京都 路地 ,そして辻子。これぞ京都の細い道

京都 路地 /京都 ブログガイド

路地と辻子

 

「 京都 路地 ,そして辻子 (ずし) 」

京都の古くからの住宅「 京町家 」は, 間口が狭く, 奥へ長い造りになっています。 俗に「 うなぎの寝床 」などと揶揄されますが, なぜなんでしょうか ?

土地がなかったから ? たまたまそうなってしまった (笑) いえ, いえちゃんと理由があります。

京都 路地 なんで, うなぎの寝床 ?

これは当時の税金対策のためで, 間口が狭いほど税金が安かったようです。

そして今回の本題の「 路地と辻子 」。 京町家 ( 民家 ) と京町家 ( 民家 ) の間を通っている小道には, 大まかに分けて2種類あります。

京都 路地 , そして辻子

1.  京都 路地 ( ろーじ )

京都 路地 あじき路地2/京都 ブログガイド

京都の街を歩いているとよく見かけます。 街並みに溶け込んで, 京都らしい雰囲気を感じることができます (^^)

” 路地 “とは, 隣の通りまで行けない小道で, 突き当りが袋小路になっています。 一つの目安として, その路地の入口に, 奥に住んでいる人の表札があげられている場合が多いです。

東山区の六波羅にある「 あじき路地 」が有名。

京都市 東山区 大黒町通松原下ル 2丁目山城町 284 ※ 下記記地図参照

築100年以上の京町屋を大家の「 安食 弘子(あじき ひろこ) 」さんが再生し, 現在はクリエーターやお店が軒を連ねます。 京都らしい雰囲気を感じながら, お店めぐりもすることができます。

京都 路地 あじき路地3/京都 ブログガイド

路地の両側に, 京町家が軒を連ねます。

京都 路地 あじき路地4/京都 ブログガイド

奥は, 袋小路になっています。

京都 路地 祇園路地1/京都 ブログガイド

祇園にも, 京都らしい雰囲気の路地があります。

京都 路地 祇園路地2/京都 ブログガイド

路地の入口に表札がかかっていて, 奥に民家があります。

路地の両側に民家が軒を連ねるあじき路地とは違い,  写真のように, 京町家の一部分を貫くように, 路地が造られています。

2.  辻子 ( 図子 ) づし

京都 路地/京都 ブログガイド

路地のように先が袋小路ではなくて, 隣の通りまで行ける細い通りが ” 辻子 ” 。

祇園にあるちょっと変わった辻子。 隣の通りとつながっています。 京町家と京町家をつなぐ通路を屋根代わりにしています。 中はどうなっているのか, ちょっと気になります (^^)

京都 路地 祇園辻子2/京都 ブログガイド

2つの京町家をつなぐ通路の下。

京都 路地 祇園佐川/京都 ブログガイド

「 路地と辻子 」とは関係ないけど, 祇園にある佐川急便。 京都らしい趣がありますね ー 。

花見小路通

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

祇園のど真ん中を通っているのが花見小路通。 「 祇園甲部 」 と呼ばれる ※京都五花街の中でも一番舞妓さんの在籍数が多く, 最大規模の花街の中を通り, お茶屋で有名な一力亭があるのも花見小路通。 これぞ京都という知名度が高い通りです。

花見小路通の脇道に入ると, 前述の京都らしい雰囲気の路地があります。

※ 京都五花街 : 祇園甲部, 祇園東, 宮川町, 先斗町, 上七軒の五つ。

京都 路地 見たいなら, ここ。

京都 路地 先斗町/京都 ブログガイド

迷わず先斗町へ。 一目瞭然で判ります ! !「 路地と辻子 」の宝庫 !

京都 路地 先斗町路地1/京都 ブログガイド

路地です。

先斗町路地2/京都 ブログガイド

通り抜けできないのが, 「 路地 」

看板に書いてるからよくわかります。

先斗町辻子1/京都 ブログガイド

辻子。 向こう側が, 木屋町通になります。

先斗町辻子

通り抜けできるのが, 「 辻子 」

先斗町と木屋町の間は, 路地と辻子のオンパレード (笑)

先斗町

先斗町 / 京都 ブログ ガイド

狭い道の両側に京都らしいお店が軒を連ね, 東側にある飲食店の中には, 5 / 1 ~ 9 / 30 の期間中に京都の夏の風物詩 鴨川納涼床を出すお店も。

そして, 先斗町は京都 五花街のひとつだから, お茶屋さんが何軒もあります。 だから, 舞妓さんが歩いている姿をよく見かけます (^^)

京都 先斗町 狭い通りに続く京都らしい町並。

ちょっと, 寄り道。

宮川町

宮川町

あじき路地からも徒歩約2分。 一つ東の通りが新宮川町通です。

花見小路通の方が圧倒的に知名度があるけど, 有名なだけに観光客が多いのが難点。

その点, 宮川町通は人が少なく, ゆったり静かな雰囲気の中で, 京都らしい街並みを堪能することが可能。 舞妓さんが, そぞろ歩く姿が見かけられるかも ? !

轆轤町 ( ろくろちょう )

あじき路地から徒歩約5分のところにあります。

「 轆轤 」 とは, 焼物を作るときに陶器を回す器具ですよね。 京都は清水焼があるから, 焼物関係の歴史がある町なんでは ? と思いますが, 実は全く違います。

轆轤町 (ろくろちょう) あまりに不吉な前の町名は ?

六道珍皇寺

迎鐘

お盆前の8月7日 ~ 10日, ご先祖様をお迎えする 「 六道まいり 」 をするため, 六道珍皇寺へ多くの京都人が訪れます。

お盆前に, ご先祖様の霊を迎える京都ならではの習慣を見ることができます。

六道まいり 六道珍皇寺

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺

全盛期は寺域も広く, 平家の邸宅や鎌倉幕府の探題が置かれるなど, 源平史跡の中心でもありました。

六波羅蜜寺

近くのグルメ

みなとや幽霊子育飴本舗

幽霊子育飴

なんとも怖い名前の ” 幽霊子育飴 ” が有名なお店。 悲しく切ない由来がありました。

みなとや幽霊子育飴本舗 ( 松原通大和大路東入ル あじき路地から徒歩約5分 )

近くのラーメン屋

ラーメン ポパイ

ラーメン ポパイ

京町家が軒を連ねる京都らしい雰囲気を感じられるのが 「 宮川町 」。 そこから, 少し東へ行くと 「 ラーメンポパイ 」があります。

醤油のやわらかい味わいと, 豚のまろやかなコクが楽しめます。 後味に, ほんのり魚粉のような味が口の中に残ります。 そして, ラーメン以外にも美味しいものが。

ラーメン ポパイ ( 松原通川端東入ル あじき路地から徒歩約5分 )

京都 路地 まとめ

先斗町辻子1/京都 ブログガイド

「 路地 」 や 「 辻子 」 を歩いていると, 京都らしさを実感することができます。

京都観光のメインじゃないけど, 祇園や先斗町, そして他の京町家が立ち並ぶ地域へ行ったときに, 京都の脇役観光として楽しむことができます。 特に先斗町は 「 路地 」 や 「 辻子 」 の宝庫 !!  

先斗町や木屋町で食事をする際に, 二つの通りを行き来したりするのも楽しいもの。 先斗町の隣の木屋町通には, 幕末の史跡がたくさんあるから, 歴史めぐりをするのもオススメです。

京都 木屋町通 幕末 史跡めぐり

 

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA