京都 島原 新選組と幕末志士の息づく街

京都 島原 輪違屋2 / 京都ブログガイド

 

京都 島原

 

京都 島原は、

江戸時代以来、

公の花街として発展してきました。

 

寛永十八年(1641)

官命によって

島原の前身である六条三筋町から

現在の地に移されました。

 

その移動騒動が、

九州で起きた島原の乱を

思わせたところから

「島原」と呼ばれるようになりました。

 

京都 島原は、

単に遊宴をする場所にとどまらず、

江戸時代中期には

和歌、俳句等の文芸も盛んで、

島原俳壇が形成されるほどになりました。

 

しかし、 明治以降、

島原は次第にさびれていき、

 

現在では、

置屋の「輪違屋(わちがいや)」、

揚屋(お茶屋)の「角屋(すみや)」、

そして島原入口の「大門」が

当時を偲ばせています。

 

新選組と幕末志士の息づく街。

 

 

島原大門

京都 島原 島原大門 / 京都ブログガイド

 

京都 島原は、

輪違屋、角屋、島原大門などの

観光スポットがコンパクトに位置しているので

観光しやすいのも利点です。

 

輪違屋

京都 島原 輪違屋1 / 京都ブログガイド

 

輪違屋は、

太夫や芸妓をかかえていた由緒ある置屋で、

元禄年間(1688~1704)の創業

と伝えられています。

 

現在の建物は、

安政四年(1857)に

再建されたといわれていますが、

その後の増改築で

明治四年(1871)には

ほぼ現在の姿になりました。

 

一階南半分の居室部分と、

一階北半分及び 二階の客室部分からなります。

中でも 二階の傘の間と紅葉の間が、

主要な座敷で、

襖や壁の斬新な意匠は

素晴らしい と言われています。

 

輪違屋は、 建築的に質が高く、

また、

古い置屋の遺構として 非常に貴重です。

昭和59年6月1日に

京都市指定有形文化財に指定されました。

 

角屋

京都 島原 角屋1 / 京都ブログガイド

 

角屋は、

寛永十八年(1641)島原開設当初から

続く揚屋(お茶屋)です。

 

島原の角屋をはじめとする揚屋は、

遊宴だけでなく

和歌、俳諧の文芸やお茶などの

文化サロンとしての役割もありました。

 

角屋の建物は、

昭和27年に重要文化財に指定されました。

円山応挙・与謝蕪村などの

当時の一流画家の作品を 数多く所蔵し、

蕪村の大作「紅白梅図」も

重要文化財の指定されています。

 

幕末には、

新選組の宴会があったり、

西郷隆盛や久坂玄瑞などが

軍用金調達のために

豪商を招いて会議を行ったりもしました。

 

角屋もてなしの文化美術館

京都 島原 角屋2 / 京都ブログガイド

 

現在は、

角屋もてなしの文化美術館」として

一派に公開されています。

 

ちなみに、

新選組局長だった芹沢鴨は、

文久3年(1863)9月18日、

角屋で行われた宴会後に

新選組屯所で暗殺されました。

新選組 京都 史跡めぐり

 

島原西門跡

京都 島原 島原西門跡 / 京都ブログガイド

 

現在、門はなく、

昔はこの辺りに西門があったそうです。

 

島原住吉神社

京都 島原 島原住吉神社 / 京都ブログガイド

 

西門跡にあります。

 

島原大銀杏

京都 島原 島原大銀杏 / 京都ブログガイド

 

明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で、

住吉神社が廃社になった折も

ご神木として遺されました。

 

明治36年に神社が

再興されましたが、

この大銀杏のところまで

拡大されませんでした。

 

昭和5年に

この大銀杏の根元に

弁財天が祀られたことにより

さらにご神木として

崇められるようになりました。

 

今では、

樹高約20M、幹周り3.5M、樹齢300年の

島原一の巨木となっています。

 

島原歌舞練場跡

京都 島原 島原歌舞練場跡 / 京都ブログガイド

 

今は、

デイサービスの施設になっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA