花見小路通 祇園を突っ切る”京都”な通り

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通

 

「 花見小路通 」

「 あなたが最も ” 京都 ” を感じる通りはどこですか ? 」 という質問をしたら, 四条通や三条通, 河原町通などと共に, 上位にランクインするのが『花見小路通』ではないでしょうか。

花見小路通を歩く舞妓さんのイメージが頭の中に思い浮かびます。

花見小路通 2つの夜の街

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通の南を望む

花見小路通とは, 北は, 三条通と交わるところから, 南は, 建仁寺の北門まで, 約1kmの南北の通り。

四条通を境として, 南は京町家と石畳風の道が続き京情緒が溢れます。

北は, 祇園の飲み屋街。 同じ飲み屋がたくさんある「 木屋町 ( 三条~四条 ) 」が若者の飲み屋街なら, 花見小路は, 大人の社交場。 どちらも夜の街だけど, 雰囲気は全く違います。

祇園の花街

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

一力亭

祇園甲部 」 と呼ばれる※京都五花街の中でも一番舞妓さんの在籍数が多く, 最大規模の花街の中を通り, お茶屋で有名な一力亭があるのも花見小路通。

京都五花街 : 祇園甲部, 祇園東, 宮川町, 先斗町, 上七軒の五つ。

祇園花街の形成

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

江戸時代の初めごろ, 祇園社 ( 八坂神社 ) の門前にあった茶店が, 参拝客や花見客にお茶や団子を提供し始めました。 それが, お茶屋の発祥とされます。

八坂神社 またの名を祇園感神院 ?!

そして, 提供するのがお茶だけではなく, お酒も出すようになり, お酒を運ぶ女性が歌舞伎芝居を真似て踊りや三味線を披露するようになりました。 それが, 舞妓 ・ 芸妓の始まりと言われています。

お茶屋 置屋 、そして一見さんお断り

やがて, 舞妓 ・ 芸妓をかかえる置屋 ( おきや ) や舞妓 ・ 芸妓が派遣されていくお茶屋が拡がってゆき, 祇園の花街を形成していきました。

花見小路通 ちょっと脇道へ

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通そのものよりも, 少し脇道に入るだけで, 雰囲気はそのままで, 観光客が少なくなります。

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

オススメは, 花見小路通の1本西の 「 西花見小路通 」。

道幅は狭いけど, 同じように石畳風の道と京町家の街並みが続いています。

路地と辻子

路地と辻子 祇園路地2/京都 ブログガイド

花見小路通を横道に入ったとある路地。 表札がかかっています。

花見小路通と交わる横道へそれると観光客は少なくなります。 そして, 京都らしい 「 路地 ( ろーじ ) と辻子 ( ずし ) 」 の宝庫 (^^)

“ 路地 ” とは, 隣の通りまで行けない小道で, 突き当りが袋小路になっています。 一つの目安として, その路地の入口に, 奥に住んでいる人の表札があげられている場合が多いです。

路地と辻子 これぞ、京都。ほそーい道の話

路地と辻子 祇園路地1/京都 ブログガイド

こちらも横道に入ったとある路地。 めっちゃ雰囲気がいい ! ! 

路地と辻子 祇園辻子1/京都 ブログガイド

こっちは, 辻子 ( ずし ) 。

路地 ( ろーじ ) のように先が袋小路じゃなくて, 隣の通りまで行けるのが ” 辻子 ” 。

祇園にあるちょっと変則的な辻子。 隣の通りとつながっています。 京町家と京町家をつなぐ通路を屋根代わりにしています。 中はどうなっているのか, ちょっと気になる (^^)

花見小路通以外のススメ

宮川町 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通の話をしていて, それ以外に行ったほうがいいっていうのは少しおかしなことだけど, 知名度が一番高いところよりも, それ以外でも十分同じくらいに楽しめて, 満足度が高いっていうことはよくあることですよね。

とにかく, 花見小路通は人が多い ! ! わき道に入っても, 観光客が多くてどうしようもない時もあります。

そんなときのオススメは, 「 宮川町通 」。 花見小路通からも徒歩約3分で行けるし, 京阪 「 祇園四条駅 」 1番出口からも徒歩約10秒の近さ ! ! 同じように石畳風の道が続き, 宮川町の花街を通っています。

舞妓 みるなら宮川町が, オススメ。

まず, 花見小路通へ行ってみて, その後に宮川町へ行ってもいいかも。 観光客の少なさに驚くと思います。

花見小路通 アクセス

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

京阪 「 祇園四条駅 」 6番出口から徒歩約2分。 阪急 「 京都河原町駅 」 1B出口から徒歩約4分。 四条通の南側の歩道を八坂神社の方向 ( 東 ) へ歩いていけば, 右側 ( 南側 ) に石畳風の花見小路通。

花見小路通 近くの観光スポット

新橋辺り

巽橋 2021 / 京都ブログガイド

花見小路通と交わる新橋通を西へ30秒歩くと 「 新橋辺り 」。 駅近くで京都らしさが満喫できる人気のエリア。 写真の巽橋や辰巳神社, 京都らしい町並みが迎えてくれます。

建仁寺

建仁寺 / 京都 ブログガイド

建仁二年 ( 1202 ) , 創建時の元号から 「 建仁寺 」 と名付けられました。 日本に禅宗をもたらした明庵栄西 ( みんなんようさい ) が初代住職。

建仁寺

八坂神社

江戸時代まで, 八坂神社は比叡山延暦寺の末寺でもあったので, 「 祇園感神院 ( かんしんいん ) 」 という寺の名前でも呼ばれていました。つまり, 神社でもありお寺でもありました。

八坂神社

仲源寺 ( 目疾地蔵 めやみじぞう )

仲源寺 ( 目疾地蔵 ) には, 右目が赤い地蔵尊像が安置され, 人々の目の病を引き受けて赤くなっているのだといわれています。 現在も, 眼病治療にご利益があるとして広く信仰されています。

仲源寺 ( 目疾地蔵 )

花見小路通 近くの宿泊施設

祇をん新門荘

花見小路通に面する祇をん新門荘は, 伝統ある町並みが今も残こる京都市の歴史的景観保全修景地区 「 祇園 新橋 」 から徒歩1分の場所にあり, 祇園の風情と京都らしさを心ゆくまで感じることの出来る旅館。

祇をん新門荘

純和風料理旅館き乃ゑ

月替りの美味しい京懐石料理が楽しめる料理旅館。

花見小路通の南端から徒歩約2分で, 祇園 ・ 東山観光に便利なロケーション。

純和風料理旅館き乃ゑ

近くのラーメン屋

祇園京都ラーメン

花見小路通四条上ルにあるのが, 「 祇園京都ラーメン 」。

祇園のど真ん中にあるから, 飲んだ後の〆には最適なラーメン。 「 特選 醤油ラーメン 」は, 醤油ベースのアッサリ薄めのラーメンだから, 飲んだ後でもお腹に優しい。 また, 充実した薬味で自分好みの味に変えられます。

「 鶏どろラーメン 」 は, コッテリはしているけど, いやらしい後味は無し。 ただ, コクは十分あるけど, 「 旨味 」 が少し足らない感じ。

花見小路通 まとめ

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

祇園甲部の歌舞練場

花見小路通は, 駅から近く, 京都らしい街並みが続く祇園甲部の花街の真ん中を通り, 運が良ければ舞妓さんも見られるとあって, とっても人気のある通り。

コロナ以前は, インバウンドの増加で, 初めて京都を訪れる外国人観光客には必須の訪問先になっているよう。 そのため, 残念ながら多くの観光客で溢れ, 京都らしい静かな雰囲気が薄れてしまっています。

舞妓さんは見られないけど, 静かに花見小路通を楽しみたいなら, 早朝に行くしかないようですね。

舞妓さんを見たいのなら, 宮川町と共に, 先斗町もオススメ ! !

先斗町 本物の舞妓さんに会いたいなら, この時間。

京都 通り

北は, 三条通と交わるところから, 南は, 建仁寺の北門まで, 約1kmの南北の通り。

人気のある記事はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA