京都 ブログ 観光ガイド

京都 ブログ 観光ガイド

京都を旅行したとき知りたい京都 観光 ガイドや旅館・ホテル、
仕事で京都市を移動中に見つけた京都 旅行・観光におすすめな
お店や神社仏閣等を紹介している京都 観光 ガイドのブログです。
<< October 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS

PROFILE
SEARCH

都七福神めぐり3 六波羅蜜寺
六波羅蜜寺(福寿弁財天)へは、京阪の清水五条駅からも近い。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

弁財天は、唯一の女神様。
もともとはインドの神様で音楽や雄弁、技芸の神様。また、金運・財運の福徳自在のご利益もあるとされる。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ





 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
都七福神めぐり2 東寺
2つ目は、東寺(毘沙門天)へ。
弘法大師が平安時代に建てたお寺で、五重塔は現存するわが国最大の木造建築物。
毎月二十一日には沢山の露店がたち、京都人はそれを「弘法さん」と呼んでいる。

京都 観光旅行ブログ

北側の拝観入り口のところを右に折れて100M位行く。

毘沙門天は、上杉謙信も崇拝した軍神。
もともとはインドの財宝福徳を司る神様で、仏法を聴聞することから多聞天とも呼ばれてる。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

色紙に係りの人が丁寧に筆で書いてくれる。

京都 観光旅行ブログ

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |
都七福神めぐり1 万福寺
享和年間(1800年頃)京都で、「七福神まいり」が始まったとされ、日本で最も古い都七福神めぐり。
下記のように色紙に七福神の名前と印を配していく。名前は係りの人が手書きする。

京都 観光旅行ブログ

車で下記順番でめぐったが、宇治から洛北までの広範囲にわたっているのと
5時位には受付が終わってしまうので、車で効率良くめぐらなければ、1日で終えるのは難しい。

万福寺(布袋尊)⇒東寺(毘沙門天)⇒六波羅密寺(弁財天)⇒ゑびす神社(ゑびす神)⇒革堂(寿老人)⇒松ヶ崎大黒天(大黒天)⇒赤山禅院(福禄寿神)

1番目は、宇治黄檗の万福寺(布袋尊)。
万福寺は、日本三禅宗(臨済、曹洞、黄檗)の一つ、黄檗宗の大本山。
めぐってみて七つの社寺のなかで、色紙の種類等が一番充実しているので、ここから始めるのが一番良いと思った。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

布袋尊は、その大きなお腹から、大きな度量や円満な人格の神様とされる。

京都 観光旅行ブログ

京都 観光旅行ブログ

木魚の原型。時を知らせるために今も使用されている。

京都 観光旅行ブログ

 
 

 京都の宿泊予約

| 京都観光コーディネーター | 京都 ブログ神社仏閣 | comments(0) | - |