六波羅蜜寺 源平の盛衰を今に伝える

六波羅蜜寺1 / 京都 ブログ ガイド

六波羅蜜寺

 

天歴五年(951)、

疫病平癒のために空也上人によって

創建された真言宗智山

(ちさん)派の寺院。

 

源平の盛衰を今に伝える

 

六波羅蜜寺8 / 京都 ブログ ガイド

 

全盛期は、

寺域も広く、平家の邸宅や

鎌倉幕府の探題が置かれるなど、

源平史跡の中心でもあります。

 

平清盛塚

六波羅蜜寺5 / 京都 ブログ ガイド

 

阿古屋塚

六波羅蜜寺6 / 京都 ブログ ガイド

 

阿古屋の菩提を弔うために

鎌倉時代に建立されました。

 

平家の残党 ※1平(藤原)景清

の行方を捜しているとき、

 

恋人であった※2白拍子の

「阿古屋」を捕えて、

景清の居場所を聞き出そうとしました。

 

取り調べに際して、

代官が阿古屋が本当のことを

言っているかどうか、

 

琴や三味線、胡弓などの

楽器を演奏させて、

 

心の乱れを探しましたが、

演奏に一点の曇りもなかったため、

 

阿古屋が居場所を知らないことが

本当であるとして、

彼女を釈放しました。

 

このことは「阿古屋の琴責め」

と称されています。

 

※1悪七兵衛と呼ばれるほど勇猛な武将。
※2平安時代末期から室町時代初期にかけて行われた歌舞の一種およびその歌舞を演じた舞女。

 

六道の辻・轆轤町

 

六波羅蜜寺の近くには

六道の辻 と呼ばれる

この世とあの世の境目と

考えられてきた場所があります。

 

また、

轆轤町 (ろくろちょう) という

少しい珍しい町名の場所も

近くにありますので

六波羅蜜寺に行くついでに

訪れてみてはどうでしょう。

 

六波羅蜜寺について

 

六波羅蜜寺3 / 京都 ブログ ガイド

 

西国三十三所観音霊場の

第十七番札所として

古くから信仰を集めています。

 

本尊は、

空也上人が自ら彫ったと伝えられる

観音立像(国宝)。

 

空也上人は、

※1醍醐天皇の第二皇子で、

若くして出家し、

※2六斉念仏といわれる念仏を

初めて行ったとされています。

※1第60代天皇。臣籍の身分として生まれた唯一の天皇で、はじめ源 維城といった。のち父の即位とともに皇族に列し、親王宣下ののちに敦仁に改めた。 宇多天皇の第一皇子。

※2六斉とは仏教でいう六斎日のことで、月のうち8、14、15、23、29、30の6日をいい、昔は悪鬼が出て命を奪う不吉の日とされ、この日に鉦(かね)をたたき踊念仏を行った。

 

六波羅蜜寺4 / 京都 ブログ ガイド

 

宝物館には、

定朝 の作といわれる

地蔵菩薩立像の他空也上人立像、

平清盛座像、長快作の弘法大師像など

数多くの重要文化財を安置し、

※平安時代後期に活躍した仏師。

 

境内の十輪院が

仏師運慶一族の菩提寺だったので

本尊の脇に祀られていたという

運慶・湛慶(たんけい)座像も

所蔵しています。

 

年中行事

正月三が日の「皇服茶(おうぶくちゃ)、」

八月の「萬燈会(まんとうえ)」、

十二月のかくれ念仏として知られる

「空也踊躍(ゆやく)」念仏

(重要無形民俗文化財)が有名です。

 

願石

六波羅蜜寺7 / 京都 ブログ ガイド

 

なで牛

六波羅蜜寺9 / 京都 ブログ ガイド

 

都七福神

 

都七福神 は、

京都にある七福神ゆかりの

神社仏閣を巡拝して

福運を授かることです。

 

古来より

民衆の間で信仰の厚い七福神は、

京都が発祥の地とされています。

 

六波羅蜜寺2 / 京都 ブログ ガイド

 

六波羅蜜寺には、

弁財天 が祀られている

「弁天社」があります。

 

弁天様は、

七福神で唯一の女神で、

言語や音楽の神様です。

 

金運 ・ 財運の神様としても

信仰されています。

 

六波羅蜜寺ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 東山区 五条通 大和大路上ル 東

電話 : 0 7 5 - 5 6 1 ー 6 9 8 0




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA