西院 京の西の果てに広がる「賽の河原」

西院 / 京都 ブログガイド

西院

 

嵐電四条大宮の次の駅が「西院」

西院と書いて、「さい」と読みます。

 

なんで、「 さい 」?!

 

嵐電に乗ったことがない人は、

西院という駅自体あることを

知らないと思いますが、

 

西院2 / 京都 ブログガイド

 

阪急電車の「西院」は

知っているのではないでしょうか?

 

こちらは、「 さいいん 」と読みます。

嵐電と阪急で読み方が違います。

 

※会話の中では、「 さんいん 」と言っています。読み方間違っています(笑)

 

なんで嵐電と阪急で違う読み方?

西院3 / 京都 ブログガイド

 

古くからあった嵐電は、

「さい」と呼んでいましたが、

 

1934年に京都府の告示により

「さいいん」が公称化されたこともあり

阪急は「さいいん」となったようです。

 

前から2つの駅の存在自体は

知っていたのですが、

2つの読み方の違いなんて

あまり気にもしていませんでした。

 

「 賽(さい)の河原 」が由来?!

 

轆轤町千本通 の由来 を

調べているうちに、

「 西院 」についても

いわくつきの由来を知りました。

 

諸説あるようですが、

 

「賽の河原」からきたようなんです。

 

京の果て

 

新京極・寺町・御幸町 」でも

書きましたが、

 

新京極の”京極”の意味は、

「 京の果て 」 という意味。

 

当時新京極辺りは鴨川の河原で、

新京極から東は、

人の住むところではないと

考えられていたようです。

 

京の西の果て

西院5 / 京都 ブログガイド

 

阪急西院駅のひとつ西の駅に、

阪急「 西京極 」駅があります。

 

同じように、

西京極の意味は、

” 京の西の果て ”という意味。

 

” 京の西の果て ”のひとつ東に

阪急西院の駅があります。

 

佐井川

西院4 / 京都 ブログガイド

 

嵐電西院駅と阪急西院駅は

西大路四条辺りにあって、

 

西大路通のひとつ西に

春日通(佐井通)があります。

 

昔は、この辺りに、

「佐井川」という川が流れており、

 

そこに、

「賽の河原」があったそうです。

 

平安時代には、

 

この佐井川(賽の河原)の辺りには

幼くして亡くなった子供の

亡骸がたくさんありました。

 

親に先だって死んでしまった子供は

親不孝と考えられていた時代なので

 

先だった子供は、

あの世にある河原(賽の河原)で

申し訳ない気持ちで親を想い

石を積んで塔を造っていると、

 

鬼が来て塔を崩し、

先に死んでしまった不孝を

責めるのです。

 

何度石を積んで塔を造っても、

鬼がその塔を壊しに来ます。

 

やがて、賽の河原に

地蔵菩薩がやってきて、

子供を救い守るということです。

 

西院(さい)之河原

 

西院6 / 京都 ブログガイド

 

西大路四条の北東角に

「高山寺」があります。

 

高山寺の石碑には西院(さい)之河原。

 

やはり、

この辺りに西院之河原があったよう。

 

「西院」別の由来

 

淳和天皇の離宮が、

現在の西院辺りにあり、

 

京都御所から見て、

西の院だったことから、

「西院」となったという説。

 

また、

前述の「 佐井川 」からきた

との説もあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA