京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS

PROFILE
SEARCH

斯波氏武衛陣・足利義輝邸遺址
京都 ブログ 観光ガイド

室町幕府「第一の家格」として三管領筆頭だった斯波義将(1350〜1410)は、
宮中御所等を守護していた兵衛府の唐名をとって武衛と呼ばれていたため、
斯波義将の邸宅があったこの辺りは、武衛陣と呼称されるようになりました。
応仁の乱で焼失してしまいましたが、遺址付近は現在も武衛陣町と呼ばれています。

後年、室町幕府第13代将軍足利義輝(1536〜65)が武衛陣町に邸宅を構えて政務をとっていましたが、永禄8年(1565)松永久秀らに襲撃されて死去し邸宅も焼失してしまいました。

永禄12年(1569)織田信長が武衛陣地を拡張し、室町幕府最後の将軍足利義昭(1537〜97)のために旧二条城を建設しました。

維新後の明治28年、この「武衛陣・旧二条城」跡地に、平安女学院が大阪から移転し今日に至っています。

京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

 京都の泊まりたい宿、見つけ易く。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ戦国時代 | - | - |
島左近墓所
京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

 京都の泊まりたい宿、見つけ易く。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ戦国時代 | - | - |
京都 観光旅行めぐり 秀吉妙顕寺城跡
秀吉妙顕寺城跡

天正14年に聚楽第を建設するまで、
妙顕寺城が京都での政庁だったそうです。
京都 観光旅行めぐり
>>場所はこちら(西福寺の南側)


今となっては、建物の姿はわかりませんが、
周囲に堀をめぐらし、天守もあったようで、
普段は京都の政務をするため前田玄以が居住し、
秀吉が上洛すると、妙顕寺城が宿舎となりました。

現在、まったく痕跡がありませんが、
この辺りは古城町という町名になっています。


京都 観光旅行めぐり
ちなみに、石碑の前にあるラーメン屋はおいしいです。
ラーメンをすき焼きのように、卵をといたものにつけて食べます。
私はそれが最初わからず、卵かけご飯にして食べてしまいました。(^_^;
次は正しい食べ方で・・・。

 京都の泊まりたい宿、見つけ易く。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ戦国時代 | comments(0) | - |
蓮光寺 −長宗我部盛親の墓−
六条富小路上ル東側に蓮光寺というお寺があります。ここには長宗我部盛親のお墓があります。
>>場所はこちら

京都観光営業日記 京都観光営業日記

盛親は司馬遼太郎の『戦雲の夢』で主人公として描かれています。
長宗我部元親の四男として生まれ、兄信親が戦死すると、家督を継ぎました。
父の元親没後、関が原で西軍についたため領地を没収され、大坂冬の陣・夏の陣で再び東軍と戦うも捕らえられて六条河原で斬首されました。

 京都の泊まりたい宿、見つけ易く。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ戦国時代 | comments(0) | - |
京都 観光めぐり 明智光秀の塚
前回紹介した東山ユースホステルを出て左へ行くとすぐに白川が流れています。下流に向かって歩き、2筋目を東に入ると『明智光秀の塚』があります。
>>場所こちら

京都観光営業日記  


近江の坂本城に逃れる途中、小来栖の竹薮で農民に襲われて自刃、最後を遂げたといわれる。家来が光秀の首を落とし、知恩院の近くまできたが、夜が明けたため、この地に首を埋めたと伝えられています。

『明智光秀の塚』のすぐそばには御生菓子処『餅寅』さんがあり、『光秀饅頭』が売られています。(私も食べましたがおいしかったです。)また、運がよければ?若女将の川嶋千鳥さんに塚の由来等を聞くことができます。明智と名乗ることができなかったためにアキタと名乗り、塚を守ってきた等々、写真を見ながらここでしか聞けない話をしていただけます。

京都観光営業日記 京都観光営業日記 京都観光営業日記
    御生菓子処『餅寅』             川嶋千鳥さん              光秀饅頭

『明智光秀〜神に愛されなかった男〜』<フジテレビ2007年新春放送予定>


 京都の泊まりたい宿、見つけ易く。

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ戦国時代 | comments(0) | - |