文子天満宮 天神信仰発祥の神社

文子天満宮 / 京都 ブログガイド

文子天満宮

 

「 文子天満宮 」

祭神として菅原道真を祀り、※ 洛陽天満宮二十五社のひとつに数えられています。

※ 京都にある天満宮の中から、 特に菅原道真にゆかりの深い25社。

天神信仰発祥の神社

文子天満宮 / 京都 ブログガイド

社伝によると、大宰府に左遷された菅原道真は、延喜( えんぎ )三年( 903 )に、五十九歳で亡くなりましたが、

没後、道真の乳母であった多治比文子( たじひのあやこ )は、「 われを右近の馬場に祀れ 」との道真の託宣( たくせん ⇒ お告げ )を受けたそうです。しかし、その時の文子は貧しくて、社殿を建立することができませんでした。

何とかしたいと考えた文子は、その当時住んでいた右京七条二坊の自宅に小さな祠を建てて、道真を祀ったといわれています。

文子天満宮 / 京都 ブログガイド

これが文子天満宮の起源で、つまりは、天神信仰発祥の神社 といわれ、北野天満宮 の前身とも伝えられています。

それ以後、天明、 安政、 元治の大火で類焼しましたが、その都度再建されました。

文子天満宮 / 京都 ブログガイド

現在の社殿は、大正七年( 1918 )に造営されたもの。

招霊( おがたま )の木( モクレン科 )

文子天満宮 / 京都 ブログガイド

鳥居向かって右側に見えるのが、「 招霊の木 」

天照大神( あまてらすおおみかみ )が、天岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、天細女命( あめのうずめのみこと )は、この木の枝を持って、岩戸の前で踊ったと伝えられています。

招霊の木を持って踊ったことが、「 ※ 神楽鈴 」の起源といわれています。そして、神楽舞の鈴は招霊の木の実をかたどったもの。

また、三月頃に咲く招霊の木の花が、常陸宮家( ひたちのみやけ )の紋章で、殿下の「 おしるし 」です。

文子託宣図

文子天満宮6 / 京都 ブログガイド

菅原道真の生涯と天神信仰の成立と展開を描いた「 天神縁起絵巻 」には、多治比文子が描かれています。

文子天満宮7 / 京都 ブログガイド

北野天満宮の文子託宣図

文子天満宮8 / 京都 ブログガイド

大宰府天満宮の文子託宣図

日本全国にある天満宮には、さまざまな「 天神縁起絵巻 」が伝えられていますが、その中には必ず、「 文子託宣図 」が含まれています。

菅原道真 腰掛石

文子天満宮9 / 京都 ブログガイド

本殿向かって右側に、菅原道真が大宰府へ左遷されるときにこの場所に立ち寄って、腰掛けたといわれる石があります。

アクセス

地下鉄「 五条駅 」から徒歩約3分、 京阪「 五条駅 」から徒歩約6分、 JR「 京都駅 」から徒歩約12分。

間之町通 ( あいのまちどおり ) 花屋町下ルにあります。



北野天満宮について

北野天満宮 終い天神 2019 / 京都 ブログ ガイド

日本中に約12000社ある菅原道真を祀る天満宮の総本社。

菅原道真の急激な出世に危機感を抱いていた ※藤原時平の讒言によって、 道真は大宰府へ左遷され、 2年後に京の都を思いながら、 失意のうちに亡くなってしまいました。

その後、 京の都では災害が相次いだり、 道真を失脚させた藤原時平やその関係者が次々に亡くなったために、都の人々は道真の祟りだと恐れ、 菅原道真の魂を鎮めるために、 北野の地に神様として祀ることになりました。

※ 誰が讒言したかについては諸説あり。

菅原道真

北野天満宮 梅花祭 / 京都 ブログ ガイド

学者の家系に生まれた道真は小さいころから頭がよく 、 詩や歌も得意だったそう。
朝廷で、? 順調に出世していき、 時の宇多天皇の厚い信頼を得て、 家格を超えた要職にも就くようになりました。 そして、 醍醐天皇のときに右大臣にまで昇りつめました。

「 美しや 紅の色なる 梅の花 阿呼 ( 僕 ) が顔にも つけたくぞある 」

自宅の庭に咲き誇る梅の花を見て、 五歳の時に菅原道真が詠んだ詩。

菅原院天満宮神社

菅原院天満宮神社4 / 京都 ブログガイド

上記の詩を詠んだ時に住んでいたとされる、 菅原道真生誕の菅原家 邸宅跡にあるのが、 菅原院天満宮神社。
※菅原道真の出生地には諸説あり

菅原院天満宮神社

なぜ、 菅原道真は左遷されてしまったのか?

北野天満宮 終い天神 2019 / 京都 ブログ ガイド

身分を超えて要職に就くようになった菅原道真。 この当時、 皇室の一族である藤原氏が朝廷内で権勢を振るっていましたが、 宇多天皇は藤原氏を抑える意味でも道真を重用したよう。

宇多天皇が、 醍醐天皇へ天皇を譲った後でも、 道真は昇進を続け、 昌泰2年 ( 899 )、 右大臣に昇進して、 左大臣の藤原時平と肩を並べるまでになりました。

しかし、 道真の身分を超えた ( 家格を超えた ) 昇進に嫉妬する者や、 藤原氏との政治対立などが顕在化。

道真が、 醍醐天皇を退位させ、 宇多天皇の皇子 ( 息子 ) ・ ※1 斉世親王 ( 道真の娘婿 ) に新しい天皇になってもらおうと画策したと、 ※2 藤原時平に讒言されました。

道真はそのことを罪に問われて、 九州の大宰府に左遷されてしまうことに。 そして、 延喜3年 ( 903 ) 2月25日に、 大宰府で亡くなりました。 享年59。

「 東風 ( こち ) 吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ 」

は、 あまりに有名。

※1 道真の三女 寧子は斉世親王のお妃 ( 嫁 )

※2 誰が讒言したかについては諸説あり。

文子天満宮ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 下京区 間ノ町通花屋町下る 天神町 400

電話 : 0 7 5 - 3 6 1 - 0 9 9 6

上ル 下ル 西入 東入 について

※ 参拝時間 ・ 受付時間等は変更されることがありますので、 神社にご確認ください。 万が一、 間違っていたとしても、 責任は負いかねます。 予めご了承ください。

人気のある記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA