天使突抜 あの人のごり押しでできた道!?

天使突抜 / 京都 ブログガイド

天使突抜 ( てんしつきぬけ )

 

「 天使突抜 」

京都には色んな珍しい地名があるけど, 「天使突抜」は, BEST3に入るんではないでしょうか?

「 天使 」とは, 何ともロマンチックな単語が入っている町名だけど, この名前のついた由来には, ” あの人 ” が関係しています。

あの人のごり押しでできた道 !?

御土居 / 京都ブログガイド

盛り上がっているのが御土居。 京都市北区大宮玄琢下辺り。

そう, ” あの人 ” とは,「 豊臣秀吉 」。

天下を取った豊臣秀吉は, 天正十九年 ( 1591 ) に, 応仁の乱 で荒廃した京都の都市改造の一環として, 外敵の襲来に備える防塁と, 川の氾濫から市街地を守る堤防として, 京都市街地の23キロにわたって土塁 ( 御土居 おどい 上の写真 ) を建築。

岐阜県大垣市墨俣 ( すのまた ) の一夜城建築や備中高松城の水攻めなど土木工事が得意だった秀吉らしい発想。 備中高松城 水攻めの時の堤防建設のノウハウがあったかもしれませんね。

写真の現地で見たけど結構な高さ。当時に比べれば削れて低くなっているだろうから, もっと高かったんでは。 とにかく, すごい土木工事だったでしょうね。

御土居は, 東は鴨川, 西は天神川, 南は九条辺り, 北は鷹ケ峯に沿って築かれました。
御土居の範囲 ( Wikipedia )

御土居の内側を洛中, 外側を洛外と呼び, 要所には, 七口といわれる出口を設置。 鞍馬口, 丹波口などの地名はその名残。

また同時に, 秀吉は都市整備の一環として, 新たな通りの建設にも着手。 そのことが, 東中筋通, 別名 : 天使突抜通 ( 以下:天使突抜通 ) のできるきっかけとなります。

” 天使突抜 ” 通

上の地図の青の 〇マーク ( 西洞院通と油小路通の中間位 )から, 南に向けて「 天使突抜通 」 が始まっているけど, この通りは, 秀吉が京都を整備する前はありませんでした。

天使突抜 / 京都 ブログガイド

ここから, 南へ向けて天使突抜通が始まります。

上の地図の青の 〇マーク が天使突抜通の始点 ( 北の端 ) 。 〇マーク の北側 ( 上 ) には通りはなし。

天使突抜通の始点からまっすぐ北へ延長すると, 緑の ×マーク 小川通 ( 南北の通り ) の南の終点に出合います。

※ 緑の ×マークから 「 小川通 」 が北へ向けて始まります。

秀吉は, この錦小路で終わっている「 小川通 」をさらに南へ延伸しようと考えました。 でも,「 小川通 」を南へ延ばすといっても, そこには民家などが建っているから, 道を通すことなど不可能。

しかも, 仏光寺通の二つ南の松原通 ( 東西の通り ) 辺りで, ” 五條天神宮 ” の境内を通ることとなるので, 当然のごとく周りから反対の意見が出ました。

でも, 周りからの反対もよそに,

「 五條天神宮を, 突抜ければよいではないか !! 」 と秀吉が言ったかどうかはわからないけど, 「 小川通 」の南延伸を強行。

その結果できたのが, 「 天使突抜通 」。

応仁の乱で荒廃した京都の都市改造の名のもとに, 境内に道を通された” 五條天神宮 ” や, 道を造るために立ち退かされた住人は, 本当にいい迷惑だったでしょう。

でも, なんで天使突抜 ? !

実は, この ” 五條天神宮 ” は, 天神と名前がついているけど, 菅原道真を祀る天神さんではありません。 その昔は, 「 天使の宮 」( 天使社 )と呼ばれ, 地元の人からは, ” お天使さま ” と呼ばれていたそう。

めっちゃ, 優しそうな神様 ! ! お天使さまって (笑)

その地元から愛されている ” お天使さま ” の境内に無理やり道を通したもんだから, 当時の京都人は, 秀吉への怒りと皮肉を込めて, 「 天使突抜通 」 と呼んだそうです。

※現在, 天使突抜通の錦小路 ~ 仏光寺間が, なぜ道がないかは不明。

五條天神宮について

五條天神宮 / 京都 ブログガイド

祭神は 「 大己貴命 ( おおなむちのみこと ) 」, 「 少彦名命 ( すくなひこのみこと ) 」, 「 天照大神 ( あまてらすおおみかみ ) 」を祀っています。

社伝によると, 延暦一三年 ( 七九四 ) , 桓武天皇の平安遷都に当たり, 大和国宇陀郡から天神 ( あまつかみ ) を移したのが ( 勧請したのが ) 始まり。

五條天神宮 / 京都 ブログガイド

当初は 「 天使の宮 」( 天使社 ) と呼ばれていたけど, 後鳥羽天皇の時代に「 五條天神宮 」と改められました。 当時は現在の五條天神宮以上の規模を誇っていたけど, 戦乱や火災によって縮小してしまいました。

五條天神宮は, 昔から医薬とおまじないの神様として人々から敬われ, 今でも節分には, 厄除け祈願に参詣する人が多くいます。

” 天使突抜 ” 町

天使突抜 / 京都 ブログガイド

東中筋通 ( 天使突抜通 ) 松原下ルから,「 天使突抜通 」の両側に, 天使突抜1丁目, 2丁目, 五条通を挟んで, 天使突抜3丁目, 4丁目と続いています。

こんな住所から手紙が来たら, 思わず二度見するでしょうね (笑)

天使突抜 / 京都 ブログガイド

天使突抜 アクセス

天使突抜の北の始点, 仏光寺通西洞院西入ルまでは, 地下鉄「 四条駅 」, 阪急「 烏丸駅 」から徒歩約6分。

上ル下ル西入東入について

近くのグルメ

満足処 ももから こーたろー

満足処 ももから こーたろー / 京都 ブログ ガイド

お手軽料金で揚げたての唐揚げを食べられるので, 地元の人間がよく利用しています。 観光で来たときには, ちょっと入りにくい店だけど, 美味しくて地元オススメのお店。

店でも食べられるけど, 夕方は唐揚げだけをお持ち帰りで注文する地元客が多いです。

満足処 ももから こーたろー ( 仏光寺西洞院交差点から徒歩約3分 )

七輪焼 Kaneko

京都 焼肉 七輪焼 Kaneko13/京都 ブログ ガイド

鉄板焼きで食べるような分厚い肉が出てきます。

また, ご主人の仕事が丁寧で, 注文を受けてから, 一枚一枚肉を切り分けます。

四条烏丸から少し離れているのと, こじんまりとしたお店なので, 地元の人間しか知らないけど, コスパが良く, 満足度が高い, かなり美味しい焼肉屋。

七輪焼 Kaneko ( 仏光寺西洞院交差点から徒歩約5分 )

天使突抜 まとめ

大阪では戦国一の下克上で, 圧倒的な人気を誇る秀吉も, 京都でそれほどでもないのは, 天使突抜道のようなゴリ押しをしたからかもしれません。

自身の住まいである伏見城から京都御所へ行き易くなるようにと 御幸町通 を新たに作ったりもしています。

新京極・寺町・御幸町 ここにもあの人の影響が。

ほかにも都市整備計画の一環, 京都防衛や税金徴収の簡略化のために, 寺町通 にお寺を移転させたりもしています。 たくさんのお寺が移されてきたけど, 明智光秀が織田信長を攻めた本能寺もこの時, 寺町通御池下ルに移ってきました。

本能寺跡 本能寺の変はここで起こった!

京都府 京都市 下京区 天使突抜1丁目, 2丁目, 3丁目, 4丁目

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA