清凉寺 2019 光源氏ゆかりのお寺で紅葉を。

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

清凉寺 2019

 

「 清凉寺 2019 」

毎年、 嵯峨野 ・ 嵐山の紅葉は「 清凉寺 」が最初。 それほど多くの楓はないけど、 無料で十分紅葉を楽しめるところが気に入っています。 ※ 弁天堂拝観は有料

清凉寺 2019 紅葉 見所

多宝塔

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

弁天堂以外で、 一番の紅葉の見所は多宝塔辺り。 多宝塔を囲むように紅葉が見られます。

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

少し離れて見る嵐山を借景とした多宝塔周りの紅葉も美しい。

聖徳太子殿

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

多宝塔のすぐそば。 紅葉のアーチをくぐって行くとあるのが「 聖徳太子殿 」。 この辺りは、 楓がたくさんあり紅葉が綺麗。

弁天堂 ( 拝観料が必要 )

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

外から少しだけ見ることができます。

清凉寺へ訪問するのは、 いつも拝観開始の9時前なので、 まだ入ったことはありません。

清凉寺について

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

清凉寺は、 浄土宗のお寺で、 嵯峨釈迦堂の名前でも知られています。

天慶 ( てんぎょう ) 八年 ( 945 ) に等身大の釈迦像が安置され、 これが嵯峨釈迦堂の名前の由来といわれています。

その後、 奝然 ( ちょうねん ) 上人が、 インド、 中国、 日本の三国伝来の釈迦如来立像を持って、 宋 ( 中国 )から帰国後に、 その像を安置するため、 愛宕山を中国の五台山に見立てた「 大清凉寺 」の建立を計画。

志半ばで没したため、 弟子の盛算 ( じょうさん ) が清凉寺を建立して、 その像を安置しました。

生身のお釈迦様

昭和二十八年 ( 1953 ) に、 その像の背中に蓋が発見され、 中に内臓を模した絹製の五臓六腑などが納められていたことから、 生身のお釈迦様とも呼ばれています。

本堂

本堂 / 京都 ブログ ガイド

元六十四年 ( 1701 ) に、 徳川五代将軍綱吉、 その母桂昌院 ( けいしょういん ) らによって再建。

本尊の釈迦如来立像 ( 国宝 ) を安置していて、 霊宝館には、 阿弥陀三尊像 ( 国宝 ) 、文殊菩薩騎獅 ( きし ) 像 ( 重要文化財 ) 等、 多数の文化財が祀られています。

光源氏の山荘跡

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

清凉寺のあった場所には、 一説では「 源氏物語 」の主人公である光源氏のモデルであったといわれる源融 ( みなもとのとおる ) の山荘 棲霞観 ( せいかかん ) がありました。 融の没後、 この地を棲霞寺としたのが始まりとのこと。

「 源氏物語 」の『 松風 』に、 光源氏が造営した「 嵯峨の御堂 」は「 大覚寺の南に所在した 」とあり、 棲霞観の場所と一致しています。※ 河原院 ( かわらのいん ) が六条院のモデルということと共に、 源融が光源氏のモデルとされる所以。
※ 河原院は京都六条にあった源融の邸宅。

源融のお墓

源融墓 / 京都 ブログ ガイド

多宝塔の裏にあります。

豊臣秀頼の首塚

豊臣秀頼首塚 / 京都 ブログ ガイド

本堂に向かって左側にあります。

アクセス

嵐電「 嵐山駅 」、 JR「 嵯峨嵐山駅 」から徒歩約15分。 阪急「 嵐山駅 」から徒歩約22分。

ちょっと、 寄り道。

宝筐院

宝筐院は、 臨済宗のお寺。 平安時代に、 白河天皇のよって創建され、 当時は、 善入寺といいました。

境内に入ってすぐに訪れる光景は美しいの一言。 宝筐院でしか感じることができない体験です。

宝筐院 2018 いきなりのクライマックス

常寂光寺

嵯峨野では「 宝筐院 」と共に絶対外せない紅葉スポット。 趣のある仁王門と華やかな紅葉との取り合わせが非常に魅力的。

平日の開門と同時に入っても観光客の多さは覚悟ですが、 その人混みを忘れるくらいの感動が存在します。

常寂光寺 2018 紅葉最盛期の訪問

常寂光土の美しさをどうど。

二尊院

総門くぐり、 すぐの紅葉の馬場。 参道に覆うような紅葉のトンネル。 二尊院で一番印象深い勅使門の紅葉。 本堂前から勅使門越しに見える紅葉はまさに門を額縁にした絵画のよう。

御薗亭の獅子脅しの音が響き渡る静かな空間に浸る。 二尊院もオススメです。

二尊院 2018 額縁の紅葉を楽しむ

清凉寺 2019 まとめ

清凉寺 2019 / 京都 ブログ ガイド

2019年11月26日 撮影

少し曇りがちでしたが、綺麗な紅葉を見ることができました。

清凉寺は、 嵯峨野 ・ 嵐山周辺で、 無料で紅葉を楽しめる数少ないお寺。 ( 弁天堂拝観は有料 ) 広い寺域内の所々に楓があります。

オススメは、 多宝塔周りと聖徳太子殿辺り。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 右京区 嵯峨釈迦堂 藤ノ木町 46

電話 :075 – 861 – 0343

拝観時間 : 9:00 ~ 16:00、 4月 ・ 5月、 10月 ・ 11月は、 9:00 ~ 17:00

拝観料 : 一般:400円 、中学生・高校生:300円、小学生:200円

霊宝館特別公開 : 4月 ・ 5月、 10月 ・ 11月

本堂霊宝館共通券 : 一般:700円 、 中学生 ・ 高校生:500円 、 小学生:300円

境内参拝自由

上ル下ル西入東入について

※ 拝観時間 ・ 拝観料等は変更されることがありますので、 寺院にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA