京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS

PROFILE
SEARCH

下鴨神社
下鴨神社は通称で、正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)。

古代の賀茂氏の氏神を祀る神社で、京都三大祭の葵祭で有名。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり



【舞殿】
葵祭のとき、勅使が御祭文を奏上され、東游(あずまあそび)が奉納される。

御所が災害にあわれた時には、臨時の内侍所と定められている。

京都 観光旅行めぐり



【橋殿】
御蔭祭のとき、御神宝を奉安する御殿。

行幸・御幸の際、公卿、殿上人の控え所と定められている。

京都 観光旅行めぐり


【御手洗社】
最初、高野川と鴨川の合流地東岸にあったが、文明の乱により消失したため、文禄年間(1592〜96)に現在の場所に再興された。

葵祭に先立って行われる斎王代の御契の儀はこの社前の御手洗池で行われ、土用の丑の日にこの御手洗社前の御手洗川に足を浸して疫病や病い封じを祈願する「足つけ神事」は京都の夏の風物詩。


京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
安井金比羅宮
建仁時と東大路通の間にあるのが、安井金比羅宮

当日も、多くの女性で賑わう。

京都 観光旅行めぐり


このお宮の見所は、悪縁を絶ち、良縁を結ぶという巨石があること。

石の真ん中に穴が開いており、それを表から裏へとくぐり抜けると悪縁を絶つ。

逆に、裏から表へとくぐり抜けると良縁を結ぶとされている。

そして、最後に願いをかいた形代を碑(石)に貼り付ける。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


彼女は、ちょうど裏から表へ抜けてきたところ。

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
仙台
12月22日、結婚式の出席で仙台へ。

伊丹の朝は小雨。仙台に近づくにつれよい天気に。

京都 観光旅行めぐり


福島県辺りか。空からの眺めは、一面雪景色。

街の灯りの代わりに、白一色で地形が浮かび上がる様子は、夜景のように美しく、機内は感嘆の声。

京都 観光旅行めぐり



仙台光のページェント。12月31日まで点灯。

並木が夜にはきれいにライトアップ。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
竹中稲荷社
人ごみを避けるように竹中稲荷社へ向かう。

有名でなくとも、楽しませてくれる場所が京都にはいくつもある。

朱色の鳥居をくぐって来ると、ひっそりとした秋が迎えてくれる。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


神社の裏手から山の中に入り、住宅街を見下ろす辺り。

役目の終わった大文字が、遠くに秋の色づきと佇む。

京都 観光旅行めぐり


吉田神社の境外末社。
宇賀御魂神(うがのみたまのかみ)、猿田彦神(さるたひこのかみ)、天鈿女神(あめのうずめのかみ)
を祭る。
在原業平の時代にすでに社殿があったと記載されているが現在の社殿は天保十一年(1840)に
造営されたもの。

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
秋の日の鴨川
秋の日の鴨川。

暖かい日差しの中で、鴨川を楽しむ人々。

ベンチで本を読む、自転車でゆく、そして、ただ歩く。

京都に住む人々に与えられた特権。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり



川沿いを歩いているだけでは、わからない。水面に映る紅葉が美しい。

京都 観光旅行めぐり


まるで、襲い掛かってくるような柳の枝たち。

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | - | comments(0) | - |
祗王寺
京の奥嵯峨、あまり広くもない緑の中に、ひっそりと佇む。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


早すぎた訪れ。

緑の苔を覆い尽くすには、あまりにも無力な落ち葉の群れ。

京都 観光旅行めぐり



水に浮かぶ、黄色と赤の落ち葉。

これから始まる色付きへの予感を感じさせる。

京都 観光旅行めぐり



往生院祗王寺と号する真言宗の寺。
平安時代に、法然上人の弟子、念仏房良鎮(りょうちん)が往生院を開創し、後に祗王寺と
呼ばれるようになったと伝えられている。

現在の本堂は、明治二十八年(1895)に再建されてもので、堂内には本尊大日如来像をはじめ、
平清盛と祗王ら四人の尼僧像を安置している。

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
落柿舎
常寂光寺の門をくぐり、東へ向かう。

落柿舎の名前の由来に納得する眺め。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり



少し離れて、見る。

収穫が終わった田んぼの先に落柿舎が浮かび上がる。

都会では忘れ去られた風景に、なつかしさがこみ上げてくる。

京都 観光旅行めぐり


淡い色は、いい。
やさしい心が表れてくる。

母親に見せる赤ん坊の微笑みに、少し似ている。

桜の花びら。

その次は、藤色。

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 観光施設 | comments(0) | - |
常寂光寺2
熱帯雨林の上に広がる林冠のように、地上に届く光の少なさを感じていた。

階段に覆いかぶさる紅葉を眺めながら、本堂・多宝塔へ。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

常寂光寺のある小倉山からは、遠く比叡山・大文字まで見渡すことが出来る。

藤原定家の選んだ小倉百人一首の昔より、四季をめぐる変わらぬ風景も、そこにはある。

京都 観光旅行めぐり


京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
常寂光寺1
11月の終り。
小雨が降ったと思うと、申し訳なさそうに薄日が差し込んでくる1日だった。

京福電車嵐山駅から、竹林のざわめきを通り抜け、トロッコ嵐山駅を過ぎると、常寂光寺がある。

人里はなれた場所に佇むひかえめな門をくぐると、期待と胸の高まりが押し寄せる。

京都 観光旅行めぐり

空の青をバックに、たった1本の紅葉の赤が地上を圧倒してくる。

京都 観光旅行めぐり


登ることがもったいなくなる階段がある。

何度見上げたら気が済むだろう・・・・。

どちらかの足を、一歩踏み出そうとすることを押しとどめる緑、黄色、そして、赤。

歩きながら紅葉に包まれることより、ずっとこのまま眺めていたい状況が、ここにはある。

京都 観光旅行めぐり


雨は、嫌いだ。
苔に横たわる赤と黄色の落ち葉のためだけに、我慢しよう。

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
八坂神社 西門修理完了
先日、仕事の途中に八坂神社へ立ち寄ると、西門の改修が終わっていました。

京都 観光旅行めぐり


今年の3月2日の『八坂神社〜西楼門〜』でちょうど工事の開始を見たんで、9ヶ月位かかったようです。

さらぴんで、金色がまぶしいですね。

京都 観光旅行めぐり

以前と比べると、めっちゃきれいになりました。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
2007年紅葉 真如堂3
真如堂、きれいな紅葉を。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


本当にきれいに色づいているドウダンツツジ

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり


 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
2007年紅葉 真如堂2
境内のところどころに紅葉があり、見所いっぱい。三重塔の周りも本当に華やかです。

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
2007年紅葉 真如堂1
白川通から真如堂へ行くにはちょっと坂を上っていかないといけませんが
汗かいていくだけの価値はあります。

京都 観光旅行めぐり

礼儀正しいネコがお出迎え(^^)

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

京都 観光旅行めぐり

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |