MENU
京都ブログガイド カテゴリー

花見小路通 歴史や見どころ, おすすめのお店も紹介

祇園 / 京都 ブログガイド

花見小路通 歴史や見どころ, おすすめのお店も紹介

「 花見小路通 」

「 あなたが最も “京都” を感じる通りはどこですか ? 」 という質問をしたら, 四条通や三条通, 河原町通などと共に, 上位にランクインするのが『花見小路通』ではないでしょうか。

花見小路通を歩く舞妓さんのイメージが頭の中に思い浮かびます。

目次

花見小路通 2つの夜の街

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通の南を望む

花見小路通とは, 北は三条通と交わるところから, 南は建仁寺の北門まで, 約1kmの南北の通り。

祇園のど真ん中を通っています。

四条通を境として, 南は京町家と石畳風の道が続き京情緒が溢れます。 北は, 祇園の飲み屋街。 大人の社交場です。 

花見小路通は, どちらも夜の街だけど, 四条通の北と南では雰囲気は全く違います。

※現在, 四条通から南側の花見小路通は水道管更新工事のためアスファルト舗装になっています。

花見小路通の歴史

ところで, 祇園を通る花見小路通は明治以降にできた新しい通り。

江戸時代までは, 四条通まで建仁寺の寺域でした。

京都でも四条河原町のように, たくさんのビルが建つ街並みになったところもあるけど, 花見小路の四条通より南側の京都らしい街並みが変わらなかったのには, 理由があります。

実は, この辺りの土地を所有しているのは, 祇園の花街組合。

だから個人で勝手に土地を売買することが出来ません。

そのため雰囲気を損なうような建築物は建てられてきませんでした。

現在は, 祇園町南側地区協議会が業種の規制をしています。

ちなみに, 祇園町南側エリアにはアダルト系はもちろん, コンビニやファストフードも出店できません。

これからも歴史的な京都らしい街並みを護っていってほしいですね。

花見小路通が通っている祇園花街の形成

花見小路通 / 京都 ブログ ガイド

花見小路通が通っているのは祇園のど真ん中。

では, 祇園はどのようにできてきたのでしょうか?

江戸時代の初めごろ, 祇園社 ( 八坂神社 ) の門前にあった茶店が, 参拝客や花見客にお茶や団子を提供し始めました。 それが, お茶屋の発祥とされます。

そして, 提供するのがお茶だけではなく, お酒も出すようになり, お酒を運ぶ女性が歌舞伎芝居を真似て踊りや三味線を披露するようになりました。 それが, 舞妓 ・ 芸妓の始まりと言われています。

やがて, 舞妓 ・ 芸妓をかかえる置屋 ( おきや ) や舞妓 ・ 芸妓が派遣されていくお茶屋が拡がってゆき, 祇園の花街を形成していきました。

祇園とは

祇園の中心部を通っている花見小路通。

実は「 祇園 」という地名があるわけではありません。

「 祇園 」とは, 京都市上京区の「 西陣 」のように, ある特定の地域を示す単なる呼び名なんです。

西は鴨川辺り, 東は今の八坂神社の南門辺り, 北は古門前通辺り, 南は建仁寺辺りまで。

だいたい下の地図の範囲が祇園と考えられています。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次