気分。

清凉寺の広い境内が、名前の通り清々しい気持ちにしてくれます。

紅葉は、多宝塔と聖徳太子殿辺りに集中し、一度に美しい紅葉を楽しむことが可能。

拝観料を払って、本堂北側の池に浮かぶ弁天堂を見ることもできます。

寺と院 呼び方の違い, ちょっと意外。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)ホームページ

所在地:京都府 京都市 右京区 嵯峨釈迦堂 藤ノ木町 46

電話:075 – 861 – 0343

拝観時間:9:00~16:00、4月・5月、10月・11月は9:00~17:00

拝観料:一般:400円 、中学生・高校生:300円、小学生:200円

霊宝館特別公開 :4月・5月、10月・11月

本堂霊宝館共通券 : 一般:700円 、中学生・高校生:500円 、 小学生:300円

境内参拝自由

上ル下ル西入東入について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報, サービス等について一切の責任を負いません。
また当サイトのコンテンツ・情報について, できる限り正確な情報を提供するように努めていますが, 正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもあります。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA