常寂光寺 2019 綺麗な紅葉はあの人のおかげ?!

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド




常寂光寺 2019

 

「 常寂光寺 2019 」

百人一首でも詠まれている小倉山。 その山裾に佇むのが「 常寂光寺 」。

境内のいたるところに紅葉が散りばめられ、 さながら浄土のような感のあるお寺。

常寂光寺 2019 紅葉 見所

入ってすぐの仁王門周り

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

空から降り注いでくるような紅葉。

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

いきなり最高の見所がやってきます。

この仁王門辺りの紅葉は、 常寂光寺のなかでも特に紅葉が濃く、 見事なコラボが見られるところ。

この風景を見ることが毎年の楽しみ ! !

石段からの見返りの紅葉

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

石段からの眺め。

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

仁王門をくぐると本堂へと続く石段。

ここを登り振り返った光景がまた見事で美しい ! ! ! !

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

もう少し石段を登ったところからの眺め。

仁王門辺りの紅葉で、 拝観料 ( 500円 ) のほとんどを回収出来ている感じ (笑)

鐘楼周り

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

ここも紅葉が濃いところ。

鐘楼を入れた紅葉の写真は、 晩秋を感じさせる物悲しい風景で、 すごく絵になります。

本堂裏の庭

本堂裏の庭 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

山の斜面を上手に利用した美しい庭。 緑と紅葉のコラボが美しいエリア。

みんな休憩がてらに本堂の縁側に座って庭を眺めています。

多宝塔

多宝塔 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

本道裏の庭から少し登ると多宝塔。

紅葉で彩られた多宝塔の向こうに、 遠く京都の中心部まで見ることが出来ます。

常寂光寺について

本堂 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

常寂光寺は ※日蓮宗のお寺。

慶長元年 ( 1596 ) に、本圀寺の十六世住職の日禛 ( にっしん ) 上人が創建。

※ 鎌倉時代中期に日蓮によって興された宗派

常寂光寺ができたのは、 あの人のおかげ ? !

文禄4年 ( 1595年 ) に、 豊臣秀吉が祖父母の供養のため、 方広寺で ※千僧供養を執り行うとして京都のほとんどの宗教に出仕が要請されました。

※千人の僧を招いて、 食事を供し法要を行うこと。 大きな功徳があるといわれています。

ただ、 日蓮宗では千僧供養に出仕するのかしないのかで意見が割れてしまうことに。

日蓮宗を信仰しない者から施しを受けたり、 逆に他の宗教の者に仏法を伝えたりしない不受不施 ( ふじゅふせ ) の教義のため。

時の権力者の求めに応じて、 出仕するべきだとする者と、 権力者からの求めとはいえ、 教義を曲げてはならないという者、 意見は真っ二つにに分かれました。

常寂光寺を創建した日禛上人は、後者の「 教義を曲げない 」派。

あくまでも、 開祖日蓮の教義を守るべきであるとの立場を貫き、 隠棲してしまうことに。

そして、 その地に選んだのが小倉山。 現在の常寂光寺の地でした。

名前の由来

常寂光寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

日禛上人は、 隠棲した小倉山の地が、 上品で奥ゆかしく、 もの静かで趣があり、 ひっそりと落ち着いている。 そして、あたかも仏が住むような清らかな場所。

ということからこの地を「 常寂光土 」と感じたようです。

そのことから、「 常寂光寺 」と名付けられました。

アクセス

嵐電「 嵐山駅 」から徒歩約12分。 JR「 嵯峨嵐山駅 」から徒歩約17分。 阪急「 嵐山駅 」から徒歩約20分。

ちょっと、 寄り道。

二尊院

二尊院 2018 / 京都 ブログ ガイド

参道を覆うような紅葉の馬場。 一番印象深い勅使門の紅葉。 御薗亭の獅子脅しの音が響き渡る静かな空間。

二尊院 もおすすめです。

宝筐院

宝筐院 2018 / 京都 ブログ ガイド

宝筐院 は、 臨済宗のお寺。 平安時代に、 白河天皇のよって創建され、 当時は、 善入寺といいました。

境内に入ってすぐに訪れる光景は美しいの一言。 宝筐院でしか感じることができない体験です。

清凉寺

清凉寺 2018 / 京都 ブログ ガイド

清凉寺 は、 嵯峨野 ・ 嵐山周辺で、 無料で紅葉を楽しめる数少ないお寺。 ( 弁天堂拝観は有料 ) 広い寺域内の所々に楓があります。

オススメは、 多宝塔周りと聖徳太子殿辺り。

野宮神社

野宮神社 / 京都 ブログ ガイド

比較的駅から近いのでアクセスしやすいのが 野宮神社

縁結びや子宝安産にご利益があります。 訪れるまでに、 竹林に囲まれた小道を歩いていくので、 雰囲気の良さもオススメ。

常寂光寺 2019 まとめ

多宝塔 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

2018年に比べると、 若干色付きの早いときに来たかな? という印象。 ただ、 相変わらず、 見事な紅葉を体感できました。

京都の他の紅葉スポットと同様に、 外国人観光客が年々増えてきているので、 平日の午前中でも人が多いですね。

常寂光寺ホームページ

所在地 : 京都市 右京区 嵯峨小倉山小倉町 3

電話 : 075 - 861-0435

拝観時間 : 9:00 ~ 17:00 ( 16:30最終受付 )

拝観料 : 500円

上ル下ル西入東入について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA