実相院 3つの紅葉を楽しむ / 京都 ブログ ガイド

実相院1 / 京都 ブログ ガイド

 

実相院 3つの紅葉を楽しむ

 

数ある京都の紅葉スポットの中でも

人気の高いのが実相院です。

 

京都中心部から離れている上、

電車でのアクセスも良くありませんし、

周りにあまり観光施設もありません。

 

それでも、毎年多くの観光客が

実相院だけのために

京都の洛北まで出かけていきます。

 

それだけ魅力のある紅葉を

体感することができます。

 

実相院で楽しめる紅葉は3つ。

 

何と言っても「床もみじ」

 

障子の外の紅葉が

最盛期の時は本当に、

”美しい”という表現が

一番当てはまる光景です。

 

建物の中は撮影禁止なので

ホームページの画像を見てください。

実相院ホームページ

 

実際に見ると本当に綺麗な絵です。

 

石庭

 

実相院2 / 京都 ブログ ガイド

 

「こころのお庭」と呼ばれ

石組みと苔で日本の国を表現しています。

島を囲む海に立つ三つの木製のオブジェは

波を現わしていて、表面は杉皮が施され、

後ろ側に盛り土をして、その表面を

白砂で覆っています。

 

江戸時代から続く「造園植治」の

小川勝章氏監修のもと、

2013年春~2014年秋にかけて

市民参加による作庭が行われました。

 

実相院3 / 京都 ブログ ガイド

 

今年は訪れるのが少し早かったようです。

見頃辺りに行けばこんな感じです。

 

石庭にあるカエデは、

それぞれが大きく、

色づき時期も違うので、

紅葉のグラデーションを

楽しむことができます。

 

遠くに比叡山を借景として、

石庭の枯山水と共に

スケールの大きな絵になる紅葉で、

 

京都の他のどの紅葉スポットでも

見ることのできない風景です。

 

この景色を見るために

多くの観光客が、

実相院を訪れるのでしょう。

 

山水庭園

 

実相院6 / 京都 ブログ ガイド

 

書院の裏手にあります。

石庭とは対照的で、

裏山を借景として

落ち着いた趣のある庭です。

 

実相院8 / 京都 ブログ ガイド

 

石庭の見頃に行くと

山水庭園の紅葉が、

ほとんど散ってしまっている

という状態だったので、

 

今回、石庭は

見頃ではありませんでしたが

山水庭園では、

綺麗な紅葉を見ることができました。

 

実相院7 / 京都 ブログ ガイド

 

ほんとに

この庭を見ていると

心が落ち着きます。

 

実相院9 / 京都 ブログ ガイド

 

実相院は、

もと※天台宗寺門派の門跡寺院。

 

寛喜元年(1229)、

静基(じょうき)によって開かれました。

※最澄によって開かれた宗派

 

寛永年間、

足利義昭の孫にあたる

義尊が住職になり、

 

その後、

後西天皇の皇子(息子)である

義延親王が住職になりました。

 

それ以来、

皇室・公家が住職を務めていきました。

 

もう一つのオススメ紅葉

 

実相院4 / 京都 ブログ ガイド

 

石庭から縁側を通り、

書院に入るところから見る紅葉です。

 

ここは、

青空の時に訪れると、

赤い紅葉と、青い空の

美しい写真を撮ることができます。

 

実相院5 / 京都 ブログ ガイド

 

実相院へ行くときは、

ありがたいことに

晴天の日が多く、

いつも綺麗な写真を

撮ることができています。

 


 

真如堂と共に毎年必ず

訪れるのが、実相院です。

 

初めて

実相院の紅葉を見たときに、

めちゃくちゃ感動したのを

今でも覚えています。

 

今年は、京都も

寒くなるのが早かったので、

例年より早めに行きましたが、

石庭の紅葉は少し早かったようです。

奥の山水庭園は見頃でした。

 

毎年、石庭の紅葉が綺麗な時は、

山水庭園の紅葉は、

散ってしまっていることが多く、

なかなか2つ同時に

綺麗な紅葉を見ることは

難しいですね。

 

ともあれ、

今年は山水庭園の綺麗な紅葉を

見ることができたので良かったです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA