六道まいり 六道珍皇寺 2019 京都独特の風習

迎鐘 / 京都 ブログ ガイド

六道まいり 六道珍皇寺 2019

 

「 六道まいり 六道珍皇寺 」

毎年京都では、 お盆前の8月7日 ~ 10日は、 ご先祖様をお迎えする「 六道まいり 」
六道珍皇寺に多くの京都人が訪れます。




 

六道まいり

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

お盆前の 8月7日 ~ 10日 の4日間に、 ご先祖様の霊を迎えるために行う京都ならではの風習。

平安時代、 六道珍皇寺のある辺りは「 六道の辻 」と呼ばれ、 死者の風葬地であった「 鳥辺野 ( とりべの ) 」への入口でした。そのため、 この辺りはあの世とこの世の境目と考えられていました。

そして、 この境目にある六道珍皇寺で、 亡くなられた人の霊を、 お盆前にお迎えするという風習が生まれたと考えられています。

「 六道まいり 」参詣順路

1. 門をくぐり境内の参道すぐのところに高野槇( こうやまき )を購入

高野槇 / 京都 ブログ ガイド

2. 本堂前で故人の戒名を水塔婆に書いてもらう

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

3. 「 お迎え鐘 」を撞く

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

4. 本堂の本尊、 薬師如来にお参りし、 ご先祖様の霊が無事に家へ戻ってこられるようにお願いする。

薬師堂 / 京都 ブログ ガイド

薬師堂

5. 水塔婆を線香で浄める。

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

6. 地蔵堂前の「 賽の河原 」という場所で水塔婆を水向け用桶に納め、 高野槇の穂先で水塔婆を湿らせる「 水回向( みずえこう )」を行う。

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

7. これで「 六道まいり 」は終了。 参詣者は高野槇を精霊が宿る「 依り代 」として持ち帰り、 仏壇にお花と共に飾っておく。

納められた水塔婆はお盆に供養がなされます。 お盆に家へ帰ってきていたご先祖様の霊は、 8月16日の「 五山送り火 」であの世へ帰られます。

8月17日午前11時から、 ご先祖様の霊の、 冥府への旅路の無事を祈って、 水塔婆の総供養が行われます。

閻魔堂

閻魔堂 / 京都 ブログ ガイド

普段は閻魔堂の正面は戸が閉められているため、 小窓からしか中の閻魔様や 小野篁 ( おの の たかむら )像を見ることができません。でも、「 六道まいり 」の期間中は、 戸が全開になっているので、 じっくり拝むことができます。

やはり閻魔様は迫力満点です。

普段の閻魔堂。 戸が閉められています。 女性がのぞいているところから閻魔様が見られます。

お迎えの鐘

迎鐘 / 京都 ブログ ガイド

写真のように、 おばあちゃんが子供たちを「 六道まいり 」に連れてきて、鐘の撞きかたなどを教えているのは、とても微笑ましい光景。

綱を手前に引くと、 中の鐘が撞かれます。

普段はこんな感じで、 すっぽり収まっています。

六道珍皇寺について

六道珍皇寺の創建については、 明らかではありません。

平安 ・ 鎌倉時代には、東寺に属して隆盛していましたが、やがて衰退してしまいました。

その後、室町時代の正平年間( 134 6 ~ 1370 )に建仁寺の僧、「 良聡( りょうそう ) 」によって再興され、 臨済宗に改められました。

薬師堂の本尊の木造薬師如来坐像( 重要文化財 )を安置し、 閻魔堂には 小野篁 の作と伝わる閻魔大王像と、 等身大の小野篁像が祀られています。

六道とは

「 六道 」とは、 仏教の教義でいう地獄道( じごく )・ 餓鬼道( がき )・ 畜生道( ちくしょう )・ 修羅道( しゅら )・ 人道( 人間 )・ 天道の六種の冥界のことです。

五条坂陶器まつり

陶器まつり / 京都 ブログ ガイド

清水焼発祥の地 「 五条坂 」で、 8月7日 ~ 10日まで開催されているのが、 五条坂陶器まつり。 約400もの露天で賑わいます。

掘り出し物が見つかるかも !?

陶器まつり / 京都 ブログ ガイド
六道珍皇寺の「 六道まいり 」と連動しているので、 朝9時から夜の10時まで開催されています。

五条坂から六道珍皇寺へは徒歩約10分。

まとめ

六道まいり 六道珍皇寺 / 京都 ブログ ガイド

お盆前に、 ご先祖様の霊を迎える京都ならではの習慣を見ることができます。

私が訪れたのは、 8月9日の午後4時位でしたが、 それほど混雑はしていませんでした。

「 六道まいり 」と「 陶器まつり 」の両方へ行く人も多いのではないでしょうか。




 

六道珍皇寺ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 東山区 大和大路通四条下る 四丁目 小松町 595

電話 : 0 7 5 - 5 6 1 - 4 1 2 9

拝観自由




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA