MENU
カテゴリー

実相院 紅葉 2023 今年も大満足の美しい紅葉を堪能

実相院 / 京都ブログガイド

「 実相院 紅葉 2023 」

実相院は洛北の岩倉にあって、京都市内中心部よりは早く色づくんだけど、10月と11月上旬の気温が高かったせいか2023年は少し遅めの色づきのよう。

実相院はそれほど広くないお寺だけど、「3つの美しい紅葉」が楽しめます。

去年は色づきの時期がそれぞれ違う山水庭園、石庭「こころのお庭」、そして「床もみじ」の3つ全ての紅葉で満足できるという奇跡的な幸運だった。

2023年はどうかなー。

この記事を書いている人
プロフィールアバター / 京都ブログガイド
  • 学生時代から京都大好き
  • 20年以上京都・大阪で観光関係の仕事
  • 今は家族の理由で大阪在住。
  • その前は祇園祭の鉾町在住。
  • 一児の父さん。
目次

実相院 紅葉 2023 案内

1.山水庭園

2023年11月24日 撮影

本堂の西側に位置するのが, 「 山水庭園 」。

西側の借景の山と北側の紅葉が山水庭園に奥行きを与え, 自然の中に取り込まれた空間のように感じる。

山水庭園のカエデは、敢えて人の手が加えられていないかのように雑然と植えられています。

実相院 / 京都ブログガイド

借景の裏山の紅葉から山水庭園の紅葉、池に映る紅葉と、全てがパーフェクトな紅葉の風景。

実相院 / 京都ブログガイド

山水庭園は3つある実相院の紅葉で一番初めに見頃を迎えます。

ちょうど、ど真ん中の見頃に訪問。

今年は紅葉が遅めだから丁度良かった。

めっちゃ大満足!!

2.石庭「こころのお庭」

2023年11月24日 撮影

実相院の外からも眺められる石庭「こころのお庭」の見事な紅葉。

比叡山を借景とした枯山水に雄大さを与えています。

実相院 / 京都ブログガイド

連なる紅葉の壁は、一つ一つの樹の見頃が違うから、圧倒的な大きさの紅葉のグラデーションを堪能できます。

実相院 / 京都ブログガイド

この石庭は, 「 こころのお庭 」 と呼ばれ, 石組みと苔で日本の国を表現しています。

島を囲む海に立つ三つの木製オブジェは波を現わし, 表面は杉皮が施され, 後ろ側に盛り土をして, その表面を白砂で覆っています。

江戸時代から続く 「 造園植治 」 の小川勝章氏監修のもと, 2013年春 ~ 2014年秋にかけて, 市民参加による作庭が行われました。

実相院 / 京都ブログガイド

2023年の石庭「こころのお庭」の紅葉は、ほぼ見頃。

実相院の紅葉は山水庭園⇒石庭「こころのお庭」⇒床もみじの順番に紅葉の見頃を迎えます。

最盛期の紅葉の見頃にはあと3,4日位必要かな。

石庭「こころのお庭」のど真ん中の紅葉は本当に美しい。

実相院 紅葉 2021 / 京都ブログガイド

上の画像は2021年11月25日に撮影したもの。

この年の石庭「こころのお庭」の紅葉が一番美しかった。

せせりたつ紅葉の壁が朝日を受けて光輝く景色を見せてくれます。

床もみじ

室内の撮影は禁止されているから, ホームページで「 床もみじ 」をどうぞ。

「 山水庭園 」と石庭「こころのお庭」の見頃には訪れたことはあるけど, 実際に床もみじが一部でも真っ赤に色づいたところをこの目で見たのは2022年が初めてだった。

実相院でも一番陽当たりの悪いところにカエデがあるため, 色づくのが遅い。

2023年は山水庭園と石庭「こころのお庭」は見頃だったけど、床もみじは青もみじ。

赤く色づくのはだいぶ先のようです。

実相院について

実相院 / 京都ブログガイド

2023年11月24日 撮影

京都の洛北 岩倉の山の麓に佇んでいるのが,「実相院門跡」。

石庭「心のお庭」・山水庭園・床もみじの3つの美しい紅葉が観られることで知られています。

実相院は, もと ※天台宗寺門派の門跡寺院。

寛喜元年 ( 1229 ) , 静基 ( じょうき ) によって開かれました。

※ 最澄によって開かれた宗派

寛永年間, 足利義昭の孫にあたる義尊が住職になり, その後, 後西天皇の皇子 ( 息子 ) である義延親王が住職になりました。

それ以来, 皇室 ・ 公家が住職を務めていきました。

実相院 アクセス

・ 地下鉄 「 国際会館駅 」 下車, 京都バス24系統 岩倉実相院ゆき 「 岩倉実相院 」 下車すぐ。
・ 京都バス 「 四条河原町 」 河原町通東側のりば ( H & M 前 ) から, 岩倉実相院ゆき 「 岩倉実相院 」 下車 ( 約45分 )
・ 叡山電鉄鞍馬線 「 岩倉駅 」 下車, 徒歩約16分。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次