水火天満宮 美しいピンクの花びらの枝垂れ桜

水火天満宮 / 京都 ブログ ガイド

水火天満宮

 

「 水火天満宮 」は、

京都市バス「天神公園前」バス停すぐ。

堀川通寺ノ内上ルにあります。

上ル下ル西入東入について

 

濃いピンクの枝垂れ桜

水火天満宮 枝垂れ桜 / 京都 ブログ ガイド

 

本殿の前に鎮座しています。

樹高はそれほど高くありませんが、

樹高の割に横への広がりがあります。

 

水火天満宮 枝垂れ桜 / 京都 ブログ ガイド

 

めっちゃピンクというわけではなく、

ちょうど良い色合い。

 

枝垂れ桜 / 京都 ブログ ガイド

 

真近で花びらを見ることができます。

ひとつひとつの花びらの色合いが

違うのがよくわかります。

グラデーションが美しいですね。

 

枝垂れ桜 / 京都 ブログ ガイド

 

枝垂れ桜の美しさが体感できます。

 

日本で最初の「天満宮」

 

「 天満宮 」といえば、菅原道真ですが、

「 水火天満宮 」の祭神も道真公。

 

由緒書・家系図には、

「 洛陽一条下り松の霊地に雨水雷火の難を消除の守護神てして菅公を祭る為に、延暦寺の尊意僧正に勅命ありし、 日の本最初の天満宮の勧請の最初なり 」

とあります。

 

都の水害・火災を鎮める為に、

第六十代醍醐天皇に命じられた、

道真の師でもあった延暦寺の尊意僧正

(第十三代天台座主法性坊尊意僧正)

によって延長元年(923)六月二十五日

 

「水火の社天満大神」という

神号の勅許を醍醐天皇から賜り、

水火社天神天満宮として、

菅原道真の神霊を勧請し建立。

 

水火天満宮が

「 日本最初の天満宮 」という所以は

 

「天皇の勅命で天満宮を建立したこと」

及び

「初めて菅原道真の神霊を勧請したこと」

 

水火天満宮の変遷

 

文明四年( 1472 )九月十日、

第百四代後土御門天皇

(ごつちみかどてんのう)の行幸があり

 

例祭の日を

十月十日(旧九月十日)と改めました。

 

その後、

第ニ次世界大戦など幾多の変遷を経て、

 

昭和ニ十五年( 1950 )、

堀川通の拡張工事の際、

堀川通を挟んだ西側の上天神町から

現在の扇町に移転しました。

 

アクセス

天神公園前バス停 / 京都 ブログ ガイド

 

「 天神公園前 」バス停下車すぐ。

 

天神公園 / 京都 ブログ ガイド

 

バス停の名前にもなっている

「 天神公園 」のすぐ横にあります。

 

まとめ

水火天満宮 / 京都 ブログ ガイド

 

境内に、どっしりと垂れ桜が

存在感を誇っています。

 

その華やかなピンク色の花びらが

参拝客を魅了しています。

 

個人的にも

水火天満宮の枝垂れ桜の色は好み。

 

絵馬 / 京都 ブログ ガイド

 

神社の伝えるところによると、

日本で初めて「天満宮」を称した神社。

菅原道真を祀っているので、

合格祈願や学業成就にもご利益あり。

 

水火天満宮ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 上京区 堀川通 上御霊前上ル 扇町 722 – 10 ( 堀川通寺ノ内上ル )

電話 : 0 7 5 - 4 5 1- 5 0 5 7




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA