城南宮 京都の車は、ほとんど城南宮。

城南宮 / 京都 ブログ ガイド

城南宮

 

京都南インターのすぐ南にあるのが

方除けにご利益ある城南宮。

 

春と秋に行われる

「 曲水の宴 」でも有名です。

 

京都の車はほとんど城南宮

 

京都では、

城南宮で車のお祓いを

してもらうことが多いです。

 

京都市内を走っている車も

城南宮のマークをよく見かけます。

 

城南宮の庭

 

城南宮11 / 京都 ブログ ガイド

 

京都の桜が終わって、

4月下旬から5月初旬は、

城南宮の庭園が、

藤やツツジで彩られます。

 

城南宮には5つの庭があります。

 

春の山

城南宮6 / 京都 ブログ ガイド

 

椿・枝垂れ梅・三つ葉ツツジなどの

春の花が次々に咲く庭です。

 

平安の庭

 

「 平安の庭 」では、

春と秋に「 曲水の宴 」が行われ、

平安絵巻が繰り広げられます。

 

「 曲水の宴 」の前に訪れたので、

準備中でした。

 

城南宮7 / 京都 ブログ ガイド

 

平安貴族の邸宅に造られた庭を

写したのが「 平安の庭 」

 

城南宮7 / 京都 ブログ ガイド

 

紅葉時には

苔の上に敷きつめられた

「敷き紅葉」を楽しめます。

 

室町の庭

 

室町時代の様式で作られた

池泉回遊式の庭園です。

 

城南宮9 / 京都 ブログ ガイド

 

 

池の周りのツツジや

藤棚が美しい景色を

作り出しています。

 

桃山の庭

 

広々とした芝生が

大海原を現わし、

 

点在する岩が

沿岸の島々を現わしています。

 

城南宮10 / 京都 ブログ ガイド

 

船の形に選定された松は「宝船」

 

城南宮 / 京都 ブログ ガイド12

 

春の「曲水の宴」のころは、

ツツジが美しいです。

 

城南離宮の庭

城南宮13 / 京都 ブログ ガイド

 

平安時代後期の離宮の景観を

枯山水で表現しています。

 

平らな石を敷いて現わしているのが

鴨川です。

 

伏見の名水 菊水若水

 

菊水若水1/京都 ブログガイド

 

鳥居横の手水舎の水は、

伏見の名水 「 菊水若水 」です。

 

身を浄めるためだけでは

もったいないので、

飲んで、伏見の名水を

実感してください。

 

おいしいですよ!

 

城南宮について

 

城南宮3 / 京都 ブログ ガイド

 

平安遷都の際、

都の南に国の守護神として

創建されました。

 

祭神は、

※1 国常立神

(くにのとこたちのみこと)、

 

※2 八千矛神やちほこのかみ

(大国主神)、

 

※3 神功皇后

 

※1 日本神話に登場する神。『 日本書紀 』においては、初めての神とされる。
※2 『 ※4古事記 』『 ※5日本書紀 』に登場する日本神話の神。出雲大社の祭神。
※3 仲哀天皇の皇后。『 日本書紀 』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命(おおたらしひめのみこと)皇后。

※4 日本最古の歴史書
※5 奈良時代に成立した日本の歴史書。日本に伝存する最古の正史

 

平安時代末期には、

白河上皇によって

城南離宮(鳥羽離宮)が造営され、

城南祭では、流鏑馬(やぶさめ)や

競馬(くらべうま)が行われました。

 

城南宮2 / 京都 ブログ ガイド

 

城南離宮は、

※6 方違(かたたが)えの宿舎や

熊野詣の出発の地となったので

※7 方除(ほうよけ)の信仰が

高まりました。

※6 外出の時、目的地の方角に支障あれば、前夜、方角のよい方に一泊して目的地に行くという考え方
※7 方位の障(さわ)りや家相の心配がないように祈願すること

 

承久三年( 1221 )、

後鳥羽上皇が

城南宮で流鏑馬行うとして

軍勢を集めて鎌倉幕府との間で

※8承久の乱が

起きたことは有名です。

※8 後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流された。

 

三光紋

城南宮4 / 京都 ブログ ガイド

 

日・月・星を象った三光紋は、

神功皇后の御旗で、

方除けにご利益があり、

建築・引越・転宅・旅行安全の神様

として信仰を集めています。

 

城南宮ホームページ

所在地 : 京都府 京都市 伏見区 中島 鳥羽離宮町 7

電話 : 075 - 623 - 0846




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA