正伝寺 デビッド・ボウイが涙した庭。

正伝寺 獅子の児渡し庭園 / 京都 ブログ ガイド

正伝寺

 

「 正伝寺 」

街の喧騒が嘘のようなのどかな風景が広がる洛北の地。

五山送り火の「舟形」山の麓にあるのが「正伝寺」。

訪れたのは、 10月の始め。

山門をくぐると、 季節外れのツクツクボウシが迎えてくれました。




正伝寺 獅子の児渡しの庭園 ( 京都市指定名勝 )

「 パッと 」目の前に清々しい景色が広がります。

青い空、 遠くに見える比叡山を含めた借景、 規則正しく並べられた瓦と白壁、 美しい流れの白砂、 丁寧に刈り込まれたサツキと緑。

いくつもの素晴らしい材料で作られた極上の料理のように、 視界の中の全てが一つになって、 見るものに安らぎを与えてくれます。

正伝寺 獅子の児渡し庭園 / 京都 ブログ ガイド

この「 獅子の児渡しの庭園 」が魅了したうちの一人が、 ” デビッド ・ ボウイ ” 。( 享年69 )

CMの撮影で京都を訪れた際に、 自らが撮影場所に指定したのが正伝寺。 撮影中に庭園を見つめ、 涙を浮かべていたそう。

正伝寺 獅子の児渡し庭園 / 京都 ブログ ガイド

右からツツジの刈込で、 「 七 ・ 五 ・ 三 」 をあらわしています。

正伝寺 獅子の児渡し庭園 / 京都 ブログ ガイド

もう一人は、 ” 谷村新司 ” 。 子供のころから何度も正伝寺へ足を運んでいるそうで、 冬の静けさがことのほかお気に入りのよう。

アーチストも心奪われる風景を味わってみてはいかが。

デビッド ・ ボウイ
イングランド出身のミュージシャン、 シンガーソングライター、 音楽プロデューサー、 俳優。 1996年 『 ロックの殿堂 』 入り。 1983年、 大島渚監督の 「 戦場のメリークリスマス 」 に英軍少佐役で出演。 大の親日家で、 一時期京都に住んでいたこともある。 日本文化にも影響を受け、 ステージ衣装や、 歌舞伎の 「 早替わり 」 を参考にしたパフォーマンスで観客を魅了した。 ( Wikipedia )

四季折々の 「 獅子の児渡しの庭園 」

獅子の児渡し庭園 春/ 京都 ブログ ガイド 獅子の児渡し庭園 冬/ 京都 ブログ ガイド

正伝寺 血天井

「 獅子の児渡しの庭園 」を眺めるために座っている方丈広縁の上を見上げると、 「 血天井 」

関ヶ原の戦いの直前。

上杉景勝討伐のため、 畿内を後にする徳川家康は、 京都の留守役として伏見城に鳥居元忠以下400人足らずのわずかな城兵を残して東へ。

この意味は捨て駒覚悟。 多くの兵を残すこともかなわない状況でした。

西軍の石田三成方に大軍で攻められるのは必至で、 徳川家康を討つために兵を挙げた西軍は、 伏見城を攻撃、 落城させます。

その際、 割腹して果てた城兵たちの血の痕や血がついた手型 ・ 足型が残る伏見城の廊下の床板が、 実際に天井板に使用されています。

目の前に拡がる静かで安らかな風景とは対照的に、 凄惨な光景を思い浮かべるだけで、 胸が締め付けられるような息苦しい感覚に襲われます。

正伝寺 について

山門 / 京都 ブログ ガイド

正式には、 吉祥山。 創建は鎌倉時代で、 初代住職は東巌慧安禅師。

弘安五年( 1282 )賀茂の神官 森経久が西賀茂の地に荘園を寄附。 現在の地に諸堂伽藍を造営し、 壮観を極めましたが、 応仁の乱で伽藍は焼失してしまいました。

豊臣秀吉の天下統一後の天正十三年( 1585 )、 再興を試みますが叶わず、 江戸時代に入ってようやく再興されることになりました。

方丈 ( 重要文化財 )

伏見桃山城にあった遺構の御成殿を、 承応二年 ( 1653 ) に移築したもの。

襖絵 ( 重要文化財 )

方丈の各室の襖絵は、 狩野山楽筆。

淡彩山水図で中国杭州西湖の真景をあらわしています。

正伝寺 アクセス

正伝寺 / 京都 ブログ ガイド

京都駅から西賀茂車庫行 9系統、
三条京阪から西賀茂車庫行 37系統、
北大路バスターミナルから西賀茂車庫行37系統 ・ 1系統に乗車。

「 神光院前 」バス停下車、 徒歩約15分。

駐車場

駐車場 / 京都 ブログ ガイド

山門横の駐車場。

私が見た限りでは3か所、 平日なのでガラガラでした。

山門の横、 約50M上った先 ( 舗装なし草原 ) 、 竹林の途中  (舗装なし、2台位駐車可能 ) 。

アクセスが良くないので、 車で行った方が良いと思いますが、 休日は、 どの程度参拝客があるかわかりません。 午前中に行った方が無難でしょう。

自転車

正伝寺 / 京都 ブログ ガイド

私は自転車で行きましたが、 サイクリングがてらレンタサイクルで行くのもオススメ !

京都市中心部から1時間もあれば行けます。

きつい登りもないし、 訪問当日のように天気の良い日は、 めっちゃ気持ちがいいですよ ! !

まとめ

獅子の児渡し庭園 / 京都 ブログ ガイド

静寂と安らぎ。 時間の流れも緩やかに感じられ、 心落ち着ける風景に出会えます。

アクセスも良いとは言えない分、 観光客は少なめ。

訪問したのは平日の午前中でしたが、 私以外には一人だけ。 帰る10分前に入ってきただけでした。

たくさんの人に見てほしい反面、 便利の良くないこの場所にあることに感謝する気持ちもあります。




正伝寺ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 北区 西賀茂 北鎮守庵町 72

電話 : 075 - 491 - 3259

拝観時間 : 9:00~17:00

拝観料 : 大人400円、 高校生400円、 中学生300円、 小学生200円

上ル下ル西入東入について




2 件のコメント

  • こんばんわ!
    素敵なお寺ですね!
    京都は何回も訪れていますが,
    こちらは知りませんでした。
    今度はぜひ訪れたいと思います。
    素敵な記事ありがとうございます。

    • ネコシバ 様

      閲覧・コメント、ありがとうございます。

      実は、私も少し前まで知りませんでした。
      これからの紅葉シーズンでは比叡山などの借景が色づいて、
      また違った趣になると思います。

      これからもよろしくお願いします。

      Kei

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA