お金のパワースポット 御金(みかね)神社 / 京都 ブログガイド

御金神社1/京都 ブログガイド

 

伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)の

皇子である金山毘古命(かなやまひこのみこと)が

祀られています。

 

鉱山・鉱物の神として、

人間が使う全ての金属類の神として崇められています。

昔は鏡や刀剣類の武具、農耕具としての鋤や鍬など、

現代では鉱工業から家庭の道具・金属類まで。

 

特に通貨として用いられる金・銀・銅の御金を護る事から、

近年は証券類や不動産などの資産運用の神様としても崇められています。

 

金属類を護る神様を祀る神社は、

日本で唯一、御金神社だけです。

 

御金神社2/京都 ブログガイド

 

金色に輝く鳥居が、

いかにもお金にご利益がありそうです。

 

なんか、

直接的すぎて京都っぽくない感じです。

大阪にあった方が、

しっくりするかもしれません。

 

 

西洞院御池上ルにあります。

京都市地下鉄「烏丸御池駅」下車

徒歩約3分です。

駅からのアクセスも良いので

観光スポットとして

多くの観光客が訪れています。

 

西へ3分歩くと二条城なので、

合せて観光してはどうでしょう。

 

御金神社3/京都 ブログガイド

 

本殿の瓦にも”金”の文字が。

いたるところ”金”だらけです(笑)

 

御金神社11/京都 ブログガイド

 

御金神社の本殿の後ろにあるのが

御神木のイチョウの木です。

高さは約22メート、

樹齢は約200年で、

秋の紅葉時には、

御神木のイチョウの落ち葉を

財布の中に入れて帰る参拝者が

多くみられるそうです。

 

御金神社4/京都 ブログガイド

 

御神木のイチョウの葉を

形どった絵馬に願いを込めます。

 

御金神社5/京都 ブログガイド

 

願い事を書いた絵馬を

結びつける場所が足らず

本殿横までズラリと

鈴なりになっています。

 

御金神社6/京都 ブログガイド

 

「ひっそりセミリタイヤしたいです。」

っていうのがいいですねー!

 

御金神社7/京都 ブログガイド

 

絵馬やお守りが売られています。

ただ、

神社の人がいるわけでもなく、

代金は、

中央に置いてある黒い木箱に入れるようです。

性善説に基づいています。

 

御金神社8/京都 ブログガイド

 

お金にご利益がある御金神社なので、

ちょっと変わった京都土産としても

喜ばれるのではないでしょうか。

 

御金神社9/京都 ブログガイド

 

手水舎に

なぜか”ざる”がおいてあります。

 

何かと思いきや・・・・、

 

御金神社10/京都 ブログガイド

 

なんと、

お金を洗ってはります!!

それも1万円札を。

硬貨だったらわかるけど、

リッチですねー。

 

乾くまでどうすんねんやろ??




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA